コロナ渦の今年。「ソーシャルディスタンスを保ちながらできる野外遊び」を考え、前々から検討していたカヤック「Convertible Elite(コンバーチブル・エリート)」を購入することを決意!今回は、カヤック初心者の筆者が、購入までどのようにカヤックを選んだか、またどのようなカヤックがおすすめか紹介したいと思います。

【カヤック使用レビュー】インフレーダブルカヤックは片付けがやや大変 圧力計付きのハンドポンプがおすすめ 

インフレータブルカヤックの欠点である「準備がめんどくさい」ところは、コンパクトになることを考えればさほど苦ではありません。付属のバックは背中で背負え、車が入らない場所でもカヤックの持ち運びが楽にできますし、はじめは多少膨らますのに時間がかかりましたが、慣れてくると10分ほどで準備完了。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

ただし、空気を入れなけばならないので、ハンドポンプは別途必要になります。このハンドポンプは値段がピンキリありますが、圧力計付きのハイプレッシャーのモノがおすすめです。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

準備の手間はさほど苦になりませんが、どちらかというと終わった後の片付けのほうが大変です。プラスチック素材は水をふき取ればよいですし、海水に濡れても水洗いが簡単。しかし、インフレータブルのモノは、本体が濡れたまま畳んで収納してしまうと、生乾きの匂いが発生します。ですので、きちんと乾かして収納する必要があります。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

しかも、海水ですと塩で布が傷む恐れがあるので水洗いが必要。家のお風呂場で洗うこともできますが、広げた大きさが約4.6メートルあるので干すのが大変です。

カヤックの運転はとても快適です。これまで海、川、湖でこのカヤックを使用しましたが、海の波にも強く、進む速度もあります。以前レンタルしたインフレータブルのモノはまっすぐ進みづらかったのですが、これはまっすぐ進みやすく、快適です。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

インフレータブルのものは「岩や浅瀬にぶつかると破けてしまわないか?」と初めは心配していましたが、何度かぶつけてしまっても今のところ問題なし!タンデムで全長が長い分、コックピットの中が広く、先端のバンジーコートを使用しなくとも、荷物スペースがあり、波が無いフィールドではアイスボックスを持参し、カヤック中でランチを食べたりしています。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

シートにもエアーが入れられ、長時間座っていても苦になりません。

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

ただし、ドリンクホルダーがなく、またそれらのアクセサリーをインフレータブルのモノは外付けすることができません。ですので、ドリンクボトルにカラビナを付けてシートやバンジーコートに繋いでいますが、やはりドリンクホルダーが欲しいというのが本音です。

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

画像2: 【初心者向け】カヤックを購入体験記 比較・選び方・おすすめ商品までご紹介
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダブルアクションエアーポンプ4L M-3431
サイズ:220x115x470〜770mm
重量:約1000g
材質:シリンダー:ポリ塩化ビニルハンドル・フットプレート:ABS樹脂ホース:ポリエチレン
原産国:中国
¥2,366
2020-08-18 11:57

インフレータブルカヤックは海や川で生き物と出会える 初心者におすすめなお手頃価格なカヤックもご紹介

フラットウォーターでのカヤックは初心者でも手軽に楽しめます。水面と同じ目線で見る海や川は、思いがけない生物との遭遇もあり、いつもと違う景色が見られ新鮮です。

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

「カヤック=大きくて収納が大変」と思っていた人でも、インフレータブルのものでしたら持ち運びや収納スペースもさほど気にせず気軽に始められます。カヤック本体のほかに、バドル、PFDなど必要なものがあり、初期費用は決して安くはありませんが、長く遊べるギアで、フィールドは自然なので遊ぶのにさほどお金がかかりません。思った以上に体を動かすので、ダイエットにもなるスポーツですよ。

▼お手頃価格のインフレータブルカヤックもあります▼

画像3: 【初心者向け】カヤックを購入体験記 比較・選び方・おすすめ商品までご紹介
アドバンスドエレメンツ ファイヤフライ2 コンバーチブル ポンプ付 オレンジ MC-1426 大型便
※納期表示のご説明はこちら仕様/規格●生地素材:メインチャンバー/塩化ビニル、フロアチャンバー/塩化ビニル(フォームマット:ウレタン)、アウター/デッキ=塩化ビニルコーティングのポリエステル、ソール/塩化ビニル●空気バルブ:メインチューブ/スプリングバルブ、フロア・デックリフト/ツイストロックバルブ●製品サイズ(約):全長366×幅86×艇高35cm(シートの高さを含まない)●重量(約):14kg●コクピットサイズ(約):184×48cm●気室数:4(メイン×2・デックリフト×2)●最大積載量(約):170kg(乗員含む)●収納サイズ(約):92×65×25cm●デッキアクセサリー:荷物...
¥ 50,722
2020-08-17 23:32

夏におすすめ! サップ・カヤック・カヌーなどウォーターアクティビティを他の記事でも紹介中

This article is a sponsored article by
''.