こんにちは! アウトドアライフを謳歌されてますでしょうか? 登山の足取りにも慣れてきたものの、どうも途中で疲れが来ちゃうな~とお悩みのアナタ。その原因はエネルギー不足かもしれません。疲れが来る前に、ちょっとした手作りおやつでエネルギーを補給しましょう。そこで、道中にパッと口に入れられて、持ち運びにも困らない携行食(行動食)にフォーカスします!

登山中のエネルギー補給は超重要! 携行食(行動食)は食べやすさ、持ち運びやすさを考慮しよう

ハイキングにしろ、登山にしろ、アウトドアと言われる活動において、消耗される水分やエネルギーは日常生活より激しいため、こまめに補給しなくてはいけません。水分補給は誰しもが気にするポイントですが、エネルギー補給は意外と盲点かも。なるべくコンパクトにしたい荷物のなかで、水分だけでなく、携行食に何を持っていくかも重要なところ。

ただ、おやつだったらなんでもいいというわけではありません。甘いもの、しょっぱいもの、と味ももちろんですが、なにより携行食として食べやすいか、かさばらないか、という点も考慮しましょう。

画像: 登山中のエネルギー補給は超重要! 携行食(行動食)は食べやすさ、持ち運びやすさを考慮しよう

【レシピ紹介】杏羊羹&塩ブラウニー! 手作り携行食(行動食)で休憩時間も楽しもう!

市販のものをパッと買ってきて…というのもいいのですが、もしお菓子作りが嫌いじゃなければ、ぜひ一度手作りしてみてはいかがでしょうか。今回ご紹介するのは筆者のお気に入りレシピ「杏羊羹」と「塩ブラウニー」。お気に入りの手作り携行食を持っていけば、登山中の休憩タイムが楽しみになること間違いなし!

手作り杏羊羹のレシピ

画像1: 筆者オリジナル画像

筆者オリジナル画像

【材料(製氷棒型9本分くらい)】

  • …150ml
  • 寒天…粉寒天2匙(3g)程度
  • あんこ…練り餡、目安100~150g
  • 干し杏…目安7つ~好きなだけ
  • …しっかりひとつまみ

【作り方】

1. 鍋に水と寒天を入れ沸騰させて完全に煮溶かす。
2. (1)の鍋にあんこと塩を入れ完全に溶かす。
3. 杏をある程度刻み、型の中に好きな量を入れる。
4. 型に(2)を流し入れ、粗熱をとる。
5. 冷蔵庫で固まるまで(約2時間)冷やして完成。

塩気を少し効かせた仕上がりにして、杏の甘みも感じられる程度の甘さに仕上げました。ちなみに寒天の量は少し多めで、固さはしっかりめの仕上がりになっています。

持ち運びを考え、先に型に蝋引き紙を敷き、固まったらそのまま包めるようにしてみたのですが、固めている間に羊羹の水分を吸ってしまって、ずぼら大失敗☆上記分量で作ると結構しっかり成形されるので、あとからラッピングする方がいいでしょう。

小さいタッパーを持ち運ぶことに懸念のない方は、型ではなく、そちらに直接流し入れて持ち運ぶのもいいと思います。

手作り塩ブラウニーのレシピ

画像2: 筆者オリジナル画像

筆者オリジナル画像

【材料(マフィン紙型3つ分)】

  • 板チョコ…1枚・ブラックがおすすめ
  • …20g
  • …1個(卵黄と卵白に分ける)
  • 生クリーム…20ml(牛乳代用可)
  • 砂糖…30g
  • ココア…20g
  • …ひとつまみ

【作り方】

※はじめにオーブンを200度に予熱しておくとスムーズです。

  1. 鍋に油とチョコを入れ弱火で溶かし、卵黄と生クリームを入れて混ぜる。
  2. ボウルに卵白を泡立てて砂糖とココアを入れる。
  3. (2)のボウルに(1)のチョコ液を混ぜる。
  4. 生地を型に入れて、表面に塩をパラパラかける。
  5. オーブンで12分焼いて、粗熱をとり、冷蔵庫で冷やして完成。

こちらのブラウニーは焼き立てはふわふわですが、冷やすとしっとり重い仕上がりに。塩気がアクセントとなり口中の水分を奪いすぎず味わえます! 10年近く前に、塩○○が流行っていた時に友人と行った初夏のハイキングで、このブラウニーを持って行って道中に差し出したのですが、「ちょうどいい! 」と感動され、嫁にしたいとまで言われました。してもらわなかったけど(笑)。

このケーキは冷凍しておくと、大体、家を出た3時間ほどあとにはブラウニーとチョコバーの中間のような食感に戻っているので、もそもそせずに食べられるのもお気に入りポイントです。

登山は携行食(行動食)作りから始まっている!? エネルギー補給も楽しみになっておすすめ!

画像: 登山は携行食(行動食)作りから始まっている!? エネルギー補給も楽しみになっておすすめ!

いかがですか? 今回ご紹介した杏羊羹や塩ブラウニーのように道中補給が楽しみになる携行食を持てば、小休止後さらに爽快な気分で歩みを進めることができます。携行食を手作りする段階から、登山の楽しみは始まっているのかも? ぜひ楽しく作って、おいしくエネルギー補給してくださいね!

こちらの記事もどうぞ!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.