テントサイトのレイアウトで欠かせないのがキャンプギアの収納ラック。ちょっとした小物を置いておくのはもちろん、熱した調理器具など置けるものが便利ですよね。そこで筆者が愛用しているのは、丈夫で耐熱性にも優れた尾上製作所の「フォールディングラック」をご紹介します。

【フォールディングラックの魅力3】サイドテーブルなどにも使えてお部屋のインテリアにも映える!

画像7: 筆者提供

筆者提供

フォールディングラックは、お部屋のインテリアにも抜群です。小物やよく読む雑誌や本などお気に入りのアイテムをディスプレイ。

棚部分が3段あるので、用途やアイテムにごとに分類しています。

シンプルなブラックカラーは、しっかりと空間に溶け込んでくれるため場所を選ばず活躍してくれます。

筆者はDIYが趣味なので、たまに作業用ラックとしても活用しています!

木くずや塗料など割と汚れやすい作業のときでも、お手入れもしやすくとても重宝しています。

そして、しっかりした作りなので工具やビスをまとめておいても安定してストックが可能!場所にとらわれず、使えるのでとても便利です。

【気になるところ】スチール製のラックは重いので組み立てや取り扱いは慎重に!

画像8: 筆者提供

筆者提供

このフォールディングラック、ちょっとだけ惜しいのは、5.5kgと重さがあることです。スチールを使った製品なので、しっかり重みが出てしまうのは仕方ない部分ですが、持ち運びにはちょっと不便。

最近では、アルミやカーボン素材など軽量化されたアウトドアギアも多いのでそのギャップもあるかもしれません。

だからこそ、棚1段につき10kgの荷重に耐える作りになっています。スキレットやダッチオーブンなどを置くことを考えたら、これくらいの強度がある方が安心ですよね。

尾上製作所(ONOE)のフォールディングラックはタフで使い勝手抜群! オシャレ収納家具にもおすすめ 

画像9: 筆者提供

筆者提供

尾上製作所の「フォールディングラック」は、熱した調理器具もそのまま置けるタフなスチール製でキャンプシーンなどで大活躍します。また、そのシンプルな佇まいはお家のインテリアにも映える、まさに万能アイテム!

老舗の家庭用品メーカーだからこそできる高い機能性は、ぜひ試してみてほしいところ。そして、スチール製で5,000円を切るコストパフォーマンスの良さも魅力です!(9/13時点Amazon価格)

今回はそんなアウトドア小物やお気に入りのアイテムをディスプレイして収納できるフォールディングラックをご紹介しました。汎用性高くておすすめです!

▼その他の「尾上製作所(ONOE)」アイテムや、おすすめラックも合わせてチェック!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.