近年盛り上がりを見せている「車中泊ソロキャンプ」。挑戦したい方も多いのではないでしょうか?ただ、「車中泊って快適なの?」「必要なグッズが知りたい!」と、気になる事も多いはず。そこで車中泊愛好家の筆者が、愛車のエクストレイルt31での車中泊ソロキャンプで使用しているグッズを一挙公開!これから車中泊を始めてみたい方や、車中泊を始めて間もない方は是非チェックしてみてください!

【車中泊ソロキャンプおすすめグッズ②】『サンシェード』暑さ・寒さ対策とプライバシー保護に必須!

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

サンシェードも、車中泊ソロキャンプで外せないグッズの1つです。

サンシェードが必要な理由としては、以下の2つ。

  • 暑さ・寒さ対策
  • プライバシー保護

暑さ・寒さ対策

冬の車中泊で、車内の温度が一番奪われる場所は「窓」

車の窓は断熱処理が施されておらず、車体の中でも最も薄い場所なので、対策をしないとどんどん熱が奪われていきます。

画像7: 筆者

筆者

標高が高いキャンプ場であれば、真冬でなくても夜の気温は低くなりやすいため、サンシェードでの対策は必須と言えます。

また、夏のキャンプの場合、朝になり日差しが車内に入り始めると車内温度は一気に上昇し、眠れないどころか体調不良の原因にもなりかねません。

そのため暑さ・寒さ対策のためにサンシェードは重要です。

プライバシー保護

また、サンシェードはプライバシー保護のためにも必要です。

私は体験したことはありませんが、車中泊中に窓から車内を覗かれた…という怖い話はチラホラ聞いたことがあります。

画像8: 筆者

筆者

プライバシー保護や安全の確保ためにも、サンシェードは必須と言えるでしょう。

筆者が使用しているサンシェードは、趣味職人の「プライバシーサンシェード」です。

画像2: エクストレイルt31で車中泊ソロキャンプ! おすすめグッズを一挙紹介! マット・寝袋・網戸など
エクストレイル T31系 カーテン サンシェード 車中泊 グッズ プライバシーサンシェード フルセット T31 NT31 TNT31 ニッサン 【車用カーテン/カーフィルム/カーシェード/日除け/目隠し/パーツ/専用/ワンタッチサンシェード/送料無料】
★防水・遮光プライバシーサンシェード登場!車内の着替え,宿泊、盗難防止、エアコン安定による燃費向上!カーテンタイプと違ってレールを付ける必要もございません。吸盤による簡易脱着なので誰でも簡単に何度でも装着できます。キャンプ、海、サーフィン、スノボ、スキーに大活躍です! 【商品内容】 1.フロントガラス1枚 2.サイドドアガラス2枚 3.後部座席ドアガラス2枚 4.クウォーターガラス2枚 5.リアガラス1枚※リアセットも別途販売しております。 ※フロントセットも別途販売しております。 【適合車種】 ★エクストレイルT31系 ※各グレードも上記適合車種とおなじガラス形状であれば装着可能です。...
¥ 26,400
2020-10-23 18:09

車種ごとに作成されており、なんと約300車種のサンシェードが用意されているとのこと。

DIYがお好きな方はサンシェードを自作されているようですが、隙間なく丁寧に裁断されているサンシェードを購入するというのも良いかと思います。

【車中泊ソロキャンプおすすめグッズ③】『寝袋』 どの季節に車中泊キャンプをするかが選ぶポイント!

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

続いては寝袋。

寝袋を選ぶポイントとしては、「どの時期に車中泊キャンプをするか」が大事かと思います。

夏用や3シーズン用、冬用などがありますが、冬にも車中泊をする予定がある場合は冬用を1つ持っておけば良いと思います。

画像9: 筆者

筆者

冬用があれば、夏場は寝袋を広げて掛け布団のように使うこともできます。ちなみに筆者は夏は寝袋を使わず、自宅からタオルケットを持参しています。

また、マットレスと同様で、車中泊の場合は収納時に多少かさばったとしてもあまり問題ではありません。

登山やツーリングキャンプでの併用も考えている方は、収納時サイズや重量も検討材料に入れてみてください。

筆者が愛用しているのはモンベルの「ダウンハガー650 #0」

画像3: エクストレイルt31で車中泊ソロキャンプ! おすすめグッズを一挙紹介! マット・寝袋・網戸など
【モンベル】ダウンハガー650 #0
モンベル独自のスーパースパイラルストレッチ™ システムを採用した「伸びる寝袋」。650フィルパワーの高品質ダウンをボックス構造で封入し、軽量コンパクトながら高い保温性を備えています。トンネルフードやネックバッフル、ドラフトチューブなどさまざまな構造で寒気を遮断し、国内の3,000m級の冬山で使用できるモデルです。

モンベルのダウン素材の寝袋の中で、最も安価なシリーズが「ダウンハガー650」です。

画像10: 筆者

筆者

安価な分、収納時に若干かさばりますが、車移動のため問題ありません。

冬の車中泊を想定している場合、モンベルの寝袋の#0や#1など、冬用のものを選ぶことをおすすめします。

ちなみにモンベルの寝袋には長期保管用(自宅の押し入れなどで保管する時に使う)のストリージバッグが付属するのでおすすめです!

▼ダウンハガーの選び方はこちらをチェック!

【車中泊ソロキャンプおすすめグッズ④】『LEDランタン』 車中泊は火を使わないLEDを必ず選ぶこと!

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

車中泊初心者の方が忘れがちなグッズが「LEDランタン」

画像11: 筆者

筆者

夜のキャンプ場やサンシェードを取り付けた後の車内は、真っ暗!

「車内灯を点ければ良いじゃん!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、要注意!

車内灯を付けっぱなしにしておくと、翌朝にはバッテリーが上がってしまいエンジンがかからなくなる可能性が高いです。

また、車内で火を使うことは絶対に避けましょう。

換気が十分でない車内で火を使うと一酸化炭素中毒となる恐れがある為、車中泊の場合は必ずLEDランタンを選択してください

画像12: 筆者

筆者

車内はあまり広くありませんから、高性能のものでなくても大丈夫。

お気に入りのLEDランタンを1つ用意しましょう。

筆者が愛用しているLEDランタンはBALMUDAの「The Lantern」

画像4: エクストレイルt31で車中泊ソロキャンプ! おすすめグッズを一挙紹介! マット・寝袋・網戸など
バルミューダ LEDランタン BALMUDA The Lantern L02A (ブラック)
BALMUDA The Lanternは、日常の何気ない時間を、少しだけ特別に彩るLEDランタンです。
バッテリー内蔵で部屋中どこでも、アウトドアにも持ち出してお使いいただけます。
操作はダイヤルを回すだけ。光の明るさに応じて暖色から温白色へと色合いが変化するので、シーンにあわせてお使いいただけます。
¥14,380
2020-10-23 19:50

デザインだけでなく、雰囲気に合わせた光に調整できたり、アウトドアでも安心な設計になっていたりと、使い勝手の良さが魅力のLEDランタン。

キャンプだけでなく自宅でも高頻度で使用しているお気に入りのランタンです。

▼レビュー記事はこちら

This article is a sponsored article by
''.