みなさんこんにちは。ワークマンにハマっているのざるです。今回は、実用性が高くコスパが良いとSNSでも話題沸騰中、ワークマン屈指の大人気アイテム『PVC防水シューズ』を徹底紹介! さらに誰でも簡単にできるプチカスタマイズをあわせてご紹介していきます。

誰でも簡単にできる! 100均アイテムを使ったプチカスタマイズを紹介

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

低価格・高い防水性・カジュアルテイストで気軽に履けると高評価な防水シューズですが、筆者が個人的に感じた残念点があります。

それは「脱ぎ履きしづらい」・「ソールのクッション性が少ない」という2点。

これを改善する為、100円ショップで購入できるアイテムを活用したプチカスタマイズをご紹介します。

伸縮性の高い靴ひもを使い、履きやすくする

靴ひもをしっかりと締めれば足首が固定され、とても歩きやすくなります。反面、脱ぎ履きしづらくなってしまいます。

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

そこで思いついたのが、伸縮性の高い靴ひもに交換すること。

今回は、100円ショップで購入できる『伸びる靴ひも』(長さ90cm)を使いました。

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

ゴムのような伸縮性の高い靴ひもなので、履き口が広げやすく脱ぎ履きも楽々。履いている間は靴ひもが締まっているので足首がしっかりと固定され、靴擦れ防止にも役立ちます。

いちいちほどく必要がないため、このカスタマイズはオススメです!

画像3: 【ワークマンPVC防水シューズレビュー】誰でもできるプチカスタマイズ方法を紹介
結ばない靴ひも,靴の着脱を簡単に レースロック 伸縮するワンタッチゴム靴紐 お子様、大人、ご高齢者、アスリート、靴紐を結ぶのが苦手な方 (白)
【仕様】 靴ひも長さ: 約105cm、ひも幅: 約5.5~7mm、 主要材質: フラット弾性ポリプロピレ、内容物: 靴ひも2本(1足分)
取り付けやすい: スクリューロックの通路に靴ひもを入れ、結んでロックを締めるだけで、インストールが完了し.
¥599
2020-07-30 23:46

インソールを追加してクッション性を高める

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

内部には取り外し可能なインソールが入っていますが、土踏まずをサポートするような立体的なインソールではなく、スポーツシューズのようなクッション性は感じません。

画像16: 筆者撮影

筆者撮影

そこで、こちらも100円ショップで購入した立体的で土踏まずをサポートしてくれるようなインソールを追加してみました。

これによりクッション性がアップし、足裏への負担がかなり軽減され歩きやすさもアップしました。

画像4: 【ワークマンPVC防水シューズレビュー】誰でもできるプチカスタマイズ方法を紹介
IS510 立体構造インソール 1足 | 作業着のワークマン公式オンラインストア
歩くことが多い方に最適!
サイズに合わせてハサミでカットしやすいよう、中敷の裏面にガイドライン付き。
立体構造のインソールが足によくフィット。歩くことが多い方におすすめ。
素材/ポリエステル・EVA・ポリウレタン
アウトドアにもオススメなんです!
登山やハイキングなどでたくさん歩く方にお勧めしたい立体構造のインソールです!足や膝への負担を少しでも和らげるために、インソー

ワークマンのPVC防水シューズは1足1,500円! 雨の日に活躍するお洒落なシューズ

雨が降るか降らないか微妙な天気の時、スニーカーにするかレインブーツにするか悩むことはありませんか? そんな時にオススメできる防水シューズ。カジュアルテイストな見た目なので、タウンユースにも使えて、急な雨でも安心です。

税込1,500円と高コスパなのも見逃せません。気軽に履ける長靴の代わりとして、お近くのワークマンでチェックしてみてはいかがでしょうか。

画像5: 【ワークマンPVC防水シューズレビュー】誰でもできるプチカスタマイズ方法を紹介
6525 PVC防水シューズ | 作業着のワークマン公式オンラインストア
防水素材のカジュアルシューズ
SNSで話題の防水シューズです。
レインブーツとスニーカーのちょうど中間のデザインでカジュアルにも履けます。
防水素材なので汚れやすいガーデニングや洗車、キャンプなどにおすすめ!
接地面から約7cmまで防水性あり
素材/ポリ塩化ビニル
靴幅/3E
重さ/約400g(23cm/片足)
おすすめポイント
防水素材なので、雨上がりの日や洗車の時に活躍します!
履き口後ろのループを持ちながら足を入れると、履きやすいですよ
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.