ファミリーキャンパーのいく子です。先日、CHUMS(チャムス)の2020年展示会へ取材に行ってきました! かわいいブービーバードがトレードマークのアメリカ発ブランド、チャムス。ファッショナブルなアイテムがたくさんあり、キャンプやアウトドアをする方だけでなく、多くのファンがいる人気のブランドです。今年はクラシカルなキャンプギアもたくさん登場しますよ。それでは早速、2020年春に登場する新作アイテムをご紹介します!

本格的なポリコットンテントでグランピング気分! 3つの最新ラインナップを詳しくチェック!

チャムスというとポップなカラーのテントを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

今回ご紹介するのはシンプルなツートーンカラーのテントです。実は今回、キャンパーに人気のポリコットン素材のラインナップが新たに登場します。ポリコットン(T/C)はポリエステルの丈夫で乾きやすい機能と、コットンの良さである通気性と吸湿性の両方を兼ね備えた素材です。2020年春に発売される高機能で本格的なテント3つを詳しくチェックしていきます。

1. 移動型ハウス!『 KOYA TENT T/C 5』なら家で暮らすようにゆっくりくつろげる

画像1: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

レトロな山小屋のようなロッジ型テント。こちらは、サイドがほぼ垂直に立ち上がるので、有効面積がたっぷりとれます。付属するインナーテントを使えば、寝室とリビングをしっかりセパレート。また、インナーテントなしで、シェルターのように使う事も可能です。

画像2: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

入口部分には赤いふちがかわいい小窓があります。こちらの窓にはおしゃれなカーテンも付属。

画像3: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

さらに、上の小窓にはトレードマークのブービーバードが! 他にも、フラッグが付いていたり、とてもオシャレでかわいらしいポイントが盛りだくさんのテントです。

画像4: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

インナーテント内は大人が5人寝ることができる広々サイズです。また、後ろ側からも出入りができたり、窓が付いていたり、小物ポケットがたくさんあったり、細かい所までこだわって作られていました。

画像5: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

『 KOYA TENT T/C 5』の仕様
■ 素材
 メイン:ポリコットン(ポリエステル65%、コットン35%)
 スカート:210Dナイロンオックスフォード(耐水圧2,000mm)
 インナーテント:210Dポリエステルオックスフォード(耐水圧2,000mm)
 ポール:アルミニウム
■ サイズ
 全体:約 H220cm × W550cm × L350cm
 インナーテント:約 H200cm × W220cm × L330cm
 リビングスペース:約 H220cm × W320cm × L350cm
■ 重さ:約33kg(本体:約25.5kg / ポール:約7.5kg)
■ 付属品:ポール、ガイライン、ペグ、スタッフサック、フラッグ

2. みんなが振り返る!? おしゃれなオールドアメリカンスタイル 『A Frame Tent T/C 4』

画像6: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

一般的なAフレーム型テントとは違って、片側のサイドが開き、目隠しにも使える大型キャノピーが出てきます。これだけ大きいとタープがなくて快適に過ごせそう。とても珍しい形なので、キャンプ場で目立つことは間違いなし!

画像7: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

大人4人で寝ることができるサイズで、ファミリーキャンパーにはちょうど良さそうです。写真のようにデュオレイアウトだと、中でゆっくりくつろぐスペースも。後ろ側にも小窓が付いているので、換気がしっかりできます。

画像8: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

こちらの写真は、後ろから見たところです。スクリーンになりそうなオフホワイトがさわやかな印象です。設営しやすいスタンディングテープ付きです。

『A Frame Tent T/C 4』の仕様
■素材
 メイン:ポリコットン(ポリエステル65%、コットン35%)
 フロアー:210Dナイロンオックスフォード(耐水圧2,000mm)
 ポール:スチール
■サイズ
 全体:約 H220cm × W260cm × L210cm
■重さ:約22kg(本体:約13.5kg / ポール:約8.5kg)
■付属品:ポール、ガイライン、ペグ、スタッフサック

3. 人気のベル型で設営しやすく、過ごしやすい 『Booby House T/C 4』

画像9: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

ワンポールで設営しやすく、通気性もバツグンのベル型テント。キャンプ初心者の方からベテランの方まで、とても人気があります。

画像10: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

入り口部分にポールがあり、ちょっとだけひさしができます。これがある事でテントへの出入りがしやすく、雨などの侵入も防いでくれます。下のベンチレーター部分もしっかり上からカバーされているので、天気を気にすることなく換気ができます。

画像11: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

背面にはAC電源用のジッパーが付いているので、電源サイトでの使用も安心です。

画像12: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

大人4人が寝られるサイズ。室内の窓は大き目で通気性が良く、快適に過ごすことができます。こんな風にチャムスのギアでレイアウトを統一したら、楽しく過ごせそうですね。

『Booby House T/C 4』の仕様
■素材
 メイン:ポリコットン(ポリエステル65%、コットン35%)
 フロアー:210Dナイロンオックスフォード(耐水圧2,000mm)
 ポール:スチール
■サイズ
 全体:約 H240cm × W338cm × L338cm
■重さ:約14.2kg
■付属品:ポール、ガイライン、ペグ、スタッフサック

使いやすさ抜群! おしゃれなカラー新登場のポリエステルテント2選

ここでは、使い勝手の良いポリエステルのテント2つのニューカラーをご紹介します。どちらも大人3人が寝れるサイズで、デュオキャンプなら広々使えます。手軽に設営できるので、キャンプの他にもイベントやフェスなど様々なシーンで活躍しそうなテントです。

1. こんなサイズ感のツールームテントが欲しかった! 『Beetle 2 Room Tent 3』

画像13: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

リビングと寝室部分を分けて使う事ができる便利なツールームテントは大型のものが多く、少人数の時は持て余してしまう事もあります。そんな時にピッタリなテントが3人用サイズの『Beetle 2 Room Tent 3』。写真のレッドとブルーのニューカラーがこの春登場します!手軽に設営でき、前室部分の高さは180cmあるので、動きやすさも抜群です。

画像14: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

インナーテントにはポケットもあり、後ろ側も窓が開くようになっています。

画像15: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

後ろのベンチレーターでしっかり換気ができます。このレッドとブルーのカラーはチャムスらしく、気分も自然と上がりますね。

『Beetle 2 Room Tent 3』の仕様
■素材
 フライシート:75Dポリエステルタフタ(耐水圧:1,500mm)
 キャノピー:68Dポリエステルタフタ / メッシュ
 フロアー:210Dナイロンオックスフォード(耐水圧2,000mm)
 ポール:アルミニウム
■サイズ
 全体:約 H180cm × W180cm × L480cm
■重さ:約8.6kg
■付属品:ポール、ガイライン、ペグ、スタッフサック

2. 大型キャノピーで快適に過ごせる『A-Frame Tent 3』

画像16: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

今回ご紹介するテントの中では一番小型のテントですが、実は大型キャノピーが付いているので、タープなしでリビングスペースを作ることができる優れもの! A型フレームで設営がしやすく、女性でも持ち運びしやすいサイズは、イベントやフェスなどでも活躍してくれそうです。

画像17: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

Hippieというチャムスらしいポップな柄タイプが新たに登場予定。『Beetle 2 Room Tent 3』にも同じ柄が新たに発売予定です。メッシュの部分が多く、温かい季節でも気持ちよく寝られそうですね。

画像18: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

3つ目のカラーはTwo Tone Navyで、シックな印象。サイドウォールと2段階に広げられる大型キャノピーで様々なシーンで活躍してくれるテントです。

『A-Frame Tent 3』の仕様
■素材
 フライシート:75Dポリエステルタフタ(耐水圧:1,500mm)
 キャノピー:68Dポリエステルタフタ / メッシュ
 フロアー:210Dナイロンオックスフォード(耐水圧2,000mm)
 ポール:アルミニウム
■サイズ
 全体:約 H130cm × W320cm × D180cm
■重さ:約5.4kg
■付属品:ポール、ガイライン、ペグ、スタッフサック

タープも注目!ポリコットンテントとコーディネートすればおしゃれ感アップ!

先ほどご紹介したポリコットンテントと同じ素材のタープ2種類が既に発売されていますが、この春ニューカラーが登場予定! テントとセットで使えばサイトが一気にオシャレに変身すること間違いなし。ポリコットンタープなら火の粉にも強い(穴が開かないわけではありません)ので、上手に設営すれば焚火も楽しめます。

1. 設営しやすく、風に強い「ウィングタープ」

画像19: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

ブービーバードのロゴマークがしっかり見えるように設営したくなるこちらのタープは、ウィング型です。設営しやすく、風に強いのが特長です。

画像20: (画像:筆者撮影)

(画像:筆者撮影)

設営スタイルによってはテントと連結したように使う事もできたり、様々なシーンに対応できる便利なタープです。

『Booby T/C Tarp Wing』の仕様
■素材:ポリコットン(ポリエステル65%、コットン35%)
■サイズ:約420cm × 475cm
■重さ:4.2kg
■付属品:ガイライン、ペグ、スタッフサック
※ ポールは付属しておりません

2. 居住空間がたっぷりとれる「スクエアタープ」

画像: 写真提供:CHUMS

写真提供:CHUMS

タープの中でも最も広々使えて、開放感があるスクエアタープは大人数での仕様に最適です。設営のアレンジも幅広くできるので、シーンに合わせてお好みの空間づくりをしてください。

『Booby T/C Tarp Square』の仕様
■ 素材:ポリコットン(ポリエステル65%、コットン35%)
■ サイズ:約400cm × 400cm
■ 重さ:5.2kg
■ 付属品:ガイライン、ペグ、スタッフサック
※ ポールは付属しておりません

チャムスが本気を出した! 2020年春は本格的なキャンプギアが盛りだくさん

画像: 画像提供:CHUMS

画像提供:CHUMS

今回は、チャムスの2020年新作テントとタープの中から一部をご紹介しました。

筆者が一番注目しているのはポリコットンテントです。季節を選ばず、快適に過ごせるポリコットン素材をチャムスがアレンジすると、おしゃれでかわいいテントが完成! これはチャムスが好きな方は特に必見です。

他にも今後たくさんキャンプギアが登場する予定だそうです。かわいくておしゃれなチャムスのアイテムでキャンプをさらに楽しく過ごしましょう。今回ご紹介したアイテムの発売は春〜夏頃を予定しているそうなので、気になる方は忘れずにチェックしてくださいね!

展示会速報!こちらの記事もどうぞ!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.