テント泊をともなうキャンプに欠かせないのが「寝袋/シュラフ(シェラフ)」。モンベル、コールマン、イスカなど、さまざまなメーカーから多種多様なラインアップが販売されており、選ぶのに迷ってしまうのでは?そこで、これからの季節にぴったりな冬用モデルを中心に、ハピキャンライターが愛用するおすすめ寝袋13選をご紹介します!

【寝袋の選び方】キャンプ場の夜の気温に対応するモデルを選ぶのがポイント!

画像: おぎやはぎのハピキャンS18 寝袋に包まれる小木さん photographer 吉田 達史 happycamper.jp

おぎやはぎのハピキャンS18
寝袋に包まれる小木さん

photographer 吉田 達史

happycamper.jp

寝袋は、形状・サイズ・重量から、寝心地・携帯性・お手入れのしやすさといった機能面にいたるまで、商品によってさまざま。

その中でも、特に以下の点に注目して選ぶのがポイントです。

【寝袋選びのポイント】

  • キャンプに行く日の夜の気温に対応したものを選ぶ
    快適温度・使用目安温度(使用可能温度)をチェックする
  • 好みのカタチから選ぶ
    封筒型orマミー型

ポイント1:気温に対応したものを選ぶ

画像: photographer 吉田 達史

photographer 吉田 達史

寝袋を選ぶ際は、キャンプに行く日の夜の気温に耐えられるモデルを選びましょう。

この点に関して必ず知っておきたいこと。それは、寝袋には「快適温度」と「使用目安温度(使用可能温度)」がある点です。

【知っておきたい寝袋の知識1】

  • 快適温度
    寒さを感じずに快適に眠れる温度
  • 使用可能温度(使用目安温度)
    工夫次第で眠れる(単体で快適に眠れるわけではない)温度

上記を踏まえると、宿泊キャンプで寝袋を使うときは、キャンプ地の夜の最低気温に対応したものを選ぶのが一般的。

画像1: 【気温別】おすすめのキャンプ用寝袋13連発! 夏用モデルから-10℃以下の冬用モデルまでご紹介

当日急に寒さが厳しくなるかもしれないので、快適気温がキャンプ地の予想気温より5℃以上低い環境に対応したモデル(最低気温0℃なら-5℃以下に対応したもの)を選ぶと良いです!

ポイント2:好みのカタチから選ぶ(封筒型orマミー型)

画像: 足元部分が封筒型の寝袋 photographer 吉田 達史 happycamper.jp

足元部分が封筒型の寝袋
photographer 吉田 達史

happycamper.jp

寝袋には、主に2種類のカタチがあります。

【知っておきたい寝袋の知識2】

  • 封筒型
    布団のように使えるタイプ
    足元にゆとりがある
  • マミー型
    体にフィットするタイプ
    保温性が高いので冬用寝袋に多い

カタチに関しては、自分の好みで選びましょう!

画像: マミー型の寝袋 おぎやはぎのハピキャンS18 photographer 吉田 達史 happycamper.jp

マミー型の寝袋
おぎやはぎのハピキャンS18
photographer 吉田 達史

happycamper.jp

さて今回は、ハピキャンライターも愛用している寝袋を、レビューとともに、快適温度別にまとめました!

画像2: 【気温別】おすすめのキャンプ用寝袋13連発! 夏用モデルから-10℃以下の冬用モデルまでご紹介

便宜的に春秋用・冬用・夏用と分けていますが、実際は「キャンプに行く場所の夜の気温」に合わせることが重要です!

標高の高い場所と平地では、同じ季節でも気温が大きく異なりますので、あくまで「気温」に注目して選んでくださいね。

This article is a sponsored article by
''.