キャンプでも快適さを求める欲張りなアメリカ在住のライター舟津です。「枕が変わると寝れない」という人は多く、睡眠に大切な役割を果たす枕。かく言う私も枕に多少こだわりがあり、「キャンプでも快適に眠れる枕」を探していたところ、出会ったのがコンパクトながら高さの調節が可能なKLYMIT(クライミット)のキャンプ枕でした!キャンプ以外でも大活躍中のKLYMIT(クライミット)の「CUSH(クッシュ)」の魅力を紹介します!

インフレータブル・スリーピングパッドが有名なKLYMIT(クライミット)社とは?「CUSH(クッシュ)」の魅力は?

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

KLYMIT(クライミット)社は、「野外で寝るときも家のように快適な寝床を」をモットーに、2007年、アメリカ・ユタ州で誕生したアウトドアブランド。野外のいろいろな場所やシチュエーションでテスト試用をとことん行い、品質にこだわるブランドです。

とくに、インフレータブル・スリーピングパッドが有名で、形や用途によってさまざまな商品を生み出しています。

今回は、この眠りにこだわりを持つブランドが手掛けるキャンプ枕「CUSH(クッシュ)」の使用感、筆者がどのように使用しているかをレビューしたいと思います。

【CUSHおすすめ点その1】 とにかくコンパクトに収納可能

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプ枕はさまざまなカタチが販売されていますが、クライミットの「CUSH(クッシュ)」は、長方形の枕型ではなく、横幅が73.6センチある細長いカタチ。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

重さも85グラムと軽量で、専用の袋に小さく収納可能で、ポケットにも入り、いつでも持ち運べます。

【CUSHおすすめ点その2】 膨らますのが簡単

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

いくらコンパクトでも膨らますのが大変だと意味がないですよね。これは、ポンプなど何も必要なく一息で膨らますことができ、すぐさま使用可能。

使用後も、簡単に空気が抜けるので子供でも扱いが簡単です。

【CUSHおすすめ点その3】 高さが調整できる

通常のキャンプ枕は長方形が多いのですが、コレは横長いカタチで、あまり高くない枕が好みの人は、そのまま使用。

高めの枕が好きな人は、コレを2重や3重に折り畳んで、自分好みの高さに調節できます。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

また、インフレータブルということもあり、空気の入れ具合で枕の柔らかさも調節可能。

筆者は固めで高さがある枕が好きなので、パンパンに空気を入れて3重にして使用しています。3重に折り畳んでも、そのカタチが崩れにくく、一晩中そのカタチをキープできます。

また、端に丸いクボミがあり、横向きに寝ても耳が痛くならないような構造になっています。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

画像1: 【ライター愛用】 KLYMIT(クライミット)のキャンプ枕「CUSH(クッシュ)」▶︎キャンプ・カヌーetcアウトドアや旅行でも大活躍です!
Klymit クシュインフレータブル枕&シートクッション、ブルー/グレー
快適なSEAT:汎用性の高いデザインが冷たい、ぬれた、硬い表面から保護するために座るパッドとして、または不快な席での長い一日のためにあるランバーサポートとして使用することができます
快適な睡眠:ミイラ袋のボンネットに収まるようにパターン化された、人間工学に基づいたデザインは、圧力ポイントを最小限に抑え、サイド寝快適さのための耳のポケットを備えています
単層の厚さ、またはダブルでそれを使用する - でもトリプル - それをより多くの快適さのために座ったり、迅速午後証跡昼寝をしながら。座る習慣が必要ですか?ただ、空気の圧力を調整します。
¥2,255
2021-02-22 14:35

This article is a sponsored article by
''.