真冬のキャンプは虫もいなくて良いのですが、寒さへの装備や知識を持たないと危険な場合も!?
そこで、まずは冬のキャンプ場へ行ってみることから始めませんか?デイキャンプのスケジュール感や楽しみ方、注意ポイントなどをお伝えします。

無理は禁物!真冬のキャンプ

画像: 筆者撮影:12月下旬 千葉県君津市:8時頃のキャンプ場 https://campeena.com

筆者撮影:12月下旬 千葉県君津市:8時頃のキャンプ場

朝晩の気温が0度近くまで冷えこむ季節。寝る時の寒さ対策や防寒着の用意が重要なのは、想像できると思うのですが、撤収時にもコツと経験が必要です。

画像: 筆者撮影 https://campeena.com

筆者撮影

土の地面には霜柱が立ち、芝生や落ち葉にも霜が降りるのですが、これがなかなか…溶けて乾くまでに時間がかかります。また、テントにも霜がおりたり、結露で濡れてしまったりするので、乾燥撤収にとても苦労するのです。

画像: 筆者撮影:2月上旬 南房総市 https://campeena.com

筆者撮影:2月上旬 南房総市

同じ時期でも、晴れの日と曇りの日・風のある日とない日では、体感温度が大きく異なるのも冬の特徴。「風速が1m強くなると、体感温度は1度下がる」とも言われていますので、無理せずアウトドアを楽しんでいただけたらと思います。

デイキャンプって、どんな感じ?<1日の流れ>

画像1: 【冬デイキャンプ】ビギナーにおすすめ!無理せず家族で楽しめるアイディアや注意ポイントを紹介

10:00 キャンプ場にチェックイン
一般的に、デイキャンプ利用は午前10時前後〜16時位の場合が多いので、前日から泊まられていた方々が片付けに追われています。
デイキャンプは滞在時間が短いので、渋滞で遅くなってしまわないよう、近場のキャンプ場を選ぶのもポイントです。

画像2: 【冬デイキャンプ】ビギナーにおすすめ!無理せず家族で楽しめるアイディアや注意ポイントを紹介

10:15 設営&遊び開始
サイトに到着すると、早速始まる遊びタイム。デイキャンプでも、フルで遊べば5時間以上!設営を簡略化すればするほど、みんなで楽しめる時間が増えますね。

画像3: 【冬デイキャンプ】ビギナーにおすすめ!無理せず家族で楽しめるアイディアや注意ポイントを紹介

12:00 お昼ご飯
食事は焦らずゆっくりとりたいところ。後片付けを考えると、12時には食べ始めておくと安心ですね。
最初は、準備に時間のかかるメニューは避けて、せいぜい〜1時間で準備できるメニューがオススメです。

画像4: 【冬デイキャンプ】ビギナーにおすすめ!無理せず家族で楽しめるアイディアや注意ポイントを紹介

14:30 片付け開始
まずは洗い物からスタート。チェックアウト時間の30分前完了を目指してスタートすると、焦って片付ける必要がないので、最後まで余裕を持って楽しめます。

画像5: 【冬デイキャンプ】ビギナーにおすすめ!無理せず家族で楽しめるアイディアや注意ポイントを紹介

16:00 撤収を終えて、家路へ
日が傾き、寒くなってくるころには撤収完了。夕方の渋滞は避けられませんが、使ったギアも少ないので、帰宅後の片付けがとっても楽です。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.