赤ちゃんや子供と一緒のキャンプとなると身構えてしまいますよね。テントの設営の時やお料理する時「どうやって子供に待っていてもらおうか」「キャンプ中雨が降ったらどうしようか」と、不安要素もたくさん。そんなときはミニテントを持って行くと便利! 今年の初キャンプ、うちではこれのおかげで大助かりだったんです! どのように使ったのかをご紹介します!

これがあると楽しい! 一台で何役にもなった! ボールプール用テント

うちは6歳のお兄ちゃんと1歳7ヶ月の妹ちゃんを連れて行きましたが、今回持って行って良かったものの一つがミニテントです。ミニテントと言っても家で使っているボールプール用のテントですが、これが大助かりでした!

画像1: 筆者撮影
筆者撮影

うちで愛用しているミニテント「パピー(Puppy)ボールハウステントセット」。Amazonでは8,000円前後で購入できます。大きさの異なるハウスが2つ付いているので、年齢や体の大きさの違うお子様にぴったり。

画像1: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

それでは、具体的にどんなときに活躍してくれたかお伝えします!

荷降ろし、テント設営の時

大人が車から荷物を降ろしている際、子供達は自らミニテントを車から出して開いて、「自分達の荷物はここに置くんだ! 」と荷物運びをお手伝いしてくれていました。

画像2: 筆者撮影
筆者撮影

また、テント設営の時は長いポールもあって子供達にはちょっと危険。キャンプ慣れしている上の子でもポールは渡せないので、二人には待っていてもらっています。そんなときにもミニテントは大活躍しました!

お料理の時

うちの場合、慣れない場所や不安定な地面で何があるかわからないので、料理をする時間は、子供達にはお手伝いではなく待っていてもらうことにしています(お兄ちゃんはお手伝いできますが、だいたい遊んでいます…...(笑)

そんな時に、ミニテントの中に汚れても洗えるプラスチックのおままごとセットを置いておくと、真似っこ大好き妹ちゃんはこの中でお料理をしてくれます。

画像3: 筆者撮影
筆者撮影

こんな感じでぬいぐるみにご飯をあげたり、大人に振舞ってくれたりします。子供がミニテントの中で遊んでいる最中は火に近づく心配がないので私も安心してご飯が作れます。

雨の時

このミニテント、雨の時も役立つんです! キャンプ中に雨が降ったときには、宿泊用テントの中にミニテントをたてて遊ぶ〝秘密基地ごっこ〟をよくやります。

子供ってこういう遊び大好きですよね。ここは僕のおうち! となるので、「コンコン! お隣さーん」と呼ぶとひょっこり出てきます。いつもと違うごっこ遊びが出来るのでしばらく飽きずに遊びます。畳むのも楽チンなので寝る時にはさっと片付けられます。

うちがいつも使っているテントはColeman(コールマン)の「コネクティングドームシステム」。ミニテントも余裕で入りますよ。

キャンプ後の片付けの時

大人が撤収作業をしている時も、子供達はミニテントに自分の荷物を移して中で遊んでいました。また、テントを畳んでしまうと、妹ちゃんのお昼寝やおむつ替えに困ってしまいますが、そんな時もミニテントがあれば安心。ミニテントの中にブランケットを敷いておけば、もし子供が寝てしまっても問題ありません。

画像4: 筆者撮影
筆者撮影

6歳のお兄ちゃんが入るとこんな感じです。ちょっと物足りないかな…。セットになっている四角い大きい方がちょうどいいかもしれません。

ちなみに、妹ちゃんがまだ小さくて歩けなかった頃は床面にもエアーが入る「INTEX(インテックス) サンセットグローベビープール」という小さいプールを持って行っていました。

芝や牧草地での利用が主で、地面がでこぼこ過ぎるところでは使えないので注意してください。

画像2: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

私が自宅でで使っているものの他にも素敵な商品=オススメのミニテントを見つけましたので簡単にご紹介します。

安くて可愛いくてコンパクトに持ち運べるミニテント!側面がメッシュなので中にいる子どもたちの様子がわかる

1.「JISILI 子供用ボールハウス」

水玉模様が可愛い! 出入り口も開閉出来るので遊びにも広がりが出ますよ。
側面がメッシュになっているのでお子様の様子も見られますし、
収納ケースも付いているのでコンパクトに持ち運べます。明るい色だとテントがたくさん建っていても見つけやすいです。

5秒で組み立てられる大きめなワンタッチテント

2.「LICLI(リクライ) ワンタッチ ポップアップ サンシェード」

こちらは海やデイキャンプにもおすすめのUVカットがされているサンシェード。幅200cm×奥行220cm×高さ130cmと大きめなので、お子様が小学生以上や大人数の時におすすめです。

サイズ的にテント内にたてて遊ぶのは厳しそうですが、親の目の届く範囲であれば、大人のテントと少し離れた場所に設置して秘密基地にも! 設営もワンタッチで簡単なので、子供達自身に設営してもらってもいいですね。

有名アウトドアブランドが発売するスヌーピー柄のミニティピー! 1分で簡単組立て可能

3.「ロゴス テント SNOOPY KIDS Tepee 」

こちら、私は見た目がストライクです! ワンタッチではなくポールがあるので組み立てが必要ですが、組み立てにかかる時間は1分なのでそこまでの手間でもありません。

「欲しい! 」と思うような可愛らしいティピーの形で、キャラクターがデザインされたテントです。お部屋の中にあっても素敵ですね。アウトドアブランドのロゴスから出ているので屋外でも安心です。

可愛いミニテントで子供も楽しく、大人も楽に! さあ、キャンプに出かけよう!

画像5: 筆者撮影
筆者撮影

いかがでしたか? こんな風に使うと小さいお子さんでも遊びの幅が広がりますよね。ワンタッチテントならとてもコンパクトになるので荷物にもならずお手軽です。もし、新品を買う余裕がない場合はリサイクルショップなどで探してみてください。お安く売っています。子供は遊びの天才です。ちょっとした物を用意してあげるだけで想像力を使って思っている以上に遊んでくれます。

This article is a sponsored article by
''.