長い登山の末、山頂の絶景を眺めながらいただく山ご飯って格別ですよね!そんなときに活躍する調理アイテムが「シングルバーナー」です。お湯を沸かせたり簡単な調理には欠かせません。今回はそんなシングルバーナーの中でも筆者が愛用しているSOTO(ソト)の「ウインドマスター」をご紹介します。

シングルバーナーとは、簡単な調理にピッタリな火起こし装置! 携帯性もよく登山などで大活躍 

画像1: 筆者提供

筆者提供

シングルバーナーは、コンパクトに収納でき手軽に持ち運べるのが最大の特徴です。小さなガス缶にセットして使うことのが一般的で「ストーブ」などと呼ばれることも。

そんな便利なシングルバーナーで筆者が特に愛用しているのが、SOTO(ソト)の「ウインドマスター」です。

その名の通り、風に強く安定した火力が保てるため、筆者はアウトドアシーンでは必ず持っていくほど。

コンパクトで使い勝手が良くさまざまな場所で活躍するウインドマスターの魅力をご紹介します。

画像2: 筆者提供

筆者提供

【SOTO(ソト)/ マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310】

  • 使用サイズ:幅90mm×奥行117mm×高さ100mm
  • 収納時サイズ:幅47mm×奥行51mm×高さ88mm
  • 重さ:約67g(本体+ゴトク)
  • 素材:ステンレス、樹脂(点火スイッチ)
画像1: 【筆者愛用】SOTOのウインドマスターは風に強いシングルバーナー!超軽量で山ご飯作りにマスト
ソト(SOTO) マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310 キャンプストーブ
原産国:日本
材質:バーナー・ゴトク・器具栓つまみ=ステンレス、点火スイッチ=樹脂
本体サイズ:収納時=幅4.7×奥行9.0×高さ8.8cm、3本ゴトク使用時=幅9×奥行11.7×高さ10cm、4本ゴトク(別売)使用時=幅9×奥行11.7×高さ10cm
重量:3本ゴトク使用時=67g、4本ゴトク(別売)使用時=87g
ゴトク外径:直径100mm
発熱量:3.3kW(2800kcal/h)
使用燃料:SOTO製品専用容器(OD缶)
使用時間:SOD-725T使用時=約1.5時間、SOD-710T使用時=約0.8時間
付属品:3本ゴトク(トライフレックス)、専用収納ケース
¥7,623
2020-09-20 18:10

▼ウインドマスターとセットで使うガスには、こちらの「パワーガス250トリプルミックス SOD-725T」がおすすめ!

画像2: 【筆者愛用】SOTOのウインドマスターは風に強いシングルバーナー!超軽量で山ご飯作りにマスト
ソト(SOTO) パワーガス250 トリプルミックス SOD-725T
本体サイズ:直径11×高さ9cm
本体重量:385g
原産国:日本
NET:230g
成分:液化プロパン・液化イソブタン・液化ブタン
¥600
2020-09-20 18:12

【SOTO・ウインドマスターの魅力1】組み立て型でどこでも持ち運びOK!しかも丈夫

画像: 【SOTO・ウインドマスターの魅力1】組み立て型でどこでも持ち運びOK!しかも丈夫

SOTO(ソト)の「ウインドマスター」は、手のひらサイズのコンパクトなシングルバーナーです。

ガス量を調整する「器具栓つまみ」がついた本体と調理器具を支える「ゴトク」がセットになっています。

画像3: 筆者提供

筆者提供

重さは67gと非常に軽く、コンパクトに持ち運びが可能。

専用の収納ケースが付属していて、携帯するのに役立ちます。小さい器具なので、ケースに本体とゴトクをまとめておけば、紛失したりすることもグッと少なくなりますね。

【SOTO・ウインドマスターの魅力2】風に強く安定的な火力が保てる&寒い場所でも抜群の火力!

画像4: 筆者提供

筆者提供

天候や風向きが変わりがちな山頂などでは、一定量の火を保つのもひと苦労。

ですがこのウインドマスターは、優れた耐風性を持ち安定して使用することができます。

寒さにも強く、外気温マイナス5℃の環境でも2,800kcal/hの火力を発揮

山で飲む美味しいコーヒーの影には、ウインドマスターの高い機能性が無くてはならないとつくづく実感しました。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.