皆さんは、キャンプ小物をどうやって運んでいますか? 段ボールや袋に入れても良いのですが、食器や調理器具、ランタンやロープなど細々したものはふたつきのコンテナに入れると、持ち運びしやすく、キャンプ場でも出し入れがスムーズで、設営・撤収の時間を短縮することもできます。今回は、「ふたつきコンテナ」を実際に使ってみて良かったポイントやおすすめ商品をご紹介します。

キャンプで大活躍!ふたつきコンテナの良いところ

画像: 無印良品 『PP頑丈収納ボックス・特大』 思った以上にたくさん入ります

無印良品 『PP頑丈収納ボックス・特大』 思った以上にたくさん入ります

1. 持ち運びしやすい

細々したものをまとめて入れることができ、一度にたくさんの小物を運べるようになります。ハードタイプで形が決まっているので、車への積み下ろしもしやすくなります。

2. 設営・撤収が簡単

基本はコンテナに入れた状態で、使う時だけ出し、使ったらしまう。ということを徹底すれば、設営・撤収にかかる時間を短縮できます。また、車へ積んだ時の位置も決めてしまえば、更にスピードアップします!

3. 雨に強い

ふたがあることで、雨の日でも荷物が濡れません。結露対策にも、濡れたら困るものはコンテナへしまっておくことをオススメします。商品によっては、屋外に置いたままにしても良いくらい丈夫なものもあります。

4. 家でもそのまま収納できる

キャンプの荷物を家でどのように収納するか、悩んでいらっしゃる方も多いと思います。そんな時、「ふたつきコンテナ」があれば、重ねて収納することができ、また次のキャンプへそのまま持っていけるので、とても便利です。

5. イスや踏み台にもなる

商品にもよりますが、ふたをした状態の耐荷重が100㎏というものもあります。100㎏あればだいたいの方ならイスや踏み台として使っても大丈夫です。以前、キャンプ中にイスが壊れてしまった時は、非常に助かりました。

6. 種類が豊富

「ふたつきコンテナ」は色や形、サイズなど、種類が豊富なので、キャンプスタイルやサイトイメージにピッタリ合ったものを選ぶことができます。是非お気に入りの1つを見つけてください。

7. かさ張るものを少し圧縮できる

これは寝具やラグなど、つぶれても良いもの限定ですが、多少なら多めに詰めても圧縮してふたをすることができます。荷物がコンパクトになるのはうれしいですね。

愛用者が多い無印良品の「頑丈収納ボックス」

私が愛用しているのは、無印良品の『PP頑丈収納ボックス・特大』です。キッチン用、その他用、寝具用と3個使っています。シンプルなデザインなので、お気に入りのステッカーを張ってオリジナルボックスにしても良いですね!

画像: 無印良品 『PP頑丈収納ボックス・特大』 外寸:約幅78×奥行39×高さ37cm / 重量:約3.9㎏ / 耐荷重:ふた約100㎏、収納部20㎏ / 積み重ね段数:2段 お気に入りのステッカーを張りました。

無印良品 『PP頑丈収納ボックス・特大』
外寸:約幅78×奥行39×高さ37cm / 重量:約3.9㎏ / 耐荷重:ふた約100㎏、収納部20㎏ / 積み重ね段数:2段
お気に入りのステッカーを張りました。

キッチン用は、食器・カトラリー・調理器具・ラップ・アルミホイル・新聞紙・ごみ袋などを入れています。その他用は、ランタン・ライト・ガス缶・ロープ・予備電池・バケツ・温度計など「食」以外の物を何でも入れています。最後に、寝具用は、寝袋・シーツ・毛布などをギューッと圧縮して入れています。ふたがしっかりしまるので、かさ張るものでも上から押し込めば、思ったよりたくさん入れられます。

『PP頑丈収納ボックス・特大』を使うようになってから、キャンプの準備と車の積み下ろし作業が早くできるようになっただけでなく、これまでよりも荷物をたくさん入れられるようになりました。細々段ボールや袋に入れていた時よりも、ムダなく荷物を積むことができます。

数ある中から『PP頑丈収納ボックス・特大』を選んだ3つの理由

画像: 無印良品 『PP頑丈収納ボックス・特大』こちらのサイズは2段まで積み重ねることができます。

無印良品 『PP頑丈収納ボックス・特大』こちらのサイズは2段まで積み重ねることができます。

1. 特大サイズは 2,590円(税込)とお手頃価格

食系(食器や調理器具など)とその他(ランタンやロープなど)と分けて使うために、最低2個は欲しかったので、お手頃価格なところがポイントになりました。

2. ふたをした状態の耐荷重が100㎏

薄いプラスチック製のケースを使っていた時に、ぶつけて割ってしまったことがあったので、丈夫であることは重要でした。また、イスの代わりにもできる為、荷物を減らしたい時は大活躍です。

3. 車にちょうどピッタリのサイズ

私の車は積載量があまり多くないので、できる限りムダなく積めるように、ちょうど良いサイズを選びました。2段積み重ねて74cmになり、後ろが少し見えるくらいです。安全面を考えて、反対側には2段積まないようにしています。大きいサイズにした分、重くなってしまいますが、積載量が増える方を優先しました。

キャンプで大活躍!人気のふたつきコンテナ5選

1. 無印良品 ポリプロピレン頑丈収納ボックス

私が使っている「特大サイズ」より、「大サイズ」の方が人気があります。手を広げた時に一番持ちやすいサイズです。キャンプはもちろん、家では玄関、ベランダなどハードに使うところから、リビングや洗面所で使っても良いです。スッキリしたデザインで、どこに置いても圧迫感がなく収まります。

2. TRUSCO(トラスコ) トランクカーゴ

こちらもふたをした状態の耐荷重は100㎏あります。おしゃれなオリーブカラーがキャンプにピッタリですね。オシャレ系サイトにも、カッコイイ系サイトにも合いそうです。無印良品の商品と似た形ですが、若干サイズが違います。

3. アイリスオーヤマ ボックスRVBOX

ホームセンターなどで手軽に購入できるアイリスオーヤマの商品です。こちらは耐荷重80㎏となっていましたが、座る分には問題なさそうです。サイズも豊富で、価格的には一番お手頃です。カーキ/ブラックカラーはカッコイイ系サイトにピッタリです。

キャンプ収納は「ふたつきコンテナ」にお任せ!

キャンプの小物収納には「ふたつきコンテナ」が活用できることをお伝えしました。キャンプ中に時間を取られがちな設営・撤収の時間を短縮することができますし、イスや踏み台としても使えて、雨でも大丈夫!キャンプの時の頼れるアイテムとしてオススメです。

キャンプの収納にお困りの方は、車のサイズやギアの量をチェックしてから、お気に入りの1つを探してみてください!

This article is a sponsored article by
''.