トンガリ屋根のフォルムがかわいらしく、おしゃれ感度の高いキャンパーに人気のワンポールテント。ドーム型のように自立しないので、設営が難しいと思われがちですが、実はシンプル構造で設営簡単!むしろ初心者にぴったりなタイプなんです。もちろん、ソロキャンプにもおすすめですよ。そこで今回は、ワンポールテントのおすすめ商品を対応人数別にまとめて紹介します。

3~4人向きワンポールテントのおすすめ4選! ベル型だと広々使えて◎

ここでは3~4人のキャンプにぴったりのワンポールテントを4つ紹介します。

ファミリーやグループでの使用は、隅っこまで広々と使える「ベル型」のワンポールテントがおすすめです。ここではベル型のおすすめを2つご紹介します。

画像9: 【まとめ】人気ワンポールテントのおすすめ6選! 初心者でも簡単に設営できるものばかり◎ 愛用者レビュー付き

広々としたスペースでゆったり過ごしたいなら、1~2人で使うのもアリですよ!

【3~4人向きのおすすめ1】D&R「コットンベルテント」 薪ストーブとの相性もバッチリ!

画像: ライター撮影 直径4mのもの happycamper.jp

ライター撮影 直径4mのもの

happycamper.jp
画像10: 【まとめ】人気ワンポールテントのおすすめ6選! 初心者でも簡単に設営できるものばかり◎ 愛用者レビュー付き
D&Rコットンベルテント(ストーブジャケット2個付き)上部および下 3/4/5/6m ファミリーツーリング (直径3メートル)
サイズ:直径3m、頂上高さ:2m、壁面高さ:0.6m
材質:テントの壁と屋根300GSM 100%綿の布で作られた3000ミリメートル防水と防カビ、540GSMのPVC製のボトムフロア
冬のテント:2つの煙突の穴--- 屋根の上のサイドウォールと他のものにあり、業界標準の煙突に合うようにサイズされ、キャンバスの完全性を保護するために専門的に設置される。 煙突の穴は、使用しないときはフラップで覆われている。
パッキングサイズと重量:900D強いオックスフォードで作られた収納袋、サイズ110×25×25cm、積載重量20KGS、車に入れる
適用範囲:パティオ、アウトドアキャンプ、家族...
¥43,999
2021-03-08 0:31

D&R「コットンベルテント」は、商品名の通り、コットン製で、火の粉に強いのが特徴。

サイドと天井に煙突用の穴が付いているので、薪ストーブを設置できます。

大人数で使えるテントであるものの、1人でも簡単に設営できるのがうれしいポイント。

画像11: 【まとめ】人気ワンポールテントのおすすめ6選! 初心者でも簡単に設営できるものばかり◎ 愛用者レビュー付き

グランピングにもおすすめ!

【スペック】

  • サイズ:直径4m、高さ2.5m、壁面高さ0.6m
  • 収納サイズ:100×29×28cm
  • 重量:27kg
  • 対応人数:4人

▼愛用者レビューはこちら!

【3~4人向きのおすすめ2】キャンバスキャンプ「Sibley(シブレー)400 ProTech」

画像4: ライター撮影 happycamper.jp

ライター撮影

happycamper.jp
画像12: 【まとめ】人気ワンポールテントのおすすめ6選! 初心者でも簡単に設営できるものばかり◎ 愛用者レビュー付き
Sibley 400 ProTech

アルティメットシリーズの人気を受けて、より耐久性のある4シーズン使えるテントとして作られたプロシリーズ!プロテックは360度壁部分にメッシュウォールがつけられた最上位モデルです!
メッシュウォール:360°ProTechtion
グラウンドシートとキャノピーの間には60cmのキャンバスの壁があり、その壁面に重なるようにメッシュ(スクリーンネット)の壁があります。キャンバスウォールを巻き上げれば、その360°スクリーンネットにより自然界の様々な害虫

キャンバスキャンプの「Sibley(シブレー)400ProTech」は、女性1人でも組み立てられる大型のワンポールテント。

素材にコットン100%が使われていて、夏は涼しく、冬はあたたかく、快適に過ごせるのが魅力です。

最初に設営したときに防水スプレーをしておくと、カビ防止になるのでおすすめ。

【スペック】

  • サイズ:直径4m
  • 収納サイズ:-
  • 重量:(約)28.8kg
  • 対応人数目安:2~4人

▼設営方法はこちらの記事で!

個性が光るワンポールテントでおしゃれなキャンプを楽しもう! 慣れれば1人も簡単に設営できる

画像: 編集部作成

編集部作成

テントのアイコンともいえるワンポールテントは、トンガリ屋根が目を引く、個性あふれるデザインが魅力。

見た目がかわいらしく、おしゃれなキャンプを楽しみたい方にぴったりです。

慣れれば1人でも簡単にできるのがうれしいポイント。ソロキャンプで大きいサイズを使って、ゆったり過ごすのもおすすめです。

(ライター:hayase)

This article is a sponsored article by
''.