キャンプ場で、三角形のとんがったテントを見かけたことはありませんか? それがワンポールテントと呼ばれるものです。設営や撤収が素早くできるので初心者にもおすすめ。そんなワンポールテントの特徴と、おすすめ商品をご紹介しましょう。

ワンポールテントは三角形で可愛いデザイン! 設営・収納も簡単!

ワンポールテントは、1本のポールを中心にした三角形のかわいらしい形が特徴です。モノポールテント、ティピーとも呼ばれています。頂点がとんがったテントといえば、豪華なアウトドアを楽しむ「グランピング」でもよく使われているので、見かけたこともあるのではないでしょうか。

今や各アウトドアメーカーから続々と発売され、色やデザイン、素材の種類も豊富になったワンポールテント。そのメリットやデメリットについて、くわしくご紹介します!

ワンポールテントのメリットは?

・ポールが1本しかないので、設営も収納も簡単

ドーム型テントはポールがいくつもあり、慣れないうちは説明書を何度も確認しながら設営するので時間がかかります。また、ファミリー用など少し大きさのあるテントでは、複雑すぎて1人で設営するのが難しいことも。ワンポールテントなら、基本的にポールは1本しかないので、どこに立てたらいいのか迷うことはありません。初心者でもあっという間に設営が完了し、撤収も素早く済ませることができます。

・デザインが個性的でオシャレなので、キャンプ場で目立つ

まだまだドーム型テントの利用が多い中、三角のワンポールテントはとても目立ちます! そのかわいらしいフォルムだけでなく、色やデザイン自体も特徴的な商品が多く登場しているので、注目の的になること間違いなし! 混雑しているキャンプ場でも自分のテントが見つけやすい利点もありますね。

ワンポールテントのデメリットは?

・雨がテントに入りやすい

一般的なワンポールテントは、前室やひさしがないため、入口から雨風が入りやすく室内が濡れてしまいがち。雨の心配があるときは、タープを横に張るか、前室付きタイプのワンポールテントを購入するなど検討しましょう。

・ペグが打てない場所では設営ができない

ワンポールテントは、1本のポールだけで自立するのではなく、ロープとペグで地面へ引っ張り固定することで設営が完了します。ドーム型のテントと違いテントだけでは自立しないので、地面が岩肌、硬すぎる、柔らかすぎる、砂地である......などの環境では、ペグが地面に刺さらずに設営できないことも。比較的平らで、ペグの打ちやすい場所を選びましょう。あらかじめ、キャンプサイトの地面の状態をWebサイトなどで確認しておくと安心です。万が一のことも考えて、強度の高いペグを少し多めに用意しておくのもおすすめですよ。

それではおすすめしたいワンポールテントをご紹介していきます。ファミリー向けに3〜4名用以上のものをピックアップしてみましたよ。

画像1: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

出入り口が2つで夏でも快適! インナーシートはタープとしても使える!

1.ノースイーグル(North Eagle) ワンポールテント

ノースイーグルのワンポールテントは、出入口が前後に2つあります。ワンポールテントは出入口がひとつだけの商品が多いですが、2つあれば風通しがよく、夏のキャンプも快適に過ごせますね。

また、天井の中心部分は高さが約240センチとワンポールテントの中では比較的高めになっているので、大人がテントの中で立って過ごしたり、着替えたりするのがとてもラク! 圧迫感もほとんどありません。

さらにインナーシートは吊り下げ式なのでフライシートのみでも設営できます。インナーシートを外してタープとしても利用可能です。一般的なワンポールテントだとタープ利用はできないので、このテントの大きな魅力ですよね。個性的で人とちょっと違ったテントをお探しなら、こちらがおすすめです。

8人用のビッグサイズ! タープがつけられるので雨の侵入を防げる!

2.DOD(ディー・オー・ディー) ビッグワンポールテント

キャンプはもちろん、フェスやイベントにも使いやすい8人用のワンポールテントです。軽くて曲がりにくいアルミ製のY字型ペグが標準で付属しているため、個別の購入がいらない点もうれしいですね。

テントのトップ部分にはタープが連結できるループが付いているので、雨天時でもテントに直接雨が侵入してしまうのを防げます。入口部分は、別売りのポールを購入すれば日よけの屋根にもできます。

前室があるから雨でも安心! 人気ブランドのワンポールテントで設営簡単

2.コールマン(Coleman) ワンポールテント エクスカーションティピー

コールマンのエクスカーションティピーは、広めの前室があることで雨の日でも安心のワンポールテント。「できれば簡単に設営できるワンポールテントがいい......でも雨は侵入しないもの!」と、テント選びに悩む初心者にぴったりの商品です。前室部分に靴や荷物を置けば、雨や夜つゆにも濡れることなく安心!

前室も含め、全体の設営もとても簡単にできるので、設営に手間取りがちな初心者でも楽に建てられますよ。お財布に優しいリーズナブルさも好評です。

画像2: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

設営簡単なワンポールテント 初心者キャンパーにおすすめ!

画像3: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

設営が簡単にできる上、 前後に入口があるもの、前室があって雨がしのげるものなど、機能面のバリエーションも充実しているワンポールテント。購入を考えるときは、どんな機能がほしいのか、どんなデザインのものがいいのかをピックアップし、ぜひお気に入りのワンポールテントを見つけてください。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.