こんにちは。ファミキャン用テントは常に1つだけ、という家庭内法律があるくにぱぐ(パギー)です。今回は国内最大手ブランドの1つ「ogawa」のフラグシップモデルである2ルームテント「ティエララルゴ」について徹底解剖していきます。とにかく作りが素晴らしく、快適なアウトドアライフを楽しめるテントです!

ogawa「ティエララルゴ」の基本情報

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

「ティエララルゴ」はハイエンドモデルを中心としたテントブランド「ogawa」のフラグシップモデルに位置するテントです。主に3つの特徴があります。

特徴1:2ルームテントの中でも圧倒的な広さ

いわゆる「2ルームテント」ですが、ogawaの中でも最大級のサイズを誇り、設営すると長さ620cm × 幅310㎝ × 高さ210㎝という圧倒的な広さを誇ります。

特にリビングスペースが広く、同シリーズで標準的なサイズの「ティエラ5-EX」に比べ、リビングの長さが約100cmも長くなっていますから、5〜6人で食卓を囲んでもまったく窮屈さを感じないぐらいです。

このサイズの大型2ルームテントは、各テントメーカーとも最上級モデルとして位置づけており、例えばスノーピークの「ランドロック」、コールマンの「4Sワイド2ルーム コクーンⅢ」というあたりと「ティエララルゴ」はよく比較されるようですね。

重量は22kg(付属品除く)とさすがに結構あり、収納サイズもかなりの大きさではありますが、ポールをアルミニウム製にするなど、軽量化はかなり意識されているようです。

「ティエララルゴ」はフラグシップモデルだけあり、大きさ以外でも注目すべきポイントがいくつもあります。

特徴2:サイド面の大型メッシュパネル

ティエララルゴの最大のポイントは、サイド面の大型メッシュパネルです。

サイド面は端から端まで分割されたメッシュ状になっており、すべてを開放した時の風の抜け方は快適の一言。ほぼスクリーンタープとして使えます。

特徴3:通気性の良いインナーテント

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

また、インナーテントはポリコットン素材で夏涼しく冬暖かい、通気性が極めて良いものを採用しています。

さらに底面はPVC素材と呼ばれる極厚のポリエチレン素材を使用しているため、テントが浸水しても、水に弱いポリコットン部分まで濡れることがありません。

オプションパーツとして、さらにこのインナーテントの下に敷くPVCマルチシートやグランドシートもありますが、もっと格安のシートでも十分なほど(あるいはシートがなくてもよいほど)、PVC部分の厚みは頼もしいです。

フロント部分の跳ね上げ用ポール、ペグやハンマーなども付属しており、そう考えるとオプションの購入などは一切不要と言える、オールインワンを実現したテントです。

あとはさすがogawaと唸ってしまう、ポリエチレン素材部分の分厚い手触りや、どこまでも滑らかに可動するファスナー類など、細かい部分まで満足感を得られるテントだと思います。

画像: 広くて快適!ogawa(オガワ)のフラグシップモデル2ルームテント「ティエララルゴ」を徹底解剖
ティエララルゴ / ogawa ONLINE STORE

ティエララルゴの設営手順

「ティエララルゴ」の設営は、単純な大きさだけでなく構造的にも、大人が二人いないとかなり困難だと思われます。

我が家は夫婦二人で設営していますが、手順がわかりやすいこともあり、初回から30分はかからずに設営できていますが、一人だとその倍以上はかかる気がします。

なお、ogawaは販売店(「ogawa GRAND lodge」)でお願いをすれば、店員さんが展示用テントで設営講習をしてくれます(電話等で事前相談しましょう)。

我が家もこちらをお願いしました。

設営方法だけでなく、コツ的なことも教えて貰えるし、その店舗で買わなければいけない、という決まりもありませんので、是非活用しましょう。

(1)まずはテントのパーツをチェック

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

「ティエララルゴ」のバッグは3つあり、「幕体」「ポール」「ペグ&ハンマー」に分かれています。

ペグとハンマーはよくあるペラペラな感じのオマケ然としたものではなく、継続的な使用に耐えられるレベルの品です。が、もし使わない場合は自宅に置いておくほうがいいでしょう。これだけでかなり重量も大きさもあるためです。

幕体は、フライシート、インナーテント、結露防止用のライナーシートの3点。オプションや社外品のグランドシートは自分で用意します。

ポールは多く、6種9本が入っています。

この他、ポールを地面の正しい位置に固定するスタンディングテープが4本、さらにガイロープは2.5m × 6本と3m × 2本が入っています。

ここまであることを説明書を見ながら確認ができたら、早速設営に移ります。

(2)スタンディングテープを設置し、四隅をペグダウン

まず、設営場所にスタンディングテープを置いていきます。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

テープは幾つかに分かれていますが、広げると長方形になる最大のテープをまず置きます。

このテープの概ね一回り広い範囲が、ガイロープ含めたテントの設営スペースになります。

なお、一辺だけあるグレーのテープが「入り口側」になりますが、ここを間違えると設営手順に混乱が生じるので、間違えないようにしましょう。

置いたら、ピンとテープを伸ばしながら、四隅だけをペグダウンします。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

残り3本のテープは長方形の長辺にある金属のリングに結び付けていきます。

なお、この3本のテープはもう二度と取り外さなくてもよいのですが、取り外さないと当然仕舞っている間に絡みやすくなるので、どちらがよいかは各々で検討してみてください。

画像1: くにぱぐ

くにぱぐ

2人で設営する場合、「ペグを打つ」「テープを結ぶ」を手分けすると早いですよ。

(3)Aフレームを組み立て、テープの金具に挿しこんで立たせる

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

ポールのうち、中心となるのは「Aフレーム」と呼ばれる、3本のポールがジョイントで連結されたものです。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

Aフレームはまず上下をよく確認しましょう。矢印シールで下を指しているほうが下側になります。

ショックコードで繋がれたすべてのポールを接続し、「X」の形を作ったら、前後も確認します。途中に赤い接続パーツのあるポールがAフレームの前方になります。

Aフレームの上下前後が確認できたら、ポールの端をスタンディングテープの四隅ににある金具に挿しこんで自立させます。

これが一人では難しいのですが、二人で行う場合は、一人がAフレーム中央のジョイント辺りをもって支え、その間にもう一人がポールを挿しこんで行くと早いです。

画像2: くにぱぐ

くにぱぐ

逆に一人の場合は、次の(4)の行程と合わせ、「とにかく三本ポールを金具に挿す」ようにします。それで自立を優先させる感じです。

(4)赤いポール2本をAフレームに固定する

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

次にポールのうち、赤い2本をAフレームの赤い部分に接続します。

この時、ポールを水平にしないと力がまっすぐ伝わりにくく、なかなか接続ができません。ですので、ここも二人で行い、一人がAフレームを下方に引っ張って、もう一人が接続すると良いでしょう。

接続した赤いポールは、スタンディングテープの赤い印がついた金具に端を挿しこみ、固定します。

画像3: くにぱぐ

くにぱぐ

ティエララルゴのポールは、色分けで接続場所が分かりやすくなっているのが特徴です。

(5)入り口側のポール3本を固定し、入口を作る

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

残ったポールをどんどん組み立てていきます。まず入り口側です。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

入り口側は、Aフレームの前方にある赤と黄色の金具に、長いポールを上から挿しこんでAフレームに跨るようにして、さらに短いポールを下側から挿しこんで、ゲートのような長い1本のポール状にします。

このゲート用ポールの先端を、スタンディングテープの黒いテープ部分の金具に挿しこんで、入り口用のフレームが完成します。

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

(6)インナーテント側のポール1本を立て、全フレームが完成

残すフレーム用のポールは1本だけです。

インナーテント側の青いポールで、これは非常に長さがあり、片方をスタンディングテープの金具に挿しこんでからゆっくりと曲げてもう片方も挿しこみます。

このポールはAフレームとは接続されず、そのままだと地面にダランと倒れてくるので、マジックテープのようなもので仮止めしておきましょう。

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

(7)フライシートを被せて、ベルクロで固定する

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

インナーテントとフライシート、どちらを先に張ってもよいのが「ティエララルゴ」の特徴ですが、ogawaの店員さん曰く、「フライシートを先に張ったほうが楽」とのこと。

なので我が家もフライシートを先に張っています。これはテントの横から二人がかりで被せていくしかありません。

一人では引っ張る際にテントに不自然な力がかかって破れる可能性もあり、二人で慎重に行うべきです。

全部被せたら、ポールを内側からベルクロで留め、さらに8か所のフックをスタンディングテープの金具に引っかけます。

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

これでフライシートは完成です。

(8)インナーテントの設営

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

インナーテントの設営をする場合、前後を確認しながらインナーテントのPVC部分を四角く地面(もしくはグランドシートの上)に広げていきます。

広げきったら、後ろのカド部分2か所にあるフックをスタンディングテープの金具に引っかけます(前のカドはペグ固定なので最後に行います)。

そうしたら、あとはポールにインナーテントのテープについているフックを引っかけて、ベルトを締め上げれば完成です。

画像16: 筆者撮影

筆者撮影

結構簡単ですよ。

画像4: くにぱぐ

くにぱぐ

インナーテントの前方2か所のカドはペグ固定です。幕内なのでそんなにガッチリ打つ必要はありません。短いペグで簡単に止めておきましょう。

(9)ライナーシートの設置

画像17: 筆者撮影

筆者撮影

ライナーシートは、リビング部分の結露防止のため、天井部分を二重にするというシートです。

このため、季節によっては絶対に必要なものではありません。

「ティエララルゴ」のライナーシートは、張ってしまうとランタンなどを吊るす場所が激減してしまうため、装備との兼ね合いも考えながら必要に応じて張るといいでしょう。

張り方はフックでポールに固定するだけです。

インナーテントを使う場合は、画像のように、余った部分は丸めて、インナーテントの手前にまとめておきます。

(10)ガイロープをペグ打ちし、完成!

画像18: 筆者撮影

筆者撮影

巨大なテントなので、ベルクロやフックなどの付け洩れがないかは一回よく確認しておきましょう(結構漏れます)。

問題なければ最後に入り口横のフライシート2か所と、左右計6本のガイロープをペグ打ちし、左右のバランスを見ながらロープを引っ張って固定します。

「ティエララルゴ」はその構造上、ガイロープをしっかり張らないとテントがピンとせず、斜めに傾いたような外見になってしまうこともあります。面倒臭がらずにガイロープは毎回必ず固定しましょう。

画像19: 筆者撮影

筆者撮影

最後に換気用のベンチレーターを開放すれば完成です。必要に応じてフロントの入口を跳ね上げ固定してもよいですが、これはお好みです。

This article is a sponsored article by
''.