キャンパーの皆さん、スキレットは使っていますか?スキレットはメンテナンスが大変なイメージがあるかもしれませんが、上手に使えるようになれば、見栄えが良くおいしい料理を作れるようになります。今回は、筆者愛用のLOGOSのスキレットのレビューと、スキレットを使った簡単料理のレシピを3つご紹介します!

スキレットを活用するには? メンテナンスして最高の相棒に育てましょう

画像: スキレットを活用するには? メンテナンスして最高の相棒に育てましょう

スキレットとは、一般的には厚みがある鉄製のフライパンを指します。

鉄でできているおかげで、食材全体にゆっくりと熱がいきわたり、うまみを引き出してくれます。

また、保温性も高いので、余熱で調理を仕上げることも可能です!

画像1: 筆者

筆者

ちなみにこれは私の経験則なのですが、保温性が高いゆえに、一度強火にすると温度を下げて弱火調理に切り替えるのに少し時間がかかる印象があります。

保温性の高さを踏まえて調理するのがおすすめです。

スキレットを扱う上でのポイント

鉄でできているため錆びやすいので、シーズニングというスキレットに油を薄く敷いて火にかける工程を数回行うメンテナンスが欠かせません。

また水洗いをする場合、スキレットは急な温度変化に弱いため、熱がある状態で水につけてしまうと割れてしまうので注意。

そのため、十分に熱を冷ましてから、ぬるま湯につけて水洗いをしましょう。

画像2: 筆者

筆者

経験から言うと、まず触れない程度にスキレットに手を近づけて、熱を感じなくなるくらいまで冷ますと良いです。

火にかけて水分をとばした後は、収納する前にメンテナンスのために油を薄く塗りましょう。

筆者が愛用しているスキレットはLOGOS「合体できるスキレットM」 おすすめポイントを紹介!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

私が愛用しているスキレットはLOGOS(ロゴス)の「合体できるスキレットМ」です。

画像1: 【レビュー&レシピ】筆者おすすめ! LOGOSのスキレット&簡単レシピを3つ紹介
ロゴス(LOGOS) 合体できるスキレット M 81062235
総重量:(約)1.8kg
サイズ:(約)45×23×7cm(取っ手含む)
内寸:(約)22/19×4.5cm
収納サイズ:(約)28.5×23×5cm
構成:本体、専用ハンドル
主素材:鋳鉄
取っ手が取れるからKAMADOや家庭用オーブンなどでも使えます。
焦げ付きにくい底面ドット加工。
別売スキレットと組み合わせれば蓋としても使え、用途が広がります。 (No.81062236 合体できる深型スキレット)
IHクッキングヒーター使用可能。
¥3,168
2020-08-15 16:38

このスキレットの良いところは、取っ手がとれる点です。

こちらの深皿型スキレットのフタとしても使えて、合体すればダッチオーブンになる商品。

画像2: 【レビュー&レシピ】筆者おすすめ! LOGOSのスキレット&簡単レシピを3つ紹介
ロゴス(LOGOS) 合体できる深型スキレット M 81062236
総重量:(約)2.3kg
サイズ:(約)45×23×10cm(取っ手含む)
内寸:(約)21/13×8.5cm
収納サイズ:(約)28.5×23×9.5cm
構成:本体、専用ハンドル
主素材:鋳鉄
取っ手が取れるからKAMADOや家庭用オーブンなどでも使えます。
焼き物、煮物、どちらもOK。
別売スキレットと組み合わせれば蓋としても使え、用途が広がります。 (No.81062235 合体できるスキレット)
IHクッキングヒーター使用可能。
¥4,500
2020-08-15 16:39

個人的には深皿型と一緒に購入するのではなく、取っ手がとれることを活かしてスキレット単体として「合体できるスキレットМ」を使用するのがおすすめです。

そうすることによって、スキレットとしても使える上に、取り外した持ち手を別の用途にも使えます。

この「取っ手がとれる」という点のメリットを、3つご紹介します!

1)収納しやすい

まず第一に「収納のしやすさ」。これにつきます。

使わないときは取っ手をとり、スキレットのなかに入れることですっきり簡単に収納できます!

2)取っ手が熱くならない

第二のメリットは、火にかけている間は取っ手を外しておけば、熱伝導によって取っ手が熱くなることを防げる点です。

通常のスキレットは、火にかけている間に熱伝導によって熱くなりますよね。

大抵の場合は別売りのスキレットカバーが必要になりますが、このスキレットなら熱くならないので、スキレットカバーを買う必要がありません!

3)取っ手を別の用途にも使える

第三のメリットは、取り外した取っ手を別の用途に使えることです。

例えばスキレットと同時進行でダッチオーブンで料理している場合は、取っ手にフタをひっかけて簡単にフタを開けたり、アルミホイルで簡易的な蓋をしたときに上に置いて重し代わりしたりして使えます!

画像3: 筆者

筆者

本来の用途とは異なるので、この使い方をする場合は自己責任&注意して行ってください!

以上のことから、私はLOGOSの「合体できるスキレット」をおすすめします!

画像3: 【レビュー&レシピ】筆者おすすめ! LOGOSのスキレット&簡単レシピを3つ紹介
ロゴス(LOGOS) 合体できるスキレット M 81062235
総重量:(約)1.8kg
サイズ:(約)45×23×7cm(取っ手含む)
内寸:(約)22/19×4.5cm
収納サイズ:(約)28.5×23×5cm
構成:本体、専用ハンドル
主素材:鋳鉄
取っ手が取れるからKAMADOや家庭用オーブンなどでも使えます。
焦げ付きにくい底面ドット加工。
別売スキレットと組み合わせれば蓋としても使え、用途が広がります。 (No.81062236 合体できる深型スキレット)
IHクッキングヒーター使用可能。
¥3,168
2020-08-15 16:38

さて、次はこのスキレットを使って、簡単レシピを3つ紹介します。

【おすすめスキレットレシピ1】少し豪華なおやつや朝食にぴったり! フレンチトーストの作り方

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

最初は朝食やおやつにぴったりな、フレンチトーストを紹介します。

フレンチトーストの作り方はとっても簡単です!

まず、材料と作り方はこちらです。

【材料(2人前)】

  • 食パン 1枚
  • 卵 1つ
  • 牛乳 100ml
  • 砂糖 大さじ1杯
  • 有塩バター 10g
  • はちみつ お好みの量

【作り方】

  1. 卵と牛乳、砂糖とバターをひとつの器に入れてよく混ぜ合わせます
  2. 食パンを半分に切ります
  3. 食パンを1の工程で混ぜ合わせた卵液に浸します
  4. スキレットにバター10gを溶かして浸した食パンを焼きます
  5. お皿に盛ってはちみつをかけて完成です

ちなみに、キャンプに持っていく牛乳でおすすめはフタを閉めることのできる牛乳パックのもの。

バターはチューブ型のバターが収納しやすくておすすめです!

フレンチトーストはキャンプの定番ドリンクであるコーヒーとの相性もよいです。とっても簡単に作ることができるので、お子さん連れの方や、朝はコーヒーだけだと物足りないという人にもおすすめ。

ぜひ、キャンプで作ってみてはいかがでしょうか?

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.