日帰りで登山に出かけると登頂後の感動も束の間、暗くなる前に下山するのが鉄則ですから、午後一には帰路につかなければなりませんよね。そこで、もっとゆっくり山を楽しみたい方は、ぜひ山での宿泊を検討してみましょう。山で一晩過ごすというと難しそうに聞こえますが、必ずしもテントや寝袋が必要なわけではありません。今回は、初心者でも手軽に楽しめる山小屋泊の魅力に迫ります。

《山小屋泊するには!》現金持参&繁忙期は必ず事前予約を! 早めの到着を心がけて黄昏時も存分に満喫

山小屋には大きく分けて、有人のサービス付き山小屋と無人の避難小屋がありますが、ここでは初心者向けの有人山小屋についてご紹介します。「定番の山小屋」に絞り、前半はざっくりとした宿泊の流れ、後半はおすすめの過ごし方に触れていきます。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

山登りをしていると、標高2,000m以上の大自然の中や見渡す限り山々に囲まれた山頂にぽつんと小屋が現れます。

その姿を見てほっとすると同時に、厳しい自然や歴史にも思いが巡り、感動を覚えるもの。中が意外と整っていることにも驚くかもしれません。

着いたらまず、受付で宿泊希望を伝え、食事の有無を選んで支払いを済ませます。

◆基本的にクレジットカードは使えないため、現金を多めに持って行くようにしてください。

◆予約なしで泊めてくれる場合も多いですが、夏などの繁忙期は特に、電話で事前予約しておくのが必須です。

◆到着時間は遅くても15~16時までを心がけましょう。※遅くなると遭難の心配をされかねません

一息ついてから、夕空の色の移り変わりを堪能するのが至極の時間となります。

画像: 筆者撮影(徳澤園/上高地)

筆者撮影(徳澤園/上高地)

山小屋泊の基本①:相部屋が多く狭いスペースを活用するため貴重品はサコッシュに入れて肌身離さず!

次に山小屋を知っていただきたいため、あえて現実のままお伝えします。マイナスイメージになる可能性も否めませんが、「同じ志を持った山に集うもの達の共有スペース」と考えていただけたら幸いです。

玄関で靴を脱ぎ、受付で指定された部屋へと入ります。脱いだ靴は共有の大きな靴棚に置くため、他の靴と間違えのないよう目印を付けておくと良いでしょう。

山小屋によっては個室ありの施設も存在はしますが、ほとんどの場合は相部屋です。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

つまり他の登山者と一緒に使用したり、カーテンで区切られている程度だったり、男女で分かれているタイプもあります。鍵は無い場合が多く、スペースも狭いため廊下に大きなリュックを置きっぱなしにすることも度々です。

そこで、貴重品を入れて常に持ち歩けるようにサコッシュを用意しておくと便利です。

アライテント(ARAITENT))マップサコシュ グレー

画像1: 【登山初心者】山小屋泊の魅力とは! 大自然に包まれて出会う空色の変化と人々の温かさ
アライテント(ARAITENT) マップサコシュ グレー
サイズ:30×25cm(口を伸ばした状態)
重 量:55g
素 材:40dnナイロンタフタ
¥1,650
2020-03-11 17:05

・テントメーカーがテントのシート布地を使用して作ったサコッシュ。

・口を折り曲げることによってチャック代わりにするため、出し入れがとても簡単。

・登山中でも頻繁に使うルート図やメモ帳など入れておくのにも役立ちます。

山小屋泊の基本②:寝具の使い回しは当たり前! 持っていくと役立つインナーシーツで快適睡眠!

前日まで誰かが使っていたものを使用させてもらうのが当たり前でシーツの交換もありません。布団や毛布・枕は使い回しが基本なんです。

そこで自分のためにも、次の人へのマナーとしても、持って行くと役立つのがインナーシーツ(スリーピングシーツ)と呼ばれるもの。人が1人すっぽり入れるボックス型シーツを持参することで、使い回しの布団でも気にせず潜り込むことができるわけです。

折りたためて軽く、荷物にもならないため、忘れずに持って行きたい一品。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

ロゴス 寝袋 シルキーインナーシュラフ

画像2: 【登山初心者】山小屋泊の魅力とは! 大自然に包まれて出会う空色の変化と人々の温かさ
ロゴス 寝袋 シルキーインナーシュラフ(チャコール) 72600323
カラー:チャコール
総重量:(約)280g
サイズ:(約)84×210cm
収納サイズ:(約)11×8×16cm
主素材:シルキーモイスクロス
寝袋の中にインナーとして入れると、保温性を向上させサラサラ快適に眠れます。
収納袋付き。
¥2,420
2020-03-11 17:09

・シルキーモイスクロスという素材で作られており、サラサラとした手触りが特徴。

・寝袋のインナーやカバーとしても使用できるため、山小屋泊でのベッドにも活用可能。

・重量も約280gと軽量なため、持ち運びも苦になりません。

山小屋泊の基本③:環境問題を考えて水回りのルールとマナーを守る!洗面用具等持参するものを準備する

お手洗いでは意外にも水洗トイレがあることが多いです。しかし環境問題も考えて紙が流せないトイレもあるため、備え付けのごみ箱に捨てる等、その小屋のルールに従いましょう。

湧き水が豊富な山でない限り、洗面所では常に節水を意識してください。

また、石鹸や歯磨き粉の使用が不可の施設もありますので、ウェットティッシュや歯磨きシートを持って行くと重宝します。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

お風呂もないことがほとんどですが、たとえあっても、シャンプーや石鹸の使用はできません。山登りではたくさん汗をかいた後でも、下山するまで体を洗えないことが普通なのです。

タオルと乾いた着替えを必ず持参し、気になる方は制汗剤や汗拭きシートでさらっとリフレッシュすると良いでしょう。ただし、これらのゴミは必ず持ち帰るようにしてくださいね。

山小屋泊の基本④:不便なだけじゃない! 相席でワイワイ楽しく登山者が集うひとときは至極の時間!

山小屋泊に慣れている方は素泊まりを選んで自炊する人もいますが、初めての方はぜひ食事付きを選んでみましょう。

同じ目的をもった山小屋の食堂に登山者が集って、相席しながらワイワイする! その雰囲気だけでも美味しい夕食のひととき=至極の時間です。

山という不便な場所にも関わらず、温かいお食事をいただけることへの感謝は何ものにも代え難いです。※一部セルフサービスの場合もありますので、そういう場合は率先してスタッフの方のお手伝いもしてあげてください。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

◆夕食の時間は早く、17時~19時頃には終了します。

◆また、朝食を取るのは午前6時前後です。それより早く出発する人は、朝食をお弁当に変えてもらえることもありますので、前日の到着時に相談してみてください。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.