2010年秋。アメリカ・テキサス州オースティンで設立されたKammok(カモック)。ハンモックをテントへと昇華させた同ブランドのユニークなアイテム作りの独創性と圧倒的な存在感はキャンパーの間でもじわじわと注目を集めています。待望の新作をご紹介していきます!

ハンモックにも自立式テントにもなる全天候型ハンモックテント「サンダ2.0」by Kammok(カモック)

画像1: ハンモックにも自立式テントにもなる全天候型ハンモックテント「サンダ2.0」by Kammok(カモック)

サンダ2.0は自立式2名用テントと1人用オールインワンのハンモックテントです。

画像2: ハンモックにも自立式テントにもなる全天候型ハンモックテント「サンダ2.0」by Kammok(カモック)
画像3: ハンモックにも自立式テントにもなる全天候型ハンモックテント「サンダ2.0」by Kammok(カモック)

その特徴は何と言っても4本のシンプルなポール構造で素早い設営、テントからハンモックへの移行が可能な点。フルクローズも可能で、場所を選ばずスタイルに合わせたキャンプを楽しむことができるでしょう!

画像4: ハンモックにも自立式テントにもなる全天候型ハンモックテント「サンダ2.0」by Kammok(カモック)

草原から岩山までどんな環境でも対応でき、テントからハンモックスタイルへの移行はわずか約60秒ほど。レインフライは初めからインナーに吊り下げられているため、設営・撤収の簡略化を実現してくれています。

画像5: ハンモックにも自立式テントにもなる全天候型ハンモックテント「サンダ2.0」by Kammok(カモック)

サンダ2.0 価格¥69,800(税別)
【SPEC】
重量:約2,700g
耐荷重:181kg
サイズ:(テント時)127×257×102cm (ハンモック時)127x254cm
収容人数:(テント時)2名 (ハンモック時)1名
付属品:本体+レインフライ、フットプリント、DACポールセット、ガイライン×6、DACペグ×6、 パイソン10ストラップ×2、ミニカンガクローカラビナ×2(本体に付属)、収納袋

軽量で持ち運び可能なハンモックスタンド「スィフトレット」by Kammok(カモック)

画像1: 軽量で持ち運び可能なハンモックスタンド「スィフトレット」by Kammok(カモック)

アルミ素材で高い耐久性ながら軽量なので持ち運びも簡単。自宅のベランダや庭での使用はもちろん、オートキャンプなどのアウトドアでも活躍間違いありません。

パーツを変えることで、ショートとロングでの使い分けができ、ハンモックチェアとして使用できます。

スィフトレット 価格29,800(税別)
【SPEC】
総重量:7.9kg
ショートバー:5.7kg
ロングバー:6.6kg
付属品:キャリーバッグ
※ハンモックは別売りです

画像2: 軽量で持ち運び可能なハンモックスタンド「スィフトレット」by Kammok(カモック)

日本のフィールドにフィットしたカモックのハンモック。来年の春夏は、キャンプにハンモックを取り入れてみてはいかがでしょう。

お問い合わせ:ビッグウイング
06-6167-3005
https://www.bigwing.co.jp/

▼こちらの記事もどうぞ

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.