こんにちは。実はメキシコ料理が大好きなくにぱぐです。今回はハピキャンでも度々取り上げている「業務スーパー」にフューチャー。業務スーパーで材料を揃えて作るキャンプ飯として、メキシコ料理の代表格である本格的な「タコス」をフライパン1つで作ります。また、オマケでタコライスも作ってみます。

「業務スーパー」を活用したタコスの作り方 

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

【1】実際の調理手順です。まず、解凍したトルティーヤを1枚ずつフライパンで焼いていきます。

油を引かず、トングなどで裏表に軽く焦げ目がつく程度焼きましょう。なお、トルティーヤはとにかく1枚ずつ剥がせる程度まで解凍すればOK。自然解凍でも10分~15分ぐらいですし、袋ごと流水に当てればもっと早く解凍できます。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

【2】焼いたトルティーヤはラップをしばらくかけておきます。時間にして10分ほど。1枚ずつでなくても、焼いたものをどんどん重ねていく形で構いません。こうやって蒸らすことでしっとりとした食感にします。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

【3】フライパンにオリーブオイルを敷いたら、挽肉を中火で炒めます。タマネギがある場合はみじん切りにして、まずタマネギを炒め、飴色になったら挽肉を加えます。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

【4】炒めながら挽肉に塩胡椒(あれば黒瀬スパイス)を振って下味をつけます。

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

【5】肉の色が変わったらサルサソース、あればコブサラダドレッシングを加え、混ぜながらさらに炒めます。

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

【6】水分が大部分抜けるまで炒めたらタコミートの完成です。

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

【7】レタスは粗めの千切り、ミニトマトは4等分の串切りに切っておきます。

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

【8】タコミートを大さじ2杯ぐらいトルティーヤに乗せ、レタスとミニトマト、ピザ用チーズをお好みでその上に乗せて二つ折りにすれば完成です。お子様には辛すぎるぐらいですが、もっと刺激的な味にしたければタバスコを振って頂きましょう。

This article is a sponsored article by
''.