アウトドアの必需品の一つでもある「レジャーシート」。レジャーシートはキャンプやピクニック、災害時にも活躍するアイテムです。でも、レジャーシートって種類が沢山あって選び方が分からないという人のために、おしゃれな物や使い勝手が良い物をご紹介します!

レジャーシートは熱や冷気の軽減・泥の汚れ防止・水の侵入を防ぐ 色や柄、サイズも様々

レジャーシートが無くてもアウトドアを楽しむことはできますが、1枚あるだけで随分と快適になります。レジャーシートは、主に以下のような役割があります。

  • 地面からの熱や、冷気が体に伝わるのを軽減する。
  • 砂や土・泥などの汚れが衣類に付着するのを防止する。
  • 雨や水の侵入を防ぐ。
  • 座り心地を快適にする。

その他に、アウトドアに彩りを加え、おしゃれにするという役割もあります。色や柄、サイズも様々で、形も長方形だけでなく、丸や六角形のタイプも人気です。

中綿やスポンジが入っている物や厚みがあるレジャーシートは、地面の硬さを軽減してくれるのでお尻が痛くなりにくい利点があります。

レジャーシート選びは使うシーンを想像しよう キャンプ場や海なら耐水性、登山なら軽量性をチェック 

レジャーシートは100円ショップでも入手可能ですが、アウトドア用品店やスポーツ用品店などでも様々な種類のレジャーシートが販売されています。選ぶときは使うシーンを想像しながら選びましょう。海水浴やキャンプ場で使用するなら、耐水性があり、汚れが付いても水洗いできる物を選ぶと良いでしょう。

テントの中で使うなら、おしゃれで少し厚手の物を選びましょう。登山に持っていくなら軽量でコンパクトな物がおすすめです。私はキャンプで使う際は、小さいサイズのレジャーシートを2枚ほど持って行き、靴を脱ぐ時やちょっとした休憩に使用しています。

注意する点は、外で使うことが多い物なので、破れにくく、燃えにくい物を選ぶ必要があるという点です。

おすすめは耐水性・クッション性に優れ、コンパクトなレジャーシート! 

それでは、おすすめのレジャーシートをご紹介します。

テントと同等の耐水圧でレインコートに早変わり 飲み物などをこぼしてもサッと拭いて汚れを防止

GUAPO 軽量 コンパクト レジャーシート

折りたたむとポケットに入るほどコンパクトで、耐水圧が2,000mmと、テントと同等の耐水圧を備えたレジャーシートです。レジャーシートとしての使用はもちろん、急な雨のときはレインコートに早変わりする優れモノです。

表面は撥水加工されているので、飲み物などをこぼしてもサッと拭いて汚れを防止できます。キャンプやお花見などのほか、熱くなりにくいので海水浴にも重宝します。

アルミ加工の裏面で地面からの熱を遮断。クッション性もあり、丸めれば枕代わりに

ロゴス マット ピクニック サーモマット

ロゴスはアウトドア用品の中でも人気の高いブランドです。裏面はアルミ加工されており、地面からの熱も遮断してくれます。なかに薄めのスポンジが入っているので、座ってもクッション性があり、お尻が痛くなりにくい点も注目です。

表地は起毛タイプで触り心地が良く、野外だけでなくテント内でも重宝します。くるくると丸めてコンパクトに収納して、枕代わりに使うこともできます。

吸湿性に優れバスタオルとしても活躍。汚れても洗濯機で洗える 肌寒い時は羽織って温まろう

Blue Giraffe ラウンドビーチタオル

夏のビーチやテント内で使用するならタオル地がおすすめ。吸湿性に優れ、バスタオルとしても活躍します。柄も華やかな物が多いので、キャンプがますます楽しくなりそうです。

また、肌寒い時は肩に掛けたり羽織るなど、体を保温することもできます。汚れても洗濯機で洗って、すぐに干せるのも利点です。アウトドアで使わない時は、部屋のインテリアやヨガマットとして利用しても素敵です。

コーナーを固定できるペグ付きで風がある日でも安心 持ち手付きで丸めて止めるだけの簡単収納

コールマン レジャーシート

コールマンは人気のアウトドアブランドです。風がある日でもコーナーループをペグで固定することができるので、石や荷物で固定する必要がありません。裏面は汚れにくいPVC(ポリ塩化ビニル)素材が使われており、表地は起毛タイプなので肌触りも心地好く、寝転がるにもちょうどよい大きさです。

また、収納は丸めて止めるだけの簡単収納で、持ち手が付いているので、運動会やピクニックなどで持ち運ぶ際に便利です。

圧倒的にコンパクト! 軽量なのに大人が寝転がれるほどの広さ 雨除けやザックカバーとしても使える

モレイン(Moraine) ポケットサイズ 超軽量ウルトラコンパクト モバイルマルチレジャーシート

登山やソロキャンプなどでコンパクトに持ち運びたいなら、こちら。サッと広げて使え、しまうときにはスムーズに畳めるようガイドが付いています。ポケットサイズで軽量なのに、広げると大人が寝転がれるほどの広さになります。

天気が変わりやすい山などでは、雨除けやザックカバーとしても使えるので、一つあればとても重宝します。

アウトドアの必需品 おしゃれで機能的なレジャーシートを活用して、キャンプを楽しもう!

画像: アウトドアの必需品 おしゃれで機能的なレジャーシートを活用して、キャンプを楽しもう!

おしゃれなレジャーシートは、グランピングやピクニックで効果的に使ってインスタにアップしちゃいましょう! 機能性重視の人には、リバーシブルタイプや、折りたたんで枕になるような2WAYもおすすめです。

折りたたむタイプや丸めるタイプなど、持ち運びの方法も考慮しながら使うシーンに合ったレジャーシートを選び、是非アウトドアを楽しんでくださいね。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.