キャンプ場で天体観測をしたい! そんな風に思っている人は多いのではないでしょうか? 実は長野県は「星が最も輝いて見える場所」として環境省に認定された地域があるなど、天体観測にぴったりな場所がたくさん。今回は天体観測に役立つアイテム情報と一緒に、長野県で天体観測できるキャンプ場を2ヶ所ご紹介します。

星空が綺麗に見える場所の条件とは?「標高の高さ」と「周辺の環境」がカギ

標高がなるべく高い場所

星空を綺麗に見るために、なるべく標高が高い場所を選びましょう。標高が高くなればなるほど、大気の影響を受けにくくなり、星空が綺麗に見えやすくなります。しかし、標高が高い場所は気をつけるべきことがひとつあります。それは、夏でも寒いことです。天体観測で標高の高い場所に行くときは、寒さ対策を怠らないようにしましょう。

周囲の明かりが少ない場所

星空が綺麗に見える場所の条件として、周囲の明かりが少ないことも大切です。星は、周囲が明るいと見えにくくなってしまいます。市街地から離れるほど明かりも少なくなり、星が綺麗に見えるのです。また、空を遮る建物や障害物が少ないかどうかも確認しておきましょう。

そしてもうひとつ、忘れがちなのが「月の明るさ」です。星を見ることが目的の場合は、新月がベスト。新月近辺の月明りが少ない夜も向いてます。

画像: 周囲の明かりが少ない場所

それでは、長野県の天体観測におすすめなキャンプ場を2つご紹介いたします!

キャンプ初心者向けプランあり! 天の川も見えるキャンプ場
1.うるぎ星の森オートキャンプ場(下伊那郡売木村)

「うるぎ星の森オートキャンプ場」は標高1,200mにあり、キャンプで天体観測したい人が多く訪れるキャンプ場です。晴れた日は天の川も見え、圧巻の光景を目にすることができますよ。

キャンプサイトは、電源付きの個別サイトや、広場の区画サイト、キャンピングカー用のキャラバンサイト、コテージやトレーラーなどのキャビンサイトなど、選べる種類が多いのも特徴です。南信州広域公園内に位置していて、キャンプ場以外に長い滑り台やターザンロープなど盛りだくさんの遊具エリアもあります。

キャンプにまだ慣れていない人も利用しやすいように、初心者向け手ぶらプラン「星の森コミコミパック」も用意されています。このプランは、キャンプ場のスタッフが道具の使い方から教えてくれるのが特徴。慣れない初心者には心強いですね。ほかにも、テントの撤収・乾燥・宅配などのサービスもあり至れり尽くせり。雨が降ってテントがすぐに乾かないときに頼りになるので、ぜひ利用してみてくださいね。

  • キャンプ場名:うるぎ星の森オートキャンプ場
  • 住所:長野県下伊那郡売木村2653-3
  • 電話:0260-28-2455
  • 電源サイト:あり
  • コテージやバンガロー:あり
  • URLhttps://www.hoshinomori.jp/

日本一星空が綺麗に見える村にあるキャンプ場
2.せいなの森キャンプ場(下伊那郡阿智村)

「せいなの森キャンプ場」は、環境省に「星が最も輝いて見える場所」と認定された阿智村にあるキャンプ場です。標高は1,000m。初心者キャンパーも利用しやすい食材セットプランもあり、BBQステーキ付きプランや、あったかお鍋セットなどバラエティ豊か。

テントサイトは「キャンプA(冒険の国エリア)」「キャンプB(星の森エリア)」「キャンプC(白樺エリア)」と3つのエリアがあります。いずれも区画サイトです。星空を見るなら、おすすめなのは「キャンプB(星の森エリア)」です。開けた空間のため、木々に遮られることなく星空を眺められます。

テントサイト以外では、コテージとバンガローが利用可能です。コテージにはファンヒーターもあり、寒い時期に訪れても過ごしやすくなっていますよ。キャンプ場近くには子ども向けのアスレチックエリアもあるため、自然の中で子どもと一緒に楽しい時間を過ごせます。なお、標高1,000mでも夜は冷えるので、防寒対策のアイテムは季節関係なく必ず準備して行きましょう。

  • キャンプ場名:せいなの森キャンプ場
  • 住所:長野県下伊那郡阿智村清内路2991
  • 電話:0265-46-2525
  • 電源サイト:なし
  • コテージやバンガロー:あり
  • URLhttps://www.seinanomori.com/

星空を鮮明に見たいなら双眼鏡を! 天体観測のときに役立つおすすめアイテム

ご紹介した長野県の2つのキャンプ場なら肉眼で星空を眺めても綺麗に見えますが、双眼鏡を使えばより鮮明に輝く星空を見ることができます。天体観測と言えば「望遠鏡」のイメージを持つ人も多いと思いますが、望遠鏡は天体を拡大してまじまじと観測できる一方で、高価で持ち運びや扱いが大変なのがデメリット。双眼鏡は比較的安価で持ち運びやすく、肉眼よりは大きく星々を眺められるので、天体観測の入門としておすすめです。

せっかくの天体観測でがっかりしないよう、双眼鏡を選ぶ際は、以下のスペックを確認しておきましょう。

  • 倍率は遠くの距離を見るため、高いほうがいい(7~10倍が天体観測におすすめ)
  • 口径は多く光を取り込むため、大きいほうがいい(入門なら50mm程度)
  • ひとみ径が大きいほど、視界が明るく見える(天体観測なら5~7mm程度がおすすめ

都会から離れているキャンプ場は明かりも少ないため、ひとみ径は7mm程度あるものがおすすめです。ここでご紹介するKenko(ケンコー)の双眼鏡は、ひとみ径7.1mm、7倍、口径50mmと、天体観測に適しています。

合わせて三脚も使うと、手ぶれ対策になるでしょう。

ほかには、寝そべって見るのに使えるレジャーシートや、星座盤コンパスもあると便利。星座盤は、夜光塗料が塗られた光るタイプだと暗闇でも見やすくなりますよ。

星が綺麗に見えるおすすめキャンプ場で、天体観測をしてみよう!

画像: 星が綺麗に見えるおすすめキャンプ場で、天体観測をしてみよう!

ただでさえ楽しいキャンプの夜に、満天の星空が見られるとしたら、思い出に残ること間違いなしですよね。ご紹介した長野県のキャンプ場なら、綺麗な星空を見ることが可能。あとは天候などの条件が良いことを願うのみです! 双眼鏡と寒さ対策のアイテムを持って、ぜひ訪れてみてくださいね。

This article is a sponsored article by
''.