こんにちは。パンダ食堂フードコーディネーターのノガワアヤです。11月上旬に夫婦キャンプデビューをしてきました。計4回に分けて書いてきた初めてのキャンプ記事も今回が最終回です。今回は一番楽しかった焚火、使用した調理グッズや作った料理についてご紹介させていただきます。

キャンプメインイベントの焚き火 アイテムやポイントまとめ

画像: イメージ画像

イメージ画像

今回のキャンプで一番のメインイベントは『焚き火』!!

ただ、車も小さいし家に置いておくスペースもそんなにない。ということで、コンパクトだけれども、それなりに焚き火も楽しめるサイズの焚火台を購入しました。

予算もなるべく抑えて揃えたアイテムをご紹介していきます。

焚き火に必要なもの

今回焚き火をするのに用意したものが下記です。(写真に写っていないものもあります)

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

  • 焚き火台(UCO)
  • 焚き火台シート(ロゴス)
  • 着火剤(ダイソー)
  • 火ばさみ
  • 耐熱グローブ(ワークマン)
  • 火吹き棒(セリア)
  • 火おこし器(ニトリのキッチンツールスタンド)
  • チャッカマン

極薄!PCよりも薄い??UCOの焚き火台

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

用途としては、焚き火だけではなく、BBQや料理も出来るサイズのもの。ということで探しました。

ブログやYouTubeを見漁った中で、YouTuberの「少年かむいカレーライス。soto飯」さんが使っていたUCOの焚き火台がカッコよくて良さそう!と思い、購入しました。

画像1: 【キャンプデビュー】初めての夫婦キャンプその4~焚火・調理グッズ・料理編
UCO(ユーコ) アウトドア キャンプ 焚火台 フラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット 専用収納ケース付 【 日本正規品 】 27175
サイズ:25×33cm
材質:ステンレス
重量:1.73kg
付属品:網用ハンドル、収納ケース
仕様:わずか30秒で組み立てられるコンパクトな焚火台
※付属の網を付けた時にパネルが完全に開きます
¥7,140
2020-11-30 15:29

この焚き火台の特徴としては、とにかく薄くてコンパクト!

組み立てた時もゴツすぎず、スタイリッシュでかっこいいです。

私が使っているPCと比較をしてみたところ、

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

画像: 筆者撮影 横からの大きさ

筆者撮影 横からの大きさ

PCのサイズ
360×256×23.5(最厚部)mm
重量:2.3kg

UCO焚き火台のサイズ
375×270×35.0 mm
重量:1.7kg

設置方法ですが、脚を下に下ろしてクロスさせるだけ。10秒くらいで簡単に組み立てられます。

付属品としては、収納袋、ハンドル、網がついています。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

網はしっかり本体にハマるのですが、完全にはめ込んでしまうと、炭や薪が追加しづらいため、縦に置いて使うことに。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

または、100均の水切り網がオススメ!という情報を得ていたので、この2パターンを試してみました。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

小さめのやかんやお鍋でお湯を沸かしたり、ちょっとした焼き物をするくらいだったら、この100均の網でも十分です!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.