世界中で人気の絵本「ぐりとぐら」に出てきそうな、ふんわり焼き上がった大きなカステラ。小さい頃、憧れた方も多いのではないでしょうか? シンプルな材料とフライパンで簡単に作れるため、子ども連れファミリーキャンプのおやつや朝食におすすめです。焼き上がりを待つ時間も、あまーい香りが漂って家族全員しあわせな気分になれるはずですよ。今回はカステラのレシピとアレンジをご紹介します。さらにキャンプでのお菓子作りに欠かせないアイテムも3選ピックアップします。

【大きなカステラの作り方!】ポイントは卵をしっかり泡立てる&焦がさないよう弱火で焼く!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

ご紹介する「巨大カステラ作り」ですが、意外と簡単なんです!ポイントは「しっかり泡立てること」「火加減に気をつける」の2点だけ!

ふんわり口溶けの良いカステラが焼き上がります。お家で作るときは、型に入れてオーブンで焼いてもOKです。(180度で24分)

今回は直径18cmのフライパンを使用していますが、どれだけ大きなフライパンになっても(直径が大きくなっても)火加減さえ気をつければ同じようにできます。

是非ファミリーキャンプなどで子どもと一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

カステラ作りの材料(直径18cmのフライパン1つ分)

・卵 3個
・砂糖 90g
・薄力粉 80g
・ベーキングパウダー 小さじ1/2
・バター 20g
・牛乳 大さじ1

カステラの作り方(フライパンで作る)

〈手順①〉
薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるいます。

粉ふるいがない場合は、ポリ袋に入れて空気を含ませて口を縛り、ぶんぶん振るだけでもOKです!またはボウルに入れてホイッパーでかき混ぜましょう。

〈手順②〉
バターと牛乳は同じ容器に入れて、湯煎で溶かしておきます。

〈手順③〉
ボウルに卵を割り入れて、ときほぐします。

卵白のコシを切るように、サラサラの液体になるまでときほぐしましょう。

画像: 手順④の写真 (筆者撮影)

手順④の写真

(筆者撮影)
画像: 手順⑥の写真 (筆者撮影)

手順⑥の写真

(筆者撮影)

〈手順④〉
砂糖を加えてホイッパーでよく混ぜます。

〈手順⑤〉
ボウルの底を湯煎につけて、ホイッパーで混ぜながら人肌になるまで温めます。

卵を温めることで泡立ちやすくなります。ただし加熱しすぎると、卵が固まってダマになってしまうので要注意!指をいれて、熱くも冷たくもないくらいがベストです。

〈手順⑥〉
ホイッパーで白っぽくもったりするまで泡立てます。

ここが一番大切で、少し大変な工程です!自宅で作るときは電動泡立て器を使うと楽ちんです。

ボウルを少し傾けて、ホイッパーをボウルの側面に当てながら左右に動かすイメージでかき混ぜるのがポイント。

5分以上混ぜても白っぽくならなければ、10秒ほどまた湯煎に当ててまたかき混ぜましょう。

泡立て器を持ち上げたとき、生地がゆっくりと落ちて線が消えないくらいになったらOKです。

画像: 手順⑦の写真 (筆者撮影)

手順⑦の写真

(筆者撮影)
画像: 手順⑧の写真 (筆者撮影)

手順⑧の写真

(筆者撮影)

〈手順⑦〉
ふるっておいた粉類を加え、ゴムベラでさっくり混ぜます。

底から持ち上げて「J」の字を描くように、ボウルをまわしながら混ぜます。

〈手順⑧〉
バターと牛乳を加え、また「J」を描くようにして混ぜます。

画像: 手順⑨の写真 (筆者撮影)

手順⑨の写真

(筆者撮影)
画像: 手順⑩の写真 (筆者撮影)

手順⑩の写真

(筆者撮影)

〈手順⑨〉
しっかり混ざったら、フライパンに生地を流します。

焦げ付きやすいフライパンの場合は、底にバターや油を塗っておきましょう。

〈手順⑩〉
蓋をして弱火で約20分焼きます。

キャンプ用のコンロは火力が強いので、ときどき火を消して焦げないようにじっくり火を通しましょう。蓋がない場合は、アルミホイルで覆いましょう。

画像: 手順11の写真/焼き上がった大きなカステラ完成 (筆者撮影)

手順11の写真/焼き上がった大きなカステラ完成

(筆者撮影)

〈手順11〉
表面が乾いて、竹串を刺しても何もついてこなくなったら完成です!

ふんわり焼き上がりました!シンプルな材料で作っているのでやさしい甘さ。

キャンプでは、このまま冷ましてちぎって食べるのがおすすめです。大きなカステラをみんなでちぎりながら食べるのは、絵本みたいでワクワクします!

【カステラを美味しく食べる方法】ヨーグルトクリームでショートケーキ風にアレンジ!子供も大喜び

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

「さっぱりしたスイーツを食べたい」「少人数だから大きなカステラを食べきるのは大変!」そんなときは、ヨーグルトクリームでアレンジしましょう!

甘い生クリームが苦手な方でもあっさり食べやすく、マンゴーやバナナ、桃などいろいろなフルーツに合いますよ。

ヨーグルトクリームの材料

・生クリーム 50cc
・砂糖 5g
・ヨーグルト(無糖) 10g
・フルーツ お好みで
・カステラ 余った分だけ

ヨーグルトクリームの作り方

〈手順①〉
生クリームに砂糖を加えます。

ボウルの底を氷水で冷やしながら、しっかり角がたつまでホイッパーで泡立てます。

☆ヨーグルトを加えると生クリームは若干ゆるくなるので、少し固めにたてるのがポイントです。

〈手順②〉
ヨーグルトを加えて混ぜ合わせます。

〈手順③〉
カステラの上にスプーンでクリームをたらし、お好みのフルーツをトッピングして完成です。

今回ご紹介したカステラなどお菓子作りには欠かせないホイッパーや粉ふるいですが、キャンプに持っていくとかさばって邪魔になることもありますよね。そこで次に持ち運びやすく汎用性の高いアイテムをご紹介します!

1.キャンプのお菓子作りに便利なアイテム「泡だて器」 ハンドルを回すだけでフラット&バルーン型に!

Joseph Joseph(ジョセフジョセフ)泡だて器 ウィスク ツイスト

ハンドルをひねるとフラット型や通常のバルーン型に変えられるので、かさばらず持ち歩けます。

パーツは簡単に分解できるので、お手入れも楽ちん!

フラット型にすると底の浅い鍋やフライパンで料理するときも使えるので、キャンプでのお菓子作りだけでなく料理でも大活躍します。

画像1: 【レシピ】巨大カステラをフライパンで作ってみよう!ファミリーキャンプで挑戦!
Joseph Joseph (ジョセフジョセフ) 泡だて器 ウィスク ツイスト グリーン/ホワイト 200713
サイズ:295×80×70mm (フラット時/295×80×40mm)
本体重量:99g
素材・材質:ハンドル/ナイロン、シャフト/ステンレススチール、ワイヤー部/ステンレススチール・シリコン
原産国:中国
その他:食器洗浄乾燥機使用可
¥1,416
2020-10-09 16:25
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.