こんにちは!bambi夫婦です。今回はDODのTC素材のシェルターテント「ヨンヨンベース TC」をご紹介します。設営がしやすいように細かい工夫があり、ソロやデュオキャンプに最適なシェルターです。実際に使用してみた筆者が特徴や魅力、注意点についても解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

DODのシェルターテント「ヨンヨンベース TC」の基本情報

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

「ヨンヨンベース TC」は、デュオスタイルで広々使えるシェルターテントです。

ソロやデュオキャンプで使用するギアをシェルター内に入れて使用しても余裕があり、最適なサイズ感になっています。

カラーはブラック、タン、カーキの3種類があります。

DOD「ヨンヨンベース TC」

  • 組立サイズ(外寸):(約)W420×D370×H210cm
  • インナーサイズ:インナーテント無し
  • 収納サイズ:(約)W64×D27×H27cm
  • 重量(付属品含む):(約)16.8kg
  • 材質:生地:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
        ポール:スチール
        ペグ:スチール
  • 最低耐水圧:150mm
  • セット内容:テント生地、サブポール×2本、メインポール×2本、
           スチールペグ(黒)×8本、ネイルペグ×6本、ロープ(3m)×3本※
           ロープ(4m)×2本※、キャリーバッグ、タイベルト×2本
           キャリーバッグ(ポール用)、キャリーバッグ(ペグ用)
           ※テント生地に取り付け済み
  • 遮光率:99%以上
  • カラー:タン、ブラック、カーキ

【特徴1】ポリコットン生地だから遮光性・難燃性に優れている

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

生地にはコットンとポリエステルの混紡素材(TC)を使用しているため、コットンと化繊のメリットを兼ね備えています。

TC素材の特徴としては、遮光性と難燃性に優れており、日差しを遮って濃い影を作り出したり、火の粉がシェルターにあたっても穴が空きにくくなっています。

焚き火の近くでも安心して使えますね!

【特徴2】ハンギングチェーン・ハンガーフックが標準で付属!

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

シェルターテントの必須アイテムといえば、デイジー(ハンギング)チェーンです。

ライトや小物類を吊るすのに必要ですが、なんとヨンヨンベースにはそれが標準で付属してきます。

さらに、デイジーチェーンは真ん中で分割できる構造になっているので、ポールに添わせてハンガーフックとしても使うことができます。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

便利にしてくれるアイテムが標準で付いてくるのでうれしいですね!

【特徴3】ベンチレーター・スカート生地・メッシュ切替で換気&冷気対策もばっちり!

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

ヨンヨンベースはシェルター内で快適に過ごせるように、ベンチレーターやスカート生地が付いていたり、メッシュ切替が可能です。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

ベンチレーターがあれば、フルクローズ状態でもテント内の空気を換気することができ、さらにスカート生地とメッシュ切替で夏場の虫の侵入をブロックしてくれます。

寒い冬場には、スカート生地ですきま風がテント生地の下から入り込みにくくなるので、シェルター内を温度が下がりにくくなります。

This article is a sponsored article by
''.