キャンプの楽しみの1つが、大自然の中でつくって食べるおいしいキャンプ飯。とはいえ、食材をそろえて、一からすべて手づくりするのはハードルが高く、荷物も多くなるので大変です。そこで活用したいのが、携帯しやすい上、保存がきく「缶詰」。今回は、さまざまな缶詰を使ったアレンジレシピを一挙に紹介します。

【缶詰で簡単キャンプ飯特集6】スープ缶を使ったアレンジレシピ! グラタンやドリアもつくれる♪

画像17: ライター撮影 happycamper.jp

ライター撮影

happycamper.jp
画像12: 【キャンプ×防災を考える】簡単キャンプ飯! 缶詰アレンジレシピ18選を一挙に紹介
キャンベル クラムチャウダー EO缶 305g×12個
内容量:305g×12缶
カロリー:97kcal
原材料:クラムブロス、ポテト、クラム
商品サイズ(高さ×奥行×幅):103mm×205mm×275mm
¥3,100 (¥258 / 個)
2021-03-19 14:29

キャンベルのスープ缶は、水や牛乳を加えるだけで簡単にスープをつくれる、便利な食品です。

スープ以外にも、グラタンやドリアなどにアレンジできるのがうれしいポイント。

▼クラムチャウダー缶を使ったマカロニグラタンのつくり方はこちら!

▼シーフードドリアのつくり方はこちら!

缶詰を活用して手軽なキャンプ飯&時短メニューを楽しもう! 保存がきくので防災用品にもおすすめ

画像: 編集部作成

編集部作成

缶詰は常温で長期保存ができる便利な食品。密封されているため、携帯しやすいのも特徴です。

味付けや調理がすんでいるタイプは、そのまま食べられるので、防災用品としてストックしておくのもおすすめ。

調理の手間がかからない上、ほかのメニューにアレンジしやすいメリットもあり、ソロキャンプのおともや日常の時短メニューにもぴったりです。

(ライター:hayase)

This article is a sponsored article by
''.