海水浴で綺麗な海をシュノーケリングして楽しむ人も多いと思います。「もっと思うように泳ぎたい!」という方には、フィン(足ひれ)を使うことをおすすめします。フィンを使うことによって泳ぎやすくなり、疲れにくくなりますよ! 今回は、フィンの種類やそれぞれのメリット・デメリットと、おすすめのフィンをご紹介します。これからシュノーケリングを予定している人は参考にしてください!

海水浴でより泳ぎやすくしてくれる『フィン』 ハイスペックモデルは体との一体感が違う!

画像: 海水浴でより泳ぎやすくしてくれる『フィン』 ハイスペックモデルは体との一体感が違う!

シュノーケリングをする際に足に装着する足ひれのことを『フィン』といいます。フィンをつけることで、泳ぐ際に推進力が生まれて、泳ぎやすくしてくれます。

一度フィンを装着して泳ぐと、未装着で泳いだ時に全然進まないため、強い推進力を生むフィンの力に驚きを感じることでしょう。

低スペックのフィンとハイスペックのフィンには、素材や重量、生み出す推進力に違いがあります

低スペックのフィンは、比較的値段が手頃ですが、足にフィットしなかったり、フィン内に小石が入りやすかったりする場合があります。

それに比べてハイスペックのフィンは、お値段は少し高くなりますが、足へのフィット感が抜群で痛くなりにくく、体との一体感に優れています。泳ぐとき、一蹴りの進む距離が断然変わりますよ!

フィンの種類は大きく分けると『フルフットタイプ』と『ストラップタイプ』の2種類がある!

画像: フィンの種類は大きく分けると『フルフットタイプ』と『ストラップタイプ』の2種類がある!

フィンには『フルフットタイプ』と『ストラップタイプ』の2種類があります。ここではそれぞれのメリットやデメリットをご紹介します。

フルフットタイプ

画像: フルフットタイプ

『フルフットタイプ』というのは、フィンの入り口が靴下のような形になっているフィンのこと。履いた時にピタッとフィットし、体の一部になる為、泳ぐときも足の力がスムーズにフィンに伝わり、推進力を生み出しやすくなるのがメリットです。

海の中はとても快適ですが、一歩陸へ上がると、歩きにくいのがデメリットです。基本的にフィンを履きながら歩くのは、フィンを傷つけてしまうためNGです。

ストラップタイプ

画像: ストラップタイプ

『ストラップタイプ』は、その名の通りストラップ付きのフィンのこと。足の大きさに合わせてストラップの調節が可能です。

足のサイズが変わりやすい子どもや、着脱しやすいフィンを探している人におすすめ。ただ、フルフットタイプに比べると体への一体感が劣り、小石が入りやすいのがデメリットです。

『フルフットタイプ』と『ストラップタイプ』ごとのおすすめフィンをご紹介!

それぞれのメリットとデメリットがわかったところで、フルフットタイプとストラップタイプの2種類別に、おすすめのフィンをご紹介します!

これから購入を考えている人は、ご参考にしてくださいね。

【フルフットタイプ】AQA(エーキューエー)『ドルフィンカラー』

画像1: 海水浴でおすすめのフィンをご紹介! フィンの種類やメリット・デメリットも紹介
AQA(エーキューエー) ドルフィンカラー ブラック L KF2118G
サイズ:SS、S、MS、M、L、XL
SSサイズ:素足サイズ(19~21cm)
Sサイズ:サイズ(21~23cm)、シューズサイズ(17~19cm)
MSサイズ:素足サイズ(22~24cm)、スノーケリングシューズサイズ(19cm)
Mサイズ:素足サイズ(23~25cm)、スノーケリングシューズサイズ(21cm)
¥2,881
2020-08-15 17:09

かかとまでしっかり包み込んでくれるのがAQA(エーキューエー)『ドルフィンカラー』です。

足との一体感に優れており、しなやかなしなりを生み出してくれるため、初心者でも使いやすいのが魅力。小さな力でも大きく進んでくれるのが初心者に嬉しいポイントです。

サイズも細かく分けられているので、ご自身の足のサイズにピッタリなものが選べますよ!

【フルフットタイプ】GULL(ガル)『スーパーミュー』

画像2: 海水浴でおすすめのフィンをご紹介! フィンの種類やメリット・デメリットも紹介
SUPER MEW スーパーミュー フィン (ミッドナイトブルー) (M) [その他]
¥14,220
2020-08-15 17:10

フルフットタイプの中でもちょっとハイスペックモデルが欲しいという人におすすめなのが、GULL(ガル)『スーパーミュー』です。

泳ぐ際の一蹴りの力がフィンに伝わりやすので、脚力のある方におすすめします! 思い通りに泳ぎ回ることができるため、より快適なシュノーケリングが楽しめるでしょう。

【ストラップタイプ】AQA(エーキューエー)『ショートトレッカー』

画像3: 海水浴でおすすめのフィンをご紹介! フィンの種類やメリット・デメリットも紹介
AQA(エーキューエー) ショートトレッカー サックス×ロイヤルS KF-2497H 2105
フィンタイプ:ストラップタイプ
フィンサイズ:S、M、L
Sフィンサイズ:282×154×109mm
Mフィンサイズ:316×172×122mm
Lフィンサイズ:343.5×188.5×133.5mm
サイズ:S、M、L
Sサイズ:シューズ18~21cm、ソックス19~22cm
Mサイズ:シューズ22~24cm、ソックス23~25cm
Lサイズ:シューズ25~28cm、ソックス26~28cm
¥2,160
2020-08-15 17:11

コンパクトなストラップタイプのフィンがAQA(エーキューエー)『ショートトレッカー』です。

小さいサイズですがよく進むフィンで、初心者にもおすすめできるアイテムです。

価格も比較的安価なので、「まずフィンを体験してみたい!」という方や、「今までレンタルしていたけれど、自分のフィンを用意したい」という方におすすめです。

【ストラップタイプ】GULL(ガル)『ミューサイファー』

画像4: 海水浴でおすすめのフィンをご紹介! フィンの種類やメリット・デメリットも紹介
GULL(ガル) MEW CYPHER(ミューサイファー) ストラップフィン (ブラック/Mサイズ) [GF-2333]
【フィンサイズ(長さ×幅×厚み/重量)】
Sサイズ:507×200×86mm/877g
Mサイズ:520×214×96mm/1075g
Lサイズ:540×214×100mm/1080g
¥9,800
2020-08-15 17:12

初心者から上級者まで愛用している人が多いのが、GULL(ガル)『ミューサイファー』です。

フィンの先端部分のラバーが突起しており、軽やかな蹴り心地としっかりとした推進力が魅力。また、水中でストラップの調節がサッとできるのも嬉しいポイントですね。

ストラップタイプのフィンで「少しハイスペックモデルを」と考えている人におすすめのモデルです。

シュノーケリングを楽しむにはフィンが大切! おすすめのフィンをチェックして水中で自由に動き回ろう

シュノーケリングをする際、より推進力を生み出すためには『フィン』が必要です。今回ご紹介した『フルフットタイプ』と『ストラップタイプ』のフィンから自分にぴったりなフィンを見つけ、シュノーケリングを存分に楽しんでくださいね!

▼こちらの記事もチェックして!▼

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.