温かみのある見た目とその質感が人気の木製食器。ひとつは持っているという方も多いのではないでしょうか。木製食器に施された塗装(コーティング)は、使い込んでいくうちに剥がれていってしまうので、定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスというと難しいように聞こえますが、実はとっても簡単!実際に木製カッティングボードのメンテナンス&リメイクに挑戦してみました。必要なものはすべて家庭にあるので、今すぐにでも始められますよ!

木製食器を長持ちさせるための正しい使い方!熱いものは乗せない・乾燥させる・レンジ等の使用はNG

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

ナチュラルな風合いが特徴の木製食器。見た目はいいけど扱いがちょっと面倒…というイメージを持たれることが多いですが、実はそんなに手間ではありません。

覚えておきたいのは、以下の3つのポイントのみ。これだけ押さえておけば、お気に入りの木製食器はもっと長持ちしますよ。

①熱いものはなるべく乗せない

市販の木製食器の塗装は、主にラッカー塗装とウレタン塗装の2種類があります。その中でも特にラッカー塗装はとても熱に弱く、熱々の料理を乗せて使っているとすぐに剥がれてしまうんです。

そして、表面のコーティングが剥がれて木が剥き出しになってしまうと木が痛む原因に…。

塗装をなるべく長持ちさせるためにも、出来たてのスープや炒め物などを盛り付けるのは避けましょう。

②食器用洗剤で洗ってOK! 水気を嫌うので乾燥はマスト

木製食器は、普通の食器と同じように食器用の洗剤で洗います。使用後はすぐに洗って乾かしましょう。

木は水気を嫌うので、木製の食器を長時間水に付けることは避けます。

③電子レンジ・オーブンの使用はNG

オーブンはもちろん駄目ですが、電子レンジで加熱するのも厳禁です。

木の中の水分が熱で膨張し、食器がヒビ割れしたり、塗装が剥がれたりする原因になります。また、冷蔵庫での保管にも向いていません。木製食器は、すぐに食べる料理の盛り付けにだけ使いましょう。

木製の食器は、メラミン製の食器などに比べればどうしても気を使う必要はあります。ですが、天然の木の風合いを生かした食器はやはりいいものですよね!大切にしてあげたいものです。

ハピキャンでは「木製カトラリー」について書かれた記事もありますのでチェックしてくださいね。

【木製カッティングボードのメンテナンス】塗装の残りや汚れをヤスリで落とす・油を馴染ませ乾燥!

木製食器の表面に施された塗装は、永遠ではありません。どれだけ気をつけて使っていても、次第に塗装が剥がれてツヤがなくなってきます。

そんな時は、食用油を使ったメンテナンスがおすすめです。やり方はとっても簡単で、油を木の表面に少量馴染ませてから乾燥させるだけ。家庭にあるもので簡単にできます。

今回は実際に、長年愛用している木製カッティングボード使ってメンテナンスしてみました!

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

こちらが、今回使用するカッティングボードです。

数年前にキッチン雑貨店で購入し、主にキャンプ用として使っています。

おそらくラッカー塗装されていたと思うのですが、数年使った現在は表面がザラザラしていて手触りが悪くなっています。また、ところどころにうっすらと染みのような汚れも見られます。

カッティングボードはまな板として使うこともあるので、どうしても表面に傷がつきやすいのですが、定期的なメンテナンスによって長持ちさせることが可能です。

カッティングボードのメンテナンス手順

①まずは全体をヤスリがけ! 塗装の残り(表面のザラザラ感)や汚れを落としていきます

②400番の紙ヤスリを使って全体にヤスリがけをしたら、手触りツルツルに!

③油を木の表面に少量馴染ませてから乾燥させるだけ

画像: 「②の手順」まで済んだカッティングボード (筆者撮影)

「②の手順」まで済んだカッティングボード

(筆者撮影)

たったこれだけでも見違えたようにキレイになりました!あとは「手順③」油をなじませるだけなのですが…今回はその工程に入る前に、ちょっとしたリメイクにも挑戦してみようと思います。

以下に記載したカッティングボードは今回筆者愛用のものではありませんが、(ネットショッピングでは販売されていなかったため似ているものをチョイス)天然木のためメンテナンスすることによって風合いも出てきます。

また紙ヤスリは汚れ具合などによって、番数(#番号)の小さなものから順番に使用していくとよりキレイな仕上がりになりますよ。※番数の小さいほど目が荒いです。

画像1: カッティングボードのメンテナンス&リメイクに挑戦!木製の食器を長持ちさせる方法とは?
下村工業 キッチンバー カッティングボード KIB-605
本体サイズ:26.5×16×1.5cm
本体:天然木
生産国:中国
¥1,136
2021-02-16 13:46
画像2: カッティングボードのメンテナンス&リメイクに挑戦!木製の食器を長持ちさせる方法とは?
KAKURI 紙ヤスリMIXセット 12枚入(#80・#150・#240・#400×各3枚)
セット内容:#80×3枚、#150×3枚、#240×3枚、#400×3枚
サイズ:93×230mm
#80:材料の粗磨き、塗装はがし、ゴミ・サビ落とし、バリ取りなど
#150:材料の磨き、サビやコゲの研磨、汚れの除去など
#240:塗装前の下地研磨、傷の研磨など
#400:仕上げ磨き、重ね塗りの調整、研磨傷の修復など
入数:12枚
¥436
2021-02-16 13:03
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.