暑い季節のマストアイテム、クーラーボックス。その中でも小型タイプは、アウトドアから普段の買い物まで幅広いシーンで使えるため、ひとつ持っておくと非常に便利です。そこで今回は、小型のクーラーボックスの選び方と、ソフトタイプとハードタイプのおすすめをそれぞれ8点ずつ、合計16点をランキング形式でご紹介します!

レジャーやスポーツなど多様なシーンで活躍する小型クーラーボックス

画像: レジャーやスポーツなど多様なシーンで活躍する小型クーラーボックス

夏のおでかけやレジャーには、小型のクーラーボックスが大活躍!

小型であるメリットは、気軽にどこにでも連れていけること。一見クーラーボックスに見えないバッグのような商品もあり、保冷機能に加えてデザイン性の高い商品も増えています。

画像1: 小型クーラーボックスおすすめランキング16選! おしゃれ×釣りや部活にも使える優秀アイテムをピックアップ

ここでは、持ち出しやすい15L以下のクーラーボックスを「小型」と定義してお話していきます。

小型のクーラーボックスの利用シーン

小型のクーラーボックスは、こんな場面で使えます!

【小型クーラーボックスの主な利用シーン】

  • 釣り
  • ピクニックや公園遊び
  • ソロキャンプや車中泊
  • お弁当の持ち運び
  • 買い物
  • サッカーなどの部活動
画像2: 小型クーラーボックスおすすめランキング16選! おしゃれ×釣りや部活にも使える優秀アイテムをピックアップ

サイズ違いのクーラーボックスをいくつか用意して使い分けている人もいるようです!

小型クーラーボックスの選び方のポイント

画像: 小型クーラーボックスの選び方のポイント

ランキングの前に、小型クーラーボックスを選ぶポイントを抑えておきましょう!

ポイント1:ソフト or ハード? 保冷力と携帯性に違いアリ

クーラーボックスは、ソフトタイプハードタイプの2種類に分類されます。

ハードタイプ

画像: ライター「いく子」撮影 happycamper.jp

ライター「いく子」撮影

happycamper.jp

ハードタイプは、硬い素材を使用したボックス型で、保冷力や耐久性に優れているのが特徴です。

中に入っている断熱材によって保冷力に差が出ることはありますが、ソフトクーラーと比べると保冷力は圧倒的に高くなるので、連泊や釣りで使用するならハードタイプが断然おすすめ!

イスやテーブルの代用品として使えるメリットもあります。

ソフトタイプ

画像: ライター「西乃みい子」撮影 happycamper.jp

ライター「西乃みい子」撮影

happycamper.jp

ソフトタイプは、バッグのような柔らかな素材を使用しており、保冷力はハードタイプに劣ります。

軽量で女性にも持ち運びやすく、使用後はコンパクトに折り畳めるメリットがあるため、保冷力よりも使い勝手の良さを求める方におすすめです!

ハードタイプとソフトタイプのメリット&デメリットをまとめました。

メリットデメリット
ハード
  • 断熱効果で保冷力あり!
  • 耐久性◎
  • テーブルやイスとして使える
  • 重い
  • かさばる
  • 価格が高い
ソフト
  • 軽量
  • 使わないときは折り畳める
  • 価格が安い
  • 保冷力が弱い
  • 外からの衝撃に弱い
caption
画像3: 小型クーラーボックスおすすめランキング16選! おしゃれ×釣りや部活にも使える優秀アイテムをピックアップ

筆者は、ハードとソフトを使い分けています!

  • デイキャンプや買い物・・・ソフト
  • キャンプ・・・キンキンに冷やしたいドリンクや翌日使う食材はハード、初日に使う食材はソフト

ぞれぞれのメリットデメリットを考慮しながら、場面ごとに使い分けると便利です♪

ポイント2:断熱材の素材をチェック

画像: ポイント2:断熱材の素材をチェック

ハードタイプのクーラーボックスには断熱材が入っており、断熱材の種類によって保冷力の高さや価格に差が出ます。

主に使用される断熱材3種類の特徴を確認しましょう!

真空断熱パネル

最も保冷力に優れているのが真空断熱パネル。薄手でも高い保冷力を発揮するため、重量は重く、価格も他の断熱材と比較すると高価です。

発泡ウレタン

市場で最も流通しているのが発泡ウレタンです。真空断熱パネルほどの断熱性はないものの、数日のキャンプに対応可能。

そこそこの保冷力を持ちながら価格は抑えられており、バランスの良い断熱材と言えるでしょう。

発泡スチロール

発泡スチロールの保冷力はあまり期待できないため、日帰りのレジャーや、涼しい時期のキャンプなどでの使用に限られます。価格は抑えられるので、利用シーンによってはお得に活用できそう。

ポイント3:容量をチェック! 目的に合わせてサイズを選ぼう

画像: ポイント3:容量をチェック! 目的に合わせてサイズを選ぼう

続いて、サイズをチェックします。小さすぎても大きすぎても不便なので、必要量に応じて選びましょう!

【クーラーボックスに入る量の目安】

350ml缶500mlペットボトル
5L約6本約4本
10L約12本約8本
15L約24本約12本

ポイント4:使い勝手をチェック! 開閉のしやすさや持ちやすさ

画像: ポイント4:使い勝手をチェック! 開閉のしやすさや持ちやすさ

小型クーラーボックスは持ち運ぶ機会が多いので、持ち運びやすさもチェックしましょう!

例えば、ショルダーベルトが付いていたり、ハンドルが握りやすい形状だと便利です。

また、開閉のしやすさも注意したいですね。ワンアクションで開閉できるものや、ファスナーの滑りが良いものなどを選ぶと良いでしょう!

This article is a sponsored article by
''.