山梨県の河口湖近くにある「ニューブリッヂキャンプ場」は、富士山と湖の美しい景色と、1万5,000㎡の広い敷地が自慢の老舗のキャンプ場です。レジャースポットには困らない抜群の立地にありながら価格はリーズナブルで、施設やサービスも充実しています。気軽にキャンプを楽しみたい方におすすめのキャンプ場です。

「ニューブリッヂキャンプ場」の特徴

画像1: 編集部撮影

編集部撮影

「ニューブリッヂキャンプ場」にはオートキャンプサイト、フリーテントサイト、バンガローがあります。

オートキャンプサイトとバンガローは湖畔側と林間側があり、どちらかを選ぶことができます。

画像2: 編集部撮影

編集部撮影

画像1: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

のびのび過ごしたい方にはフリーテントサイトがおすすめ。日陰をしっかり確保してくれる林間にあり、暑い夏でも涼しく快適です。

木と木の間隔が狭い場所もあるので、ハンモックテントを持っている方は持参するといいでしょう。

▼「おぎやはぎのハピキャン」ロケでも使用されました!

画像: Photographer 吉田 達史/シーズン15「おもてなしキャンプ」の様子

Photographer 吉田 達史/シーズン15「おもてなしキャンプ」の様子

「ニューブリッヂキャンプ場」は、リーズナブルな利用料金も魅力のひとつ。場内使用料とテントスペース代のみで利用できるので、お財布にとても優しいです。

頻繁にキャンプに出かける方や、お得にキャンプを楽しみたい方には嬉しいですね!

画像2: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

また、BBQ食材の手配やキャンプ用品のレンタルも可能で、特にレンタル品の品揃えがよいと評判です。手ぶらキャンプにも対応しています。

無料貸出品もあるので、一度覗いてみるといいでしょう。

トイレやシャワーなどの水回りはきれいで、キャンプ場には24時間管理人が常駐しています。

キャンプ初心者や女性ソロキャンパー、小さなお子さんがいる方も安心です。

画像3: 編集部撮影

編集部撮影

きちんと仕分けをしておけば、ごみの処分もしてくれます。ごみの持ち帰りの心配をしなくていいのはありがたいですね!

「ニューブリッヂキャンプ場」おすすめポイント

画像4: 編集部撮影

編集部撮影

「ニューブリッヂキャンプ場」の特徴は、なんといってもその立地。

河口湖にかかる唯一の橋「河口湖大橋」(通称ニューブリッヂ)の橋のたもとにあり、富士山の絶景を楽しめるのはもちろんのこと、周辺にはたくさんの観光スポットが集まっています。

キャンプだけでなく、それ以外もめいっぱい楽しみたい!という方にぜひおすすめしたいキャンプ場です。

画像5: 編集部撮影

編集部撮影

「ニューブリッヂキャンプ場」周辺にはいろいろな観光施設があるので、キャンプ場を拠点にして観光スポットめぐりもいいですね。

テーマパークや温泉、美術館、ご当地グルメも手軽に楽しめますよ。

画像3: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

また「ニューブリッヂキャンプ場」は河口湖の中でもバス釣りスポットとしても有名で、50cm超えの大物も釣れるとか。

釣り好きの方なら、一日中じっくり釣りを楽しむといった過ごし方もいいですね。

「ニューブリッヂキャンプ場」利用者の声

画像4: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

「夏は林間サイトが涼しく、天気が良ければ富士山が見えます。サイト自体が割と広いので、やりたいことが自由にできます。最近は焚き火が人気で焚き火台もレンタルしています。林間サイトには唐松の落ち葉が堆積していて、地面が柔らかいのでシートを敷いてそのまま寝ても気持ちいいです。

人気なのは湖畔サイト。ペットもマナーを守ればOKです。薪や炭のカスやゴミも置いていけるのが嬉しいです。林間サイトの唐松に四季があり、夏は新緑、秋は紅葉、冬は葉がないので日光が差し込んで暖かいです。富士山が澄みきって見えるのは冬です。

スタッフの方は常駐なので何かあっても対応可能で安心です。周りにスーパーや病院、ホームセンターなどの施設が揃っているので便利でした。」

(キャンプ歴:1年未満、訪問時期:8月上旬、誰と:友人と)

画像5: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

都心から車で1時間半と、アクセスのよさが魅力の「ニューブリッヂキャンプ場」。週末にソロでふらっと行くのもよし、夏休みなどに家族でがっつり楽しむのもよし、オールマイティに楽しめるキャンプ場です。

次のお休みの行き先が決まっていない方は、候補のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.