パラコードとは、パラシュードコードの略称で、その名の通りパラシュートに使われていたナイロン製の丈夫な紐のこと。解いて靴紐にしたり、火種として使ったり...用途豊富です!編み込んでブレスレットにすれば、身につけられる防災グッズにもなります。パラコードの使い方と魅力、ブレスレットの作り方をご紹介します。

ブレスレットにもなる「パラコード」とは? 機能性&耐久性抜群の万能ヒモだった

パラコードの正式名称は「パラシュートコード」。

その名の通り、パラシュートで使用されていたヒモのことです。

画像: ブレスレットにもなる「パラコード」とは? 機能性&耐久性抜群の万能ヒモだった

種類やメーカーも豊富なパラコード。

ブレスレットを制作するためのはじめの一本には、米国の老舗、アトウッド社製のものがおすすめ。

画像1: 筆者

筆者

米軍はじめ、消防や警察にも納入しているという、信頼性の高い品質の商品です。

画像1: パラコードでつくるブレスレットの編み方! おしゃれアウトドアアクセサリー&防災グッズにも
ATWOOD ROPE MFG. アトウッド・ロープ 7Strand 550Lbs パラコード 100フィート MADE IN USA (BLACK)パラコード 4mm 3mm 2mm 万能ロープ
米軍~警察や消防にも納入しているATWOOD ROPE社のパラコードです。多種多様なロープを製造・販売している同社にとって、最もスタンダードかつカラーバリエーションが多い定番のアイテムです。
こちらのパラコードは7本のストランド(撚り糸)で構成されており、ストランドは更に3本に分けられる様になっています。テントや荷物などの固定にはもちろん、これ一本で釣り糸やテントの修理糸など幅広い用途で使用可能!
ロープ専門メーカーならではの高い強度と信頼性は言うまでもなく、バリエーションが豊富なのも大きな魅力の一つ。ここまで豊富なバリエーション展開はATWOOD ROPE社だけです。いつ訪れるかわから...
¥1,220
2020-09-04 19:55

カラーバリエーションも豊富なので、お気に入りの色を探して購入してみてくださいね。

もしもの時&キャンプでも使える! パラコードの活用方法 ブレスレットにして持ち歩こう

パラコードは、用途に合わせて様々な使い方ができます。

画像1: もしもの時&キャンプでも使える! パラコードの活用方法 ブレスレットにして持ち歩こう

そのままだと丈夫なパラコードですが、ほぐして使うことで用途も広がります。

芯部分の紐はナイロン製で燃えやすく、火種として使用することも可能です!

画像2: もしもの時&キャンプでも使える! パラコードの活用方法 ブレスレットにして持ち歩こう

そのほかにも、紐をバラして釣り糸に、もっと細くしてデンタルフロス代わりにしたり!?と、アイデア次第で姿を変えるパラコード。

画像2: 筆者

筆者

もしもの時のためにも、ひとつ常備しておくと安心ですね!

宇宙でも活躍!? 宇宙飛行士も認めたパラコードの実力

用途が多岐にわたるパラコード、なんと宇宙でもその利便性を発揮していたのです!

画像: 123rf

123rf

1990年に打ち上げられたハッブル宇宙望遠鏡。

この宇宙望遠鏡の修理のためのミッションで使用された経歴があるのです。

余談ですが、同じく宇宙飛行士が宇宙へ持って行ったというビクトリノックスマルチツール

そのビクトリノックスから、パラコードを組み合わせた腕時計もかつて販売されていました。

画像3: 筆者

筆者

スイス軍の携帯ナイフだったビクトリノックスと、米軍パラシュート紐のパラコードの組み合わせ...信頼感がありますね!

パラコードでブレスレットを作ってみよう! 編み方解説

便利なパラコードをブレスレットにして、常に身につけておいてはいかがでしょうか?

筆者が色々な編み方を試した結果、一番簡単だった「コブラ編み」での作り方を解説します。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

【用意するもの】

  • パラコード160m×2
  • バックル
  • ハサミ
  • ライター
画像2: 筆者撮影

筆者撮影

今回は4mm幅のパラコードで編んでみました。

画像4: 筆者

筆者

パラコードはアウトドアショップで1m単位の切り売りで、バックルは100円ショップ「Seria(セリア)」にて購入しました。

ネットで購入する場合は、こちらがおすすめです。

画像2: パラコードでつくるブレスレットの編み方! おしゃれアウトドアアクセサリー&防災グッズにも
ATWOOD ROPE MFG. アトウッド・ロープ 7Strand 550Lbs パラコード 100フィート MADE IN USA (BLACK)パラコード 4mm 3mm 2mm 万能ロープ
米軍~警察や消防にも納入しているATWOOD ROPE社のパラコードです。多種多様なロープを製造・販売している同社にとって、最もスタンダードかつカラーバリエーションが多い定番のアイテムです。
こちらのパラコードは7本のストランド(撚り糸)で構成されており、ストランドは更に3本に分けられる様になっています。テントや荷物などの固定にはもちろん、これ一本で釣り糸やテントの修理糸など幅広い用途で使用可能!
ロープ専門メーカーならではの高い強度と信頼性は言うまでもなく、バリエーションが豊富なのも大きな魅力の一つ。ここまで豊富なバリエーション展開はATWOOD ROPE社だけです。いつ訪れるかわから...
¥1,220
2020-09-04 20:00

バックルは、ネットでカラフルなものも購入できます。

画像3: パラコードでつくるブレスレットの編み方! おしゃれアウトドアアクセサリー&防災グッズにも
Prettyia 約20個 リリース パラコート ブレスレット バンドバックル 湾曲タイプ 縫製用具 耐久性 10mm 全3種選べ  - 混合
真新しく高品質
高品質のプラスチック製。強力で耐久性があります。
クイックサイドリリースデザイン。非常にシンプルで使いやすい。
ベルト、バックパック、パラコードブレスレット、犬の首輪、ハーネスなどに最適です。
サイズ:約3×1×0.5cm /1.18×0.39×0.19インチ
¥380
2020-09-04 20:00
画像1: パラコードでブレスレットを作ってみよう! 編み方解説

紐がバックルにセットできたら、いよいよ編み込み開始です!

画像2: パラコードでブレスレットを作ってみよう! 編み方解説
画像3: パラコードでブレスレットを作ってみよう! 編み方解説

一見複雑に見えますが、右、左、と交互の編み込みです。

画像5: 筆者

筆者

繰り返しの作業なので、慣れてしまえば数分で編み込むことができます。

長さが出てきたら、自分の手首に当ててみてサイズの確認をしましょう。

画像4: パラコードでブレスレットを作ってみよう! 編み方解説

筆者が一番苦戦したのは、実は二つ目のバックルを取り付ける時でした。

画像6: 筆者

筆者

紐の太さとバックルの大きさが微妙にずれていて、取り付けが大変!

画像5: パラコードでブレスレットを作ってみよう! 編み方解説

そんな時はヒントを元に、試行錯誤してみてください。

さて、無事バックルが取り付けられたら、完成は目前です!

画像6: パラコードでブレスレットを作ってみよう! 編み方解説
画像7: パラコードでブレスレットを作ってみよう! 編み方解説

余った紐を切って、末端処理を行います。

画像8: パラコードでブレスレットを作ってみよう! 編み方解説

最後に切り口をライターで処理して完成です。(後述します。)

画像7: 筆者

筆者

お疲れ様でした!

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

今回の編み方は「コブラ編み」という方法。

覚えてしまえば、ブレスレット以外にもストラップなど、応用して色々作る事ができます。

他の編み方を試してみたい!という方は、こちらの本がおすすめです。

画像4: パラコードでつくるブレスレットの編み方! おしゃれアウトドアアクセサリー&防災グッズにも
パラコードクラフト パーフェクトブック
¥3,680
2020-09-04 20:09

パラコードの説明から、ストラップの作り方など、パラコードを楽しむ方法が満載です。

パラコードの末端処理方法

パラコードの末端処理には、ライターを使用します。

切り口を火で炙ると、断面のナイロンが溶けて固まり、ほつれを防止できます。

画像: パラコードの末端処理方法

ハサミ以外でもカッターの刃など、金属ならOKです。

画像8: 筆者

筆者

ライターを使用するので火傷に気をつけましょう!

そして、表面を溶かしすぎると焦げて黒くなってしまうので、様子を見ながら調節しましょう。

画像: 筆者撮影 失敗作。黒焦げ...

筆者撮影 失敗作。黒焦げ...

100円ショップで手に入る!パラコードブレスレット

100円ショップでブレスレットのバックルを探していた時に偶然、パラコードブレスレットを発見しました!

こちらが100円ショップSeriaのパラコードブレスレット。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

迷彩カラーでかっこいい!

しかもバックルにホイッスルまで付いています。

裏面のサイズ明記では、ブレスレット時と展開時紐の長さまで示されています。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

展開時は約3mのヒモになるとのこと。

画像9: 筆者

筆者

これは災害時に役立ちそうですね!

ブレスレットのサイズ感ですが...

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

バックルを外さなくても、スポッと手首から抜けてしまう大きさで、筆者には少し大きめでした。

自分にぴったりのパラコードブレスレットが欲しい方は、自作してみるのがやはりおすすめです!

常に身につけるパラコードブレスレットなら、もしもの時も安心! おしゃれで優秀な防災グッズ

画像: 常に身につけるパラコードブレスレットなら、もしもの時も安心! おしゃれで優秀な防災グッズ

ただの丈夫な紐じゃない!

靴紐に使ったり、洗濯物を干したり、縫い糸にしたり...

パラコードあれば憂いなし?備えておきたい用途豊富で優秀なパラコード。

持ち歩くのに便利なパラコードブレスレットを、ぜひ作ってみてくださいね。

▼アウトドア向きなファッションアイテムはこちらもチェック!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.