キャンプの楽しみ方は十人十色。2人きりで楽しみたい人から、大勢で集まるグループなど...様々ですね。また、一人の時間を楽しみたいというベテランキャンパーやこれからソロキャンプを始めてみたいという方も多いと思います。誰にも気を使うことなく、自分のペースで楽しむソロキャンプですからキャンプ場選びも重要になります。そこで、今回は初めてのソロキャンプにおすすめの関東のキャンプ場を厳選してご紹介します。

【初心者必見】ソロキャンプに適したキャンプ場の条件を解説!

画像: 【初心者必見】ソロキャンプに適したキャンプ場の条件を解説!

【ソロキャンプに適した条件】

  • 1人の時間を楽しめる「静かさ」
  • キャンプを手軽に楽しめる「設備の充実度」

誰にも束縛されることなく、ゆっくりと自分だけの時間を楽しむことができるソロキャンプ。とはいえ、初めてのソロキャンプでは、どのような場所を選ぶべきか迷うことも。

ソロキャンプを快適に過ごすためにはどんな条件が必要なのでしょうか。

1つ目は、何と言っても静かさです。

ソロキャンプで1人の時間を楽しみたくても、周囲がうるさいと、どうしてもリラックスした環境を楽しめないですよね。ソロキャンプサイトがあるキャンプ場など、ソロキャンパーが過ごしやすいキャンプ場もありますよ。

2つ目は、設備の充実度です。

トイレやシャワーなどの説備やセキュリティが整備されていれば、ソロキャンプを手軽に楽しめます。

何日間キャンプをするのか、どの設備が自分にとって必須なのかを確認することで、キャンプスタイルに適したキャンプ場を絞ることができます。

また、まだ道具を何も持っていない!という場合は、テントや寝袋などを貸し出してくれるキャンプ場がおすすめです。ソロキャンプ用のキャンプ道具セットを貸してくれるキャンプ場もあるので、気軽にキャンプを楽しめますよ。

今回はこの2つの観点も踏まえ、初めてのソロキャンプにおすすめの全国のキャンプ場をスタイル別に16箇所ご紹介します。

【東京】都心から好アクセス! 大自然も楽しめるキャンプ場 

東京都のキャンプ場では、大自然の中で楽しめるスポットと、都心からアクセスが良いキャンプ場をご紹介します。

(1)日常から開放される! 大自然の中で悠々自適なソロキャンプができる高尾山・日影沢キャンプ場

高尾森林ふれあい推進センター日影沢キャンプ場は、高尾山の北側の国有林にあります。

いろはの森から高尾山へ登山も可能であるこのキャンプ場は、上段、下段の2つのサイトにわかれており、計17張のテントが張れるほどの広さがあります。夏場に日差しが気になるようでしたら、日陰の多い上段がおすすめ。

しかも、携帯電話の電波も通じない、周りからの連絡も一切とれないほどの大自然。誰にも邪魔されず、悠々自適にソロキャンプを思いっきり楽しめますよ。利用料金が無料なところも魅力的。炊事場やトイレ、管理棟もきれいに整備されています。

  • キャンプ場名:高尾森林ふれあい推進センター「日影沢(ひかげざわ)キャンプ場」
  • 住所:東京都八王子市高尾町高尾山国有林内(八王子市高尾町2181-1)
  • 電話:042-663-6689
  • 営業時期:(完全予約制。利用日の前々月末までに往復はがきでの申し込みが必要。)
  • コテージやバンガロー:なし
  • URL:http://www.rinya.maff.go.jp/kanto/takao/campzyo/campzyo.html

(2)好アクセスで気軽に楽しめる! 若洲公園キャンプ場

「若洲公園キャンプ場」は、新木場駅から「若洲キャンプ場行き」のバスで約15分という好アクセスです。区営だけあってしっかり管理されているので、清潔感が気になるキャンパーでも問題ありません。

キャンプ場の利用は予約制で、1泊2日のキャンプでも大人600円(小人300円)とリーズナブルなのも魅力です。

さらに釣りやゴルフ、サイクリングなどアクティビティが豊富。レンタル用品も充実しているので、不便を感じさせません。

管理棟隣の若洲アウトドアセンターはバーベキュー用の食材やキャンプ用品、お酒と氷も置いているので、徒歩キャンパーはこちらを利用するのもおすすめです。キャンプ入門には、もってこいのキャンプ場です。

・キャンプ場名:若洲公園キャンプ場
・住所:東京都江東区若洲3丁目2−1
・電話:0355696701
・営業時期:(完全予約制。電話での申し込みが必須)
・コテージやバンガロー:なし
・URL:https://www.tptc.co.jp/park/03_09/camp#p-cont01

  • キャンプ場名:キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原(なすこうげん)
  • 住所:栃木県那須郡那須町高久甲5861-2
  • 電話:0287-64-4677
  • 営業時期:通年利用可 (1月〜3月 不定休あり)
  • コテージやバンガロー:あり
  • URL:http://www.camp-cabins.com/

【神奈川】アクティビティも楽しめて価格もリーズナブルなキャンプ場!

神奈川県のキャンプ場では川釣りなどアクティビティも楽しめるスポットと、価格もリーズナブルなおすすめサイトをご紹介します!

(3)山に囲まれ川釣り体験もできる 青野原オートキャンプ場

首都圏から近く、山に囲まれた道志川(どうしがわ)沿いにある青野原(あおのはら)オートキャンプ場。

さらに、敷地内には落差20mを誇る大滝や川釣り(鮎釣り)、4月下旬からはマス池でのつかみ取り体験などもあり、自然を思う存分感じることができます。

  • キャンプ場名:青野原オートキャンプ場
  • 住所:〒252-0161 神奈川県相模原市緑区青野原918-1
  • 電話:042-787-0477
  • URL:http://www.aonohara-acl.jp/

(4)絶好のロケーションでリピーター続出! 滝沢園キャンプ場

「滝沢園キャンプ場」のある神奈川県の丹沢周辺は、都心からのアクセスも良くソロキャンパーにも人気のスポットとなっていて、その中でじわじわと知名度が上がってきています。

丹沢山のふもとにあり、表丹沢水無川渓谷の大自然を身近に感じられるロケーションも抜群です。

キャンプ場内はフリーサイト、オートサイト、宿泊施設の3つに分かれていて、フリーサイトは予約不要なので、急に思い立ってのソロキャンプにもぴったりです。

フリーサイトは施設費込みで1,100円と、とってもリーズナブルです。また直火OKのサイトなので、焚き火好きな方にもおすすめです。

  • キャンプ場名:滝沢園キャンプ場
  • 住所:神奈川県秦野市戸川1445
  • 電話:0463-75-0900
  • URL:http://takizawaen.com/

This article is a sponsored article by
''.