ファミリーキャンパーのいく子です。今回、ハピキャン編集部よりチャムスの2020年新作テント『KOYA TENT(コヤテント)T/C 5』をお借りしました! 筆者が取材に訪れた展示会で一目惚れしたテントです。ポリコットンのツールームテントをチャムスが作るとこんなに可愛くなります!さらに、可愛いだけでなく、テントの中の過ごしやすさも過去最高でした。キャンプ場で家族と実際に泊まってきたので、詳しくレビューします!

チャムスの2020新作「コヤテントT/C 5」は季節を問わず快適なポリコットン製ツールームテント

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

テントにはたくさんの形があります。人数や天候、キャンプ場での過ごし方など、みなさん様々な面を考慮して選んでいると思います。そんな数あるテントの中でもファミリーに人気のツールームテントは、リビング(前室)と寝室を分けることができるタイプです。

今回ご紹介する『コヤテントT/C 5』は5m50cm × 3m50cmという大型なので、寝室は5人まで使えて、リビングルームも広々使え、とっても快適にテントの中で過ごすことができます。

T/C(ポリコットン)はポリエステルとコットンの混紡素材で、一般的なポリエステルテントと比べると透湿性があるので結露がしにくく、遮光性もある為、季節を問わず過ごしやすい空間を作ってくれます。

画像1: ファミリーにおすすめ! CHUMS(チャムス)の「コヤテントT/C5」は自然の中に家を建てたみたいな快適テントだった!
KOYA TENT T/C 5/コヤテントT/C 5(テント|タープ)(Free カラーなし): キャンプ用品|CHUMS(チャムス)|アウトドアファッション公式通販
CHUMS(チャムス)|アウトドアファッション公式通販|5,000円以上のお買い物で送料無料!!KOYA TENT T/C 5(Free カラーなし)
サイズH:220cm W:550cm L:350cm
アイテム詳細本体 / Polyester 65%, Cotton 35%
スカート/ 210D Nylon Oxford ( 耐水圧2000mm)
内装床 / 210D Polyester Oxford ( 耐水圧2000mm)
ポール/ Aluminium (3 本)
付属品ポール, ガイライン, フラッグ,カーテン,ペグ, 収納袋
重さ約32kg(本体/約20kg ポール/約12kg)
コヤテントT/C5 仕様

キャンプ場にお家を建てる! チャムス「コヤテントT/C 5」設営スタート

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

まずは大きな袋が2つドーンとあります。テントが入った袋が約20kg、ポールが入った袋は約12kg。合計すると約32kgとなっています。重いですね・・・。でも、ポリコットン素材はメリットが多い素材なので、この重さは仕方がない!

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

ただ、女性が1人で持って運ぶのは結構な力持ちさんでないと大変そうです。日々特に運動などしていない筆者が実際に持ってみたところ、担いで歩くのは難しかったです。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

早速設営スタート。テントを広げ、四角形になったら4隅をペグダウンします。この段階でちょっと大きさにビックリしました。前後に出入口があるので、少しわかりにくいかもしれませんが、赤いブービーバードが側面にプリントされているのが後ろ側になります。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

ガイラインとペグもしっかり付属しています。

2本だけグレーのガイラインが入っています。こちらをテントの前後に取り付けます。

今回ペグは自分のものを使いましたが、一般的なキャンプ場では問題なく使えるペグだと思います。ただ、キャンプ場によっては地面がとても硬かったり、逆に柔らかかったり、という事もあるので、ペグは何種類か用意しておくと安心です。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

ポールを組み立て、スリーブに通します。ポールはアルミ製の物が3本。結構長いので、設営する場合にはそれなりに広さが必要だと思います。トンネル型に近く、テントの大きさに対してポールの本数が少ないのが設営しやすいポイントでした。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

ポールの組み立ては息子にもお手伝いをお願いしました。こうやってちょっとしたお手伝いを頼むと、自分でテントを設営した感がありすごく喜んでくれます。しっかり差し込まれているかは、最後に大人が確認してください。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

チャムスのフラッグ! これ、とてもかわいいですよね。テントの屋根部分に取り付けますが、立ち上げる前に付けておくのが良いと思います。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

ポールをエンドピン(テントに付いている金属のパーツ)に差し込みます。反対側を差し込む時は少し力が必要になります。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

写真では手前から立ち上げてしまっていますが、本当は真ん中から立ち上げると良いそうです。さらに、この写真ではフラッグの付いているところからのガイライン(グレー)が出ていませんが、まずはこちらを引っ張って設営します。

筆者はトンネルテントの感覚で設営してしまったのですが、小屋テントは屋根の頂点になる部分がポイントになるので、そこからのガイラインを起点に設営するようです。

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

全体が立ち上がったら、本体に付いているサイドのベルクロテープをポールに巻き付けていきます。ここもちょっとしたお手伝いポイント! お子さんにも手伝ってもらいましょう。

残りのロープを取り付けて、ペグダウンし、テントをしっかり張ります。次にテント本体からのテープをペグダウンすれば、ほぼ完成!

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

テントの中にグランドシートを敷き、インナーテントを広げます。グランドシートは専用の物も販売されていますが、今回は筆者の使っている物を2枚並べました。

画像2: ファミリーにおすすめ! CHUMS(チャムス)の「コヤテントT/C5」は自然の中に家を建てたみたいな快適テントだった!
KOYA TENT 5 Ground Sheet/コヤテント5グランドシート(テント|タープ)(Free カラーなし): キャンプ用品|CHUMS(チャムス)|アウトドアファッション公式通販
CHUMS(チャムス)|アウトドアファッション公式通販|5,000円以上のお買い物で送料無料!!KOYA TENT 5 Ground Sheet(Free カラーなし)
画像13: 筆者撮影

筆者撮影

上部にバックルが付属していますので、取り付けていきます。下側にはフックが付いているので、テントのパーツに引っかけると完成です!

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

初めての設営だったこともあり、約1時間くらいかかりました。実はとてもわかりやすい設営動画がチャムス公式Youtubeにアップされていますので、こちらをご覧いただいてから設営すればスムーズにできると思います。

チャムス「コヤテントT/C 5」は広いからレイアウトの幅が広がる! テント内のスタイリングを楽しもう!

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

「コヤテントT/C 5」のインナーテントは最大5人分の寝袋が敷けるサイズ(3m30cm × 2m20cm)です。今回筆者は、コット3台とテーブルを置いてみました。細かい荷物はコットの下に入れてしまえば、3人で広々快適に過ごせる空間です。これなら夜にみんなでカードゲームなども楽しくできそう!

画像16: 筆者撮影

筆者撮影

前室部分は3m50cm × 3m20cmという広さがありますので、4人用のテーブルセットを置いてもまだ余裕アリ。調理器具の入ったコンテナや、物置に使えるベンチなど、全てのキャンプ道具を入れても、中でゆったり過ごせる空間が広がります。

画像17: 筆者撮影

筆者撮影

インナーテントを入れずに、シェルターとして使う事もできます。この場合は12人くらいは余裕で入れそうでした。

高さは約2mあり、背の高い方でも中で快適に過ごすことができます。これだけ広いといろんなレイアウトを毎回楽しめそうですね。

かわいいだけじゃない! チャムス「コヤテントT/C 5」の機能的な6つのポイント

1. 出入口と窓がたくさんあって通気性が良い

画像18: 筆者撮影

筆者撮影

出入口が前後左右と4ヶ所もあり、全てがメッシュにもなる仕様。更に、左右に2つずつ(合計4つ)メッシュになる小窓が付いていて、通気性バツグンです。

2. ブービーバードのマークに秘密が!

画像19: 筆者撮影

筆者撮影

テントの前後にあるブービーバードのマーク。実はメッシュになっていて、ファスナーで開閉できるようになっています。かわいいだけでなく、しっかり換気もできますよ。

3. お家みたいな小窓はカーテン付き

画像20: 筆者撮影

筆者撮影

専用のカーテンが付いた小窓はテントのアクセントになっていてとてもおしゃれ。こちらの窓はビニール製で、外の光を取り入れたり、景色を見たりすることができます。カーテンを閉めればしっかり目隠しも可能です。

4. 小物がしまいやすく見つけやすい

画像21: 筆者撮影

筆者撮影

インナーテントの内側にはメッシュのポケットが付いています。出入口を開ければ靴を脱がなくても入れやすく取り出しやすい場所というのも嬉しい! 失くしやすいものもココに入れておけば安心です。

5. フルスカートだから寒い季節も使える

画像22: 筆者撮影

筆者撮影

ツールームテントの中にはスカートが一部しかないものがありますが、『コヤテントT/C 5』はフルスカートです。これなら寒い季節のキャンプもOK! むしろ、寒い季節にこそ、コヤテントにこもってキャンプをしたいです。

6. 防犯対策になる便利なミニバックル

画像23: 筆者撮影

筆者撮影

テントの出入り口の下には小さなバックルが付いていて、これにファスナーのループを通すと防犯対策になります。今までいろいろなテントを見てきましたが、このバックルが付いているテントは初めてでした。完全な鍵にはなりませんが、夜寝る前にロックしておくと少し安心ですね。

快適に過ごせるチャムスのツールームテント 「コヤテントT/C 5」はファミリーキャンプにおすすめ!

画像24: 筆者撮影

筆者撮影

いかがでしたか? テント内で過ごす時間が増える秋からのキャンプ。よりテントの快適性をアップさせるのに、チャムスの『コヤテントT/C 5』はピッタリです。

季節を問わず心地よく過ごせるポリコットン製、前室も寝室も広々とした空間。これはみなさん欲しくなるテントだと思います。筆者もとても欲しくなりました。

『コヤテントT/C 5』の詳細はチャムス公式サイトをチェックしてみてください!

画像3: ファミリーにおすすめ! CHUMS(チャムス)の「コヤテントT/C5」は自然の中に家を建てたみたいな快適テントだった!
KOYA TENT T/C 5/コヤテントT/C 5(テント|タープ)(Free カラーなし): キャンプ用品|CHUMS(チャムス)|アウトドアファッション公式通販
CHUMS(チャムス)|アウトドアファッション公式通販|5,000円以上のお買い物で送料無料!!KOYA TENT T/C 5(Free カラーなし)

チャムスの2020新テントレビュー記事一覧

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.