「通信料金が安いのは魅力だけど、キャンプ場で繋がらないのでは?」なんて格安SIMサービスに興味はあっても通信品質やサービス内容に不安があって乗換えられない方も少なくないと思います。今回はそんな不安を解消する格安SIMの仕組みや、アウトドアでもちゃんと使える格安SIMサービスについて解説します。

「キャンプ場では格安SIMは圏外になりやすい」は誤解

「この前、山の方にキャンプに行ったんだけど、スマホが圏外で困ったよ、格安SIMってやっぱダメだね」

先日、こんなことを言っている方がいました。

知り合いではなかったので「それ、違いますよ」とも言えずそのままになってしまったのですが、もしかすると、同じようにキャンプ場等では格安SIMは圏外になりやすい等と思っている方もいるのかもしれませんね。

  • キャンプ場など、山間部では格安SIMは圏外になりやすい
  • 格安SIMだから、通話・通信エリアが狭いのはしかたない
  • 格安SIMは電波が弱いので、圏外になったり、アンテナが立たないことが多い
  • 格安SIMは、メールが届きにくく、SNSの閲覧もできないことがある
  • 格安SIMは通話音質が悪く、会話しずらい

こんなことを思っている方、いませんか?

実は、ここに挙げた事例は全て誤りです。

「そんなバカな」と思われるかもしれませんが、上記の全ては「格安SIMだから」という理由ではないのです。

格安SIMっていったい何?質が悪いから安いの?

画像1: (筆者撮影)

(筆者撮影)

そもそも格安SIMとは何なのかが分かれば、先の事例がすべて誤解だということが分かるはずですので、その辺りから解説したいと思います。

格安SIMとは 仕組みと特徴を理解しよう

まず、「格安SIM」について簡単にご説明します。

格安SIMとは、「大手キャリア(※1)よりも割安な料金で提供されるモバイル通信サービス(※2)」で、一部の例外を除いてMVNO(※3)が運営・提供しています。

※1 大手キャリアとは

NTTドコモ、au(KDDI)、Softbank及び楽天モバイルを大手キャリアと言います。

※2 モバイル通信サービスとは

スマホ向けの通信サービスで、SIMと呼ばれるチップをスマホに装着することで通信が可能になることから、大手キャリアよりも割安な料金で利用可能なモバイル通信サービスを「格安SIM」というケースが一般的です。

※3 MVNOとは

前出の大手キャリアは、自社で全国に通信回線を敷設し、管理・メンテナンスを行うことから「MNO(Mobile Network Operator 移動体通信事業者)」と呼ばれます。

これに対して、自社で通信回線を持たず大手キャリアから借り受けることで通信サービスを提供する事業者を「MVNO(Mobile Virtual Network Operator 仮想移動体通信事業者)」と言います。

自前の通信回線を保有するMNOに対して、「V(Virtual バーチャル)」が付くことで、自前回線を持っていないことを表しています。

一部を除き、「格安SIM」(格安料金の通信サービス)の多くはMVNOが提供しています。

つまり、「格安SIM」とは、以下のような特徴を持っています。

  1. 自社で通信回線を保有していない
  2. 大手キャリアから通信回線を借りて、「再販」(※)する形で通信サービスを提供している
  3. 料金はキャリアよりも割安
    莫大な費用・コストのかかる通信回線の敷設や管理・メンテナンスを行わず、地代家賃・光熱費・人件費など多大なコストがかかる店舗を多く持たないことで経費を削減し、割安な料金でユーザーに通信サービスを提供しています。

※再販…再販とは、仕入れた商品を再度販売すること。具体的にいえば、10人分の回線をまとめて仕入れて、利益を上乗せした上で1人分ごとに再販売することです。なお、大手キャリアから通信回線を借り受けるには「接続料」という、各キャリアが定めた回線貸出の賃料を支払う必要があり、その料金は割高だとの声もあります。

格安SIMは「品質が劣る」「エリアが狭い」「電波が弱い」はどれも誤解!

前項(2)で分かる通り、格安SIMサービスで使用する通信回線自体は、大手キャリアの回線そのものですので、上記の「品質が劣る」「エリアが狭い」「電波が弱い」等は間違った認識であると言えます。

もし仮に、キャンプ場などで格安SIMが「圏外」になるとすれば、その場所では同じ通信回線の大手キャリアのサービスでも「圏外」になりますし、電波が弱い場所では大手キャリアでも弱くなるのです。

例えば、NTTドコモ回線を使った格安SIMが圏外になる場所では、NTTドコモ自体が圏外になっている場所であって、「格安SIMだから」「品質が悪いから」「料金が安いから」圏外になっているのではありません

逆を考えると、首都圏などで各大手キャリアが提供し、徐々に拡大しつつある「超高速通信」が可能なエリア(各社で呼び方が異なる)に入ると、大手キャリアのサービス利用者はもちろん、その回線を使った格安SIMであっても、超高速通信を利用することが可能です。

つまり、「品質が劣る」「エリアが狭い」「電波が弱い」等は、格安SIMの質や料金とは無関係で、大手キャリアの品質そのものが反映しているというわけです。

これは、NTTドコモに限らず、au、Softbankでも同様です。

ちなみに、2020年8月現在、大手キャリアの一角「楽天モバイル」はMVNOに通信回線の貸し出しを行っていません。

通信速度だけは別! 格安SIM側の理由によって通信速度低下が起こる

画像2: (筆者撮影)

(筆者撮影)

ここまで、「品質が劣る」「エリアが狭い」「電波が弱い」等は格安SIM側の問題ではなく、大手キャリア側の問題だと解説してきましたが、1点だけそこに含まれないものがあります。

格安SIMは利用者が集中する時間帯には通信速度が低下する

格安SIMは時間帯によっては通信速度が遅くて使えない

といった評判、これはある意味で当たっています。

「エリア」や「電波」といった他の状況と違って、借り受ける回線の量を増やす事で改善できる「通信速度の低下」「通信速度が遅い」という点に関しては、格安SIM側の課題と言えます。

こうした構造によって「格安SIMの通信速度は遅い」と言われているわけで、これはある意味、格安SIMの「宿命」とも言えます。

しかし、格安SIMサービス各社の考え方や資本力など、様々な理由や事情によって対応が異なるため、全ての格安SIMサービスの通信速度は必ずしも同等ではありません。

常に高速通信を提供できるMVNOもあれば、通信速度は重視しないというMVNOもあります。

動画視聴などで一定の通信速度を重視する場合は、評価サイトなどを参考に、「速い格安SIM」を探すとよいでしょう。

【この項のまとめ】

  • 格安SIMの「格安」とは大手キャリアより割安という意味、SIMは通信サービスを表している
  • 格安SIMは自前の通信回線を持たず、「接続料」を支払って大手キャリアから回線を借り、各社独自の通信サービス(料金プラン等)を提供している
  • 使用している回線は大手キャリア回線そのものなので、圏外・電波・エリアなどの苦情は誤解であって、「やっぱり格安SIMは安い分だめだね」は全く当たっていない
  • 格安SIMの通信速度低下・通信速度が遅いことに関しては、格安SIM側の問題である。それぞれのMVNOによって通信速度は異なる。

アウトドアユーザーが格安SIMを使うメリット、デメリット

画像3: (筆者撮影)

(筆者撮影)

少し長くなりましたが、ここまで格安SIMについて細かく解説してきました。ここからはその格安SIMをアウトドアユーザー、あるいはキャンパーが利用することのメリットやデメリットをまとめてみたいと思います。

アウトドアで格安SIMを使うことのメリット4つ

1.料金が割安になる

格安SIMのメリットは、この1点に尽きると言っても過言ではありません。

様々なコストを削ぎ落して実現した格安SIMの割安料金は、大手キャリアで平均5000~7000円程度の月額料金を、1000~2000円程度に圧縮することが可能と言われています。

解説でも述べたように回線自体は大手キャリア回線そのものですので、品質が悪いとか、エリアが狭いといった悪評は、通信速度の件を除けばほとんどがデマだと言えます。

大手キャリア品質の通信を割安料金で利用できることが最大のメリットです。

例えば、家族4人で大手キャリアを利用する月額料金6000円×4人=24000円が、格安SIMに家族全員で乗換えることで、2000円×4人=8000円にできれば、毎月、16000円もの余剰金が生まれます。

キャンプ道具を毎月買い足すこともできますし、毎月、キャンプに出掛けてもお釣りがくるほどです。

2.マルチ・キャリア

マルチ・キャリアとは、1社で複数の通信回線の通信サービスを取り扱う事業者のことで、契約する際に、ドコモ回線とau回線、au回線とSoftbank回線といったように、異なる複数の大手キャリアの回線サービスの中から使用する回線を選択できることは大きなメリットです。

一部には、NTTドコモ・au・Softbankの3社全ての通信回線のサービスを提供するトリプル・キャリアも現れており、自社回線しか取り扱えない大手キャリアに比べ、柔軟性の高いサービスと言えます。

3.低速モードで、音楽聞き放題、動画見放題

大手キャリアにはない「低速モード」というサービスを提供しているMVNOがあります。

これは、データ通信の通信速度を任意で「低速」に設定することで、データ通信料がかからずに通信できるので、音楽や動画のサブスク・サービスなどで通信料がかからず使い放題となるメリットがあります。

低速での通信なので動画は状況によっては途中で停止してしまうケースもありますが、動画ほどの速度を必要としない音楽であれば、朝から晩までキャンプ中ずっと好きな音楽を流しておくことも可能です。

また、一部のサービスでは、低速時の速度で最大1Mbpsを保証しているサービスが登場してきており、この速度であれば、動画も通信料をかけずに視聴することが可能になりそうです。

4.専用アプリから発信すれば通話料が半額になる

大手キャリアも格安SIMでも、通常の通話料金は20円/30秒ですが、大手キャリアにはないMVNO独自のサービスに「半額通話(アプリ)」があります。

MVNO各社が提供しているアプリ経由で発信された通話は、通常の半額の10円/30秒の料金で通話することが可能ですが、特にアプリを使用する上での月額料金等はなく、使用した分の通話料のみの支払いとなります。

格安SIMを使うことのデメリット2つ

ここまでで述べたように、格安SIMサービスは、様々なものを切り捨てることで格安料金を実現しているため、大手キャリア並みのサービスを望むユーザーには、デメリットが多いサービスと感じてしまう可能性があります。

「店舗がない(少ない)」、「通信速度が低下する時間帯がある」といったこと以外にも、下記のようなデメリットがあると言われます。

1.サービス内容・料金プランがわかりにくい

メリットで登場した「マルチ・キャリア」は、一部のユーザーにはデメリットになります。

回線を借りる際に支払う「接続料」が、大手キャリア各社で異なる(つまり仕入れ価格が違う)ため、料金プランの月額料金が統一されておらずバラバラな上、数多くのオプションサービスの組み合わせがあり、自分にあった回線・料金プランが見つけにくいというデメリットが生じています。

2. iPhoneを購入できない

Appleは、iPhoneの取扱店には一定の販売数を求めることから、規模が小さなMVNOは単独でiPhone販売の権利を獲得することができません。

一部の大手キャリアの子会社や関連サービスにおいて、旧モデルの購入が可能ですが、通常はMVNOではiPhoneは購入できません。

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.