キャンプで食べる炭火焼き料理って最高ですよね。でも「本格的に調理するのって難しそう…」と感じる方も多いのではないでしょうか。そこでそんなお悩みを解決してくれるのが、LOGOS(ロゴス)の「炭火もも焼き器」です。今回は、炭火焼き料理を簡単にしかも本格的に作れてしまう調理器具「炭火もも焼き器」をご紹介します!

ロゴス「炭火もも焼き器」はこんな人におすすめ!

ロゴスの「炭火もも焼き器」は、特にこんな方におすすめです。

キャンプで手軽に炭火焼き料理を楽しみたい方に!

画像10: 筆者提供

筆者提供

炭火もも焼き器は、キャンプやアウトドアで手軽に炭火焼き料理を楽しみたい方に特におすすめです。

普通の焼き網では、お肉の焼き加減をひとつひとつ確認したり結構手間ですよね。

この「炭火もも焼き器」ならフライパンを振るような感覚で、手軽に炭火焼き料理が作れるのはありがたいところ!

時短でも本格的な炭火焼きが楽しめます。

ポップコーンメーカーとしても活躍! 

画像11: 筆者提供

筆者提供

LOGOS(ロゴス)の「炭火もも焼き器」は、お肉を美味しく焼くだけではありません!

フタ付きという機能性を活かして、ポップコーンもお手軽に作れちゃうんです!

画像12: 筆者提供

筆者提供

【簡単なポップコーンの作り方】

  1. ポップコーンの種に油を絡ませる。
  2. 「炭火もも焼き器」に投入し、フタを閉める。
  3. 焦がさないように注意しながら、熱が均等に行き渡るように火にかける。
画像13: 筆者提供

筆者提供

ポップコーンの種が加熱されると「ポンっ」という音とともに出来たての香ばしい香りが広がります。

サッと塩コショウするだけで簡単に楽しめるのもいいですね。

もちろん手作りポップコーンの味は、格別です!

また、もも肉やポップコーンだけに限らず、コーヒー豆の焙煎やナッツの焙煎にもおすすめです。

ロゴス「炭火もも焼き器」はこんな人には向かないかも! あくまで焚き火やキャンプで使うことを前提に

画像14: 筆者提供

筆者提供

この炭火もも焼き器は、直火で使用することを前提に作られています。

しかし、ガスコンロでの使用にはおすすめしません

ガスコンロには、「Siセンサー」という火力を自動で制御するものが多く、網焼きの場合、焼き加減にムラが出てしまうことも。

そのため、「自宅での併用もしたい」と考えている方には、少し使い勝手が悪いと思います。

何より「炭火で焼く」からこそ、素材の美味しさが引き立ちますので、ぜひその良さを体感してみてください!

ロゴス「炭火もも焼き器」の評判・口コミ

SNSでも「炭火もも焼き器」の評価は高い様子。

やはり炭火で焼いた焼き鳥は格別においしいですよね!

ロゴス「炭火もも焼き器」は炭火焼き料理を手軽に楽しめる万能調理アイテム! おつまみづくりに最適 

画像15: 筆者提供

筆者提供

LOGOS(ロゴス)が販売する「炭火もも焼き器」は、手軽なのに本格的な炭火焼き料理を作ることができます。

お肉だけでなく、ポップコーンやナッツの焙煎などにも便利でキャンプでのおつまみづくりに重宝!またコンパクトで持ち運びもしやすく、調理小物の収納アイテム代わりにも!

炭火焼きに挑戦したい!」という方には特におすすめのアイテムです。

今回は筆者の中で炭火焼き料理を作るのに欠かせないアイテム、LOGOS(ロゴス)の「炭火もも焼き器」をご紹介しました。

▼その他の炭火料理や、おうちでも楽しめる焼き物アイテムもチェック!

This article is a sponsored article by
''.