キャンプの楽しみのひとつ〝天体観測〟。よりキレイに見える季節といえば、空気が澄んでいる冬ですが、季節ごとに観測できる星座や流星群が違うため1年中、天体観測はできます。また楽しみにしている方もいらっしゃるかと思います。大自然の中で見る星空は、普段見るのとはまた違った美しさがありますよね。今回は、東海地方で星空が綺麗な通年営業のキャンプ場をご紹介します。

空気の透明度が高い冬が天体観測にベスト! 夏でも充分楽しめる

キャンプで天体観測をするなら冬がベストとよく聞きます。その理由は、他の季節より空気の透明度が高いからです。霧が濃いと遠くが見えないように、空気中の水蒸気が多いと星も見えにくくなります。冬場はこの水蒸気の量が少ないため、大気の透過率が高く、遠くにある星が見えやすくなるのです。

しかし、夏だって天体観測はもちろんできます。例えば「天の川」は1年中観ることができますが、季節や時間、場所、気候条件によって光の見え方は違いますが、冬より夏の方がよく見えるといいます。

画像: 天の川と星空 イメージ

天の川と星空 イメージ

星には一等星から六等星まで目で確認できる明るさのランクがあり、もっとも明るく輝いて見えるのが一等星です。一等星は全部で21個ありますが、日本から見えるのは15個。そのうち冬に見ることができるのは7個ですが、次いで多いのが夏で、4個の一等星を見ることができますよ。

それでは、東海地方で天体観測におすすめの『星が綺麗に見える通年営業のキャンプ場』を3つご紹介します。

画像: 空気の透明度が高い冬が天体観測にベスト! 夏でも充分楽しめる

星座早見盤を無料でレンタルできる! 星見サイトエリアで天体観測

1. オートキャンプ銀河(静岡県)

静岡県の西伊豆にある「オートキャンプ銀河」は、周囲を森林に囲まれた自然豊かなキャンプ場。標高400mの高台に位置しており、天体観測には最適なロケーションです。

キャンプサイトにはその名のとおり「星見サイトエリア」が用意されるほか、天体観測イベントも開催されるなど、天体好きな人におすすめのキャンプ場です。チェックイン時に申し出れば、星座早見盤が無料でレンタルできますよ。

星見サイト以外では、キャビン、芝、林間などオートサイトの種類も豊富に揃っています。そしてキャンプ場の施設として珍しいのが、3室用意された五右衛門風呂。

薪でお湯を沸かして風呂釜そのものを温める構造のため、お湯が冷めにくいのが特徴です。冬の寒い時期には、ゆっくり浸かるのもいいですね。ただし貸切予約制なので、利用したい人は公式サイトから問い合わせましょう。

  • キャンプ場名:オートキャンプ銀河
  • 住所:静岡県賀茂郡西伊豆町一色八の段1986-1
  • 電話:0558-52-2861
  • 営業時期:通年
  • 電源サイト:あり
  • コテージやバンガロー:あり

星ソムリエさんがガイドしてくれるキャンプ場 週末に天体観測イベント開催

2. つぐ高原グリーンパーク(愛知県)

「つぐ高原グリーンパーク」は、名古屋から車で約2時間、天竜奥三河国定公園(てんりゅうおくみかわこくていこうえん)内にあります。標高は900m。週末には天体観測イベントが開催されていて、無料で参加できます。通年開催なので、季節を問わずキャンプで天体観測したい人におすすめです。

「奥三河☆星空の魅力を伝える会」の星ソムリエさんがガイドしてくれるので、星に詳しくない人でも楽しめますよ。イベントの詳しい開催予定日は公式サイトで確認できます。土日に出かける方は、参加してみてはいかがでしょうか。

つぐ高原グリーンパークのオートキャンプサイトは、ウッディーエリアとリバーサイドエリアの2種類。ウッディーエリアは通年営業ですが、リバーサイドエリアは4月第2土曜~11月末と違うので、利用の際は注意が必要です。

サイトは全区画AC電源完備で、1区画100m2と広いのも魅力。オートサイト以外にはキャビン付きサイトやバンガローがあります。利用予約は電話のみで、受付時間は9:00~17:00(木曜定休日)です。

  • キャンプ場名:つぐ高原グリーンパーク
  • 住所:愛知県北設楽郡設楽町津具字東山2-156
  • 電話:0536-83-2344(9:00~17:00/木曜定休日)
  • 営業時期:通年
  • 電源サイト:あり
  • コテージやバンガロー:あり

天窓付きキャビンで寝そべりながら天体観測! 薪ストーブも使えるキャンプ場

3. 飯地(いいじ)高原自然テント村(岐阜県)

2019年4月にリニューアルオープンした「飯地高原自然テント村」は、岐阜県にある標高600mのキャンプ場です。

天体観測にお薦めする最大の理由は、天窓付きのキャビンがあること。室内で寝そべりながら天体観測ができます。薪ストーブも用意されているので、温かい空間で星空を観察できますよ。なお、天窓付きキャビンは「オリオン」と「ホクト」の2棟のみなので、早めにご予約を。

ほかには、池の上に建つキャビンや昔ながらのバンガロー、キャンプサイトなどがあります。キャンプサイトにはAC電源がないので、利用する際は注意してくださいね。

  • キャンプ場名:飯地高原自然テント村
  • 住所:岐阜県恵那市飯地町702-1
  • 電話:0573-22-3453(直通)090-4264-0294・090-6644-4222
  • 営業時期:通年
  • 電源サイト:なし
  • コテージやバンガロー:あり

星座早見盤で天体観測! 東海地方のキャンプ場で満天の星空を眺めよう

画像: 星座早見盤で天体観測! 東海地方のキャンプ場で満天の星空を眺めよう

天体観測をキャンプの目的にしていなくても、綺麗な星空は見えるでしょう。しかし、たまには時間を忘れて星空を眺めてみるのも、素敵な思い出になるのではないでしょうか。ぜひキャンプ場で開催される天体観測イベントに参加したり、星座早見盤を使ったりしながらキャンプを満喫してくださいね。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.