雄大な自然の中で楽しむ北海道キャンプ、いつかは体験したいと憧れる方も多いのでは?私たち野あそび夫婦もついに先日、カスタムしたバンで北海道のキャンプ場を巡ってきました。前回はそのバンキャンプ旅で活躍したギアをご紹介しましたが、今回は北海道でぜひ泊まってほしいおすすめのキャンプ場3つと感動のキャンプ体験をお伝えします!

北海道おすすめキャンプ場(3) ニセコサヒナキャンプ場

筆者撮影

最後のオススメはニセコサヒナキャンプ場。

とにかく、キャンプ場の美しい世界観に魅了されました。

自然とキャンプを120%楽しむための隙のない整備

筆者撮影

敷地に入った瞬間、ゆるやかな時が流れて自然に溶け込んだ場内。

よく観察すると、その過ごしやすさは計算し尽くされたデザインと設備と細やかな手入れの上に成り立っているようで。至る所で小さなハサミを持ったスタッフさんが植木を繊細に整えていました。

筆者撮影

筆者撮影

キャンプサイトはそれぞれ程よい距離があり、水はけのよい地面に美しいファイヤーサークル。
掃除がしやすいように工夫されていました。

筆者撮影

ちなみにこの麦畑はキャンプ場の隣の農家さんの畑だそう。

毎年いろんな作物を植えていて、今年はたまたま麦、さらにたまたまそんな麦畑が目の前のサイトに泊まれた! という奇跡のショットです。

筆者撮影

美しいセンターハウス。

冬は大きな薪ストーブの周りで団欒できるとか。冬もぜひ訪れたい……!

運良くオーナーさんとお話することができて、いろんな商売をされながらも「自分にとってキャンプ場は自分の理念を表現をする大切な場所なんだよ」と、深いお話を聞かせていただきました。

筆者撮影

こちらは2020年8月1日に場内にオープンしたお蕎麦屋さん。このお店とキャンプ場のテーブルやライトはほとんどがオーナー自分らデザインした特注だとか。だからこの世界観……。納得です。

【ニセコサヒナキャンプ場】

  • チェックイン:13:00~ ※17時以降は要連絡
  • チェックアウト:〜11:00
  • 電話番号:0136-58-3465
  • 住所:北海道磯谷郡蘭越町字湯里224-19

自然のなかにちょこっとだけお邪魔する はじめてのキャンプ体験

北海道は無料のキャンプ場やキャンピングカーも多く、生活とキャンプが無理せず一体化しているように感じました。

そしてなにより、壮大な自然に囲まれたロケーションは想像以上。ひとつめの朱鞠内湖畔キャンプ場での夜が印象的でした。

大地に包まれるキャンプ体験

画像20: 筆者撮影

筆者撮影

少しずつ少しずつ日が沈み、いよいよ焚き火の時間。

今まで行ったことのあるキャンプ場と比にならないくらいの、静寂と暗闇に包まれます。⠀

人がいない訳ではなく、みんな湖畔に溶け込むみたいにひっそりと過ごしているのです

「自然の中にお邪魔しているんだから当たり前でしょ」というふうに。

灯りも、手元を照らす最小限と焚き火だけ。
ゴウゴウと眩しいくらい燃え唸るランタンを使ってる人はひとりもいない。
私たちも慌てて全部のライトを消しました。

筆者撮影

まさに、雄大な自然に"包まれる"感覚。

あぁこれが "キャンプ" かぁと、しみじみ。

画像22: 筆者撮影

筆者撮影

ふと見上げると、今にも降り注いできそうな星空。
地面に寝そべって時間を忘れるくらい眺めました。

またこの場所にこれますように。
早くみんなが安心して過ごせる日々が戻りますように。

心の中でそっとお祈りしました。

北海道のオススメキャンプ場と雄大な自然に包まれるキャンプ体験

北海道で巡ったオススメのキャンプ場、いかがでしたか?

営業期間が秋までの場所もありますので、事前によく調べてお出かけくださいね!
最高のキャンプ体験、あなたもぜひ経験してみてください。

▼こちらの記事もどうぞ!▼

This article is a sponsored article by
''.