キャンプの必須アイテム「ウォータージャグ」。水のインフラが整っていない場所でのキャンプはもちろん、水があるキャンプ場でも自分のサイトにウォータージャグがあると便利です。災害時や断水時など家でも活躍するウォータージャグはさまざまなブランドで販売され、我が家もアンティークモノを含め数個保持し、TPOで使い分けています。そして、その中でも一番愛用しているのがStanley(スタンレー)のウォータージャグです。今回はその魅力と、水入れとしてだけではない活用方法を紹介します。

ウォータージャグを選ぶときのポイント

さまざまなブランドからウォータージャグが販売されていますが、まずは選ぶときのポイントを紹介します。

選び方ポイント1.保冷機能

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

ウォータージャグは液体をキープするギアです。キャンプだけでなくスポーツ時はスポーツドリンクを冷やしておくこともできる便利なアイテム。

目的が飲料以外なら保冷機能は必要ありませんが、氷を入れてドリンクを冷やして置く場合は、保冷機能は重要。また、保冷機能があれば、液体だけでなく氷を入れるクーラーとしても活用できます。

選び方ポイント2.カタチ

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

アウトドア用のウォータージャグのカタチは大きく分けて、コンパクトに畳める折りたたみ式、タンク型、バケツ型の3種類。折りたたみ式とタンク型は持ち運びに便利で軽量ですが保冷性がなく、重量があるハードタイプのバケツ型は保冷機能付きのモノが多いです。

選び方ポイント3.水の出し入れ、洗いやすさ

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

水を入れやすいか、水が出しやすいかも大きなポイント。大容量のモノでも液体が入れにくいと手間がかかりますし、出すときも液体の出に勢いがないモノは使い勝手がよくありません。

また、洗いやすさも重要です。手を入れて中が洗いやすいモノや、水を出す注ぎ口が分解できるものは清潔に保つことができます。

選び方ポイント4.容量

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

1泊だけに必要なのか、ソロかファミリーキャンプなのかによって使う水の量は変わるため、自分のキャンプスタイルに合わせて容量を選びましょう。

スタンレーのウォータージャグがなぜおすすめなのか?!

スタンレーのウォータージャグの魅力

スタンレーのウォータージャグはバケツ型のハードタイプ。3.8リットルと7.5リットルの2サイズあり、自分のキャンプスタイルによって容量が選べますが、その魅力は…。

【魅力その1】保冷効果が高い

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

スタンレーの1番の魅力は保冷力が高いところ。スタンレーの公式ウェブサイトでは13時間保冷できるとなっており、実際私が使用するときも、氷は溶けずに1日キープできています。

【魅力その2】氷が詰まりにくい

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

氷を入れ冷たいお茶やスポーツドリンクを飲むとき、氷が出口につまり液体が出にくくなることがありますが、これはアイスが詰まりにくいように加工され、氷が入っていても液体が出にくくなることを防いでくれます。

【魅力その3】水が漏れにくい

オーバーランドでインフラがない大地でキャンプをするとき、水は生きる上でとても需要です。一度違うウォータージャグに水を入れ持って行ったとき、オフロードで凹凸が激しかったこともあり、ウォータージャグから水が漏れて、水が減り、キャンプ道具が濡れて大変なことになりました。

ジャグをカラで、現場で水を入れる場合はさほど問題ないかもしれませんが、水を入れていく場合、水が漏れないことは重要です。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

ウォータージャグには蓋をクルクル回して閉めるタイプのモノがありますが、その場合は最後までしっかりし閉めていないと漏れる恐れがありますが、スタンレーのモノは、4つのバックルでしっかり簡単に密閉できます。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

蓋にはパッキンもしっかりついているので、倒れてもこぼれません。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

水漏れしやすい注ぎ口部分も、上から押して出すタイプで、モノがぶつかっても中の液体が出にくい構造になっています。

【魅力その4】洗いやすく清潔に保てる

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

注ぎ口は分解して取り出し可能。よって、水以外の液体を入れてもきれいに洗うことができます。また、蓋が大きく、パカッと取れ、注ぎ口も大きいので中身を洗うとき簡単です。

【魅力その5】タフ

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

以前、折りたたみ式のウォータージャグを持っていましたが、取っ手が水の重さに負けて取れてしまいました。また、ハードタイプではないものは破れる恐れがありますが、ハードタイプは折り畳めないものの、落としても割れることなくタフです。

【魅力その6】カップなどをハンギングできる

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

蓋に溝があり、そこにS字フックを引っ掛ければカップなどを吊るして収納可能。そうしておけば、水を飲むときもすぐにカップが取り出せて便利です。

【魅力その7】武骨でかっこよく、カスタムしやすい

見た目重視の人も納得できる武骨さ。私は淡いピンクカラーのモノですが、スタンレーブルーやブラックなど武骨なカラーもあり、スタイリッシュ。注ぎ口は簡単に取れるので、カスタムしやすい点も魅力のひとつです。

画像1: スタンレーのウォータージャグはかっこいいだけじゃない!キャンプに絶対おすすめしたい理由
STANLEY(スタンレー) ウォータージャグ 7.5L ピュアブラック 保冷 頑丈 水分補給 氷 スポーツ アウトドア キャンプ 釣り レジャー 保証 (日本正規品)
サイズ : 幅29.7×高さ34.3×本体径29.7cm
重量 : 1920g
容量 : 7.5L
本体外側:ポリプロピレン、本体内側:ポリプロピレン、蓋:ポリプロピレン、注ぎ口:ポリプロピレン・ナイロン・ステンレス鋼、パッキン:シリコーンゴム
保冷効力:8度以下(6時間)、食洗機使用不可、BPAフリー
¥12,100
2022-12-07 23:35
画像2: スタンレーのウォータージャグはかっこいいだけじゃない!キャンプに絶対おすすめしたい理由
ウォータージャグ 大容量 おしゃれ スタンレー ウォータージャグ STANLEY WATER JAG 3.8L 送料無料 :29383002:plywood - 通販 - Yahoo!ショッピング
創業100年の高品質を誇るロングセラーブランド「スタンレー」の、ウォータージャグ(ウォータータンク)■ブランド…STANLEY スタンレー■サイズ…(約)直径25×高さ30cm/約1.4kg■容量…3.8L■素材…ポリプロピレン、シリコン(パッキン)■保冷効力…約11時間(10℃以下)■ご注意…炭酸、もしくは発酵している飲食物を直接入れて使用しないで下さい。内部圧力が高くなりフタが損傷し、火傷やケガをする恐れがあります。ドライアイスは使用しないで下さい。細菌の繁殖を防ぐため、乳製品などの腐敗しやすいものは入れないで下さい。車中など、高温になるところには放置しないで下さい。熱いものを中に入れたり、火の側に近づけたりしないで下さい。変形する恐れがあります。持ち運びの際は、フタの4か所の留め具と注ぎ口がしっかりしまっている事を確認して下さい。本製品は、食品や飲み物の長期保存を目的としていません。塩素を含む漂白剤やクレンザーは使用しないで下さい。食器洗浄機は使用しないで下さい。※送料無料、あすつく対応、ラッピング不可

ただし、出しっぱなしにできない

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

スタンレーのジャグは、片手で押して水を出すタイプ。注ぎ口からの水の勢いはよいものの、顔を洗うときや食器を洗うときなど、両手を使いたいとき水を出しっぱなしにできません。

ただし、他のウォータージャグも片手で押して出すものが主流。

家庭の蛇口のように出しっぱなしにできるように、アマゾンや楽天で販売されているハンドル式の注ぎ口に変えることも可能です。

画像3: スタンレーのウォータージャグはかっこいいだけじゃない!キャンプに絶対おすすめしたい理由
Kinnor ステンレス蛇口 16mm 瓶蛇口 樽用 酒樽用 焼酎サーバー用 イグルー ジャグ用 ビールサーバー用 ウォータージャグ用 コック 注ぐ交換蛇口 ステンレス素材で耐久性がある 腐食や水垢なし シルバー
【商品仕様】サイズ:90mm*50mm*60mm;重量:180g;ネジ部の外径:16.66mm; 材料: ステンレス鋼。【※ご注意:当リストの製品はkinnorのみが正規販売店ですので、ほかの偽物販売者をご注意ください】
【ステンレス製】蛇口本体と内部のボールバルブ部分は304ステンレス素材を採用して、鉛なし、錆びなくて丈夫です。
【水漏れ防止】国際共通の3分の継ぎ目(G 3/8)で、ワッシャーは食品級シリカゲルを使用しており、密封性が良い、液体が漏れません。
【取付簡単】取付工事はいらない、苦手な人でも簡単に取り付けられます。本製品は分解出来ますので、使用前食器用洗剤で洗浄お勧めます。...
¥1,199
2022-12-07 23:39

水入れだけじゃない!スタンレーのウォータージャグ

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

スタンレーのウォータージャグは、蓋を取ればバケツのような形態です。ですので、家では蓋を取って氷を入れてワインクーラーとして使っています。保冷効果もあり、水滴もでないので便利。

私の知り合いは、古くなったこのウォータージャグを魚釣りのときの魚入れに使用しています。

我が家はキャンプのときは、水がなくなったスタンレーのジャグに、洗い物を入れて持って帰っています。

また、水を入れるだけでなく、保冷効果もあるため、氷用のクーラーとしても使用できる点も魅力です。

寒い時期にも重宝

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

保冷効果があるウォータージャグは夏に重宝するイメージがありますが、冬の寒い場所では水道管が氷ることがあります。そんな場合でもこれに水を入れて置けば、水は凍らず使用することができます。

キャンプだけでなく、夏場は海水浴後に体を洗うときにも使え、車にひとつ積んでおけば、買い物の冷凍モノ入れにも便利。

筆者が持っているモノは3.7リットルのモノですが、見た目以上に本体は重くなく、私でも苦も無く持ち運びが可能です。

カラーによっては武骨にもキュートにもなり、キャンプサイトの写真映えにも一役買ってくれるキャンプギアです。

▼こちらの記事もどうぞ!

This article is a sponsored article by
''.