こんにちは、ママキャンププランナーのサリーです。前編では、バイきんぐ西村さんが、新番組「おぎやはぎのハピキャン(メ〜テレ(名古屋テレビ放送)制作)」のロケでダッチオーブンで作るみそ鍋と、アヒージョを作った様子を同行したサリーの目線でご紹介しました。後編では、巨大フライパン通称「バカ鍋」を使った西村流・海鮮塩焼きそばを作った様子をレポートします!

西村流「海鮮塩焼きそば」の隠し味は!?

みそ鍋もアヒージョもおいしいね~と和んでいるハピキャンメンバー。すると西村さん、「待ってください、まだこれで終わりじゃないんです!」と一言。えっ、まだなにか登場するの?と思ったら、出てきたのは巨大な「バカ鍋」!

画像1: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

いったいこの巨大フライパン、どこで売ってるんだろう・・・と思ったら、お知り合いからの頂き物とのこと。業務用なんでしょうか。

直火で大胆に料理していきます。この特大サイズ、普通のガスコンロではとても太刀打ちできません。この焚き火サークルがまさにぴったり。

そして、ここで先ほどのアヒージョの残りの油が登場。この油がとってもおいしい隠し味になるというわけです。そんなアイデアがあるとはびっくり!我が家では、アヒージョの油はフランスパンに付けて食べるくらいしかしていませんでした。これは真似してみたい!

画像2: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

この写真を見ると、いかにこのフライパンが大きいかおわかりになるかと。焼きそばの1玉がこんなに小さいんです。9玉全部入れても、フライパンにまだ余裕があります。

ちなみにですが、この海鮮塩焼きそば、いたって普通のといいますか、むしろお値下げシールが付いている塩焼きそばでした。

画像3: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

野菜はカット野菜を利用していました。一袋にもやし、キャベツ、ニンジン、ピーマンがカットされて入っているものです。キャンプでは、さっとお料理にすぐ使えるカット野菜が大活躍ですね。

画像4: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

豪快に炒めている姿がかっこよすぎます!まさに炎の料理人。料理って、こういったパフォーマンスがあるかどうかで、味にも絶対影響があると思います。この姿を見ているだけで、味への期待感が半端ないです。

海鮮塩焼きそばの作り方

材料(4人分)

  • 塩焼きそば(3~4玉)
  • 野菜(キャベツ、もやし、ニンジンなど。カット野菜のものが便利)
  • 海老(1パック)
  • アヒージョの残りオイル
  • 塩コショウ

1.アヒージョを食べた後のオイルで、海老、野菜を炒める。

2.焼きそば、水を入れて炒める。

3.麺がほぐれたら、添付の塩焼きそばの素、塩コショウで味を整えできあがり。

西村流「海鮮焼きそば」のお味は?

画像5: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

さてさて、お味はというと・・・皆さんのこの思わずにんまりとしてしまう笑顔からご想像ください。

「うまっ!これうまっ!」

思わずおかわりするメンバーが出てしまうほどの人気でした。絶賛の嵐の中で、西村さんもとても満足そうな表情。

あの大きさですから、食材も入ってさらに重いフライパン。全部炒めるのってめちゃくちゃ体力仕事だと思うのですが、こうしてみんながおいしいと言ってくれるとうれしいものですね。

画像6: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

あの大きさですから、食材も入ってさらに重いフライパン。全部炒めるのってめちゃくちゃ体力仕事だと思うのですが、こうしてみんながおいしいと言ってくれるとうれしいものですね。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.