テーブルが狭くて食材を切りづらかったり、水場が遠かったり、煩わしい点も多いキャンプでの料理。キャンプ場で一から料理をするとなると、私の場合はもっぱらBBQです。もはや料理と呼べるのかすらも微妙なところ…。そんなズボラキャンパーでもパパっと料理ができちゃう必殺アイテムが、「アイラップ」です!食材の下準備や調理にフル活用できて、キャンプ場での料理がとても楽ちんになります。今回は、キャンプでアイラップを活用するポイントとレシピをご紹介します。

「アイラップ」って? 冷蔵・冷凍・レンジ・熱湯ボイル…とにかくマルチに使える万能ポリ袋!

オレンジのパッケージが目を引くアイラップ。一見ふつうのポリ袋ですが、さまざまな調理に対応する万能ポリ袋です。

一般的なポリ袋だと耐熱温度が低いため、ボイルや電子レンジでは溶けてしまう恐れがあります。

しかしアイラップは耐冷温度が-30度、耐熱温度が120度と幅広く、冷蔵・冷凍はもちろん、電子レンジや熱湯ボイルなど何にでも使えます。

防湿性に優れているので、食材をみずみずしく保つのにも役立ちます。また燃やしても有毒ガスが発生せず、環境に優しいのもポイントです。

冷凍にも対応している点もアイラップの優れているところ。食材をビニール袋からラップに包みなおしたりする手間はなく、そのまま冷凍ができて、湯せんやレンジによる解凍もアイラップのままでOK。

岩谷マテリアル アイラップ 25cm×35cm 60枚入×12箱

通常サイズのアイラップは横25cm(マチ4cm含む)×縦35cm。マチ付きなので、かさばる食材でも入れやすいです。60枚と大容量なのでどんどん使えます!

画像1: 【アイラップ活用レシピ3選】下ごしらえや調理に大活躍! 使い方とキャンプ料理をご紹介!
【送料無料】 岩谷マテリアル アイラップ 60枚入×12個セット ポリ袋 マチ付き 冷凍・電子レンジ可 耐熱 キッチン用品 業務用
清潔に食品の包装ができ、食品以外の包装にも便利に使えるマチ付きポリ袋のキッチンラップです。唐揚げや生姜焼きなど、肉料理の下味を揉み込む時や、食品の小分け保存などに便利です。冷凍、熱湯ボイル、電子レンジOKなので、そのまま蒸し料理などの調理までできちゃいます♪ご家庭用としても、業務用としてもお使いいただけます。日々のお料理にお役立てください。商品名岩谷マテリアル アイラップ60 マチ付きポリ袋内容量60枚入り×12個セット材質ポリエチレンサイズ約350×210mm(マチ40mm)その他仕様耐冷温度:−30度注意事項火や高熱のそばに置かないでください。オーブンなど高熱器具は絶対にご使用しない...
¥ 2,682
2020-09-02 17:06

岩谷マテリアル アイラップミニ 15cm×25cm 30枚入り×2箱

横15cm(マチ4cm含む)×縦25cmのミニサイズ。余った食材を保存したり、小さめの鍋で湯煎ボイルしたりするときに便利です。

画像2: 【アイラップ活用レシピ3選】下ごしらえや調理に大活躍! 使い方とキャンプ料理をご紹介!
アイラップミニ 袋のラップ15㎝×25㎝ 30枚入り×2箱
¥780
2020-09-02 17:14

岩谷マテリアル アイラップ エンボスタイプ 25cm×35cm 100枚入り×3箱

ポリ袋を使うとき、「手がカサカサして取り出しにくい…」なんてことよくありますよね。特殊加工が施されたエンボスタイプならスムーズに取り出したり開いたりできるので、料理も捗るはず!

画像3: 【アイラップ活用レシピ3選】下ごしらえや調理に大活躍! 使い方とキャンプ料理をご紹介!
アイラップ100 エンボスタイプ ( 100枚入*3コセット ) :37901:爽快ドラッグ - 通販 - Yahoo!ショッピング
アイラップ100 エンボスタイプ/キッチン用品/【発売元、製造元、輸入元又は販売元】岩谷マテリアル/・単品JAN:4980356200001/【アイラップ100 エンボスタイプの商品詳細】●便利で使いやすいアイラップシリーズ●日本食品分析センターの検査に合格。食品衛生法上、安心してお使いいただけます。●コンパクトで便利な三角パッケージ入りなので、最後の1枚まで、ワンタッチでカンタンに取り出せます。●袋の表面にエンボス加工を施すことで、取り出しやすさ、持ちやすさ、開きやすさがアップ。●環境保護に配慮し、燃やしても有毒ガスは発生しません。●マチ付き●100枚入/cate30412

アイラップ3つの活用術! キャンプでの料理をスムーズにするには自宅での下準備がカギ!

画像: アイラップ3つの活用術! キャンプでの料理をスムーズにするには自宅での下準備がカギ!

さまざまな調理に対応できるアイラップですが、キャンプではどう活用したら良いのでしょうか。ここでは、アイラップの活用術を3つご紹介します!

1.食材をカットして入れておく

キャンプ場でスムーズに料理するためには、「できることはやっていく」のが鉄則!

玉ねぎやニンジン、肉類などは、カットしてアイラップに入れておくのがおすすめです。包丁やまな板を洗う手間が省けるので、水場の遠いキャンプ場でも料理が苦になりません!

2.下味冷凍

お肉を調味料と一緒に漬け込んで下味冷凍しておけば、キャンプではしっかり味の染み込んだおいしいお肉を食べられます!

野菜も一緒にカットして冷凍しておけば、解凍して焼くだけで一品が完成。

カチカチに凍ったアイラップを他の食材と一緒に保冷ボックスに入れておけば、保冷効果もアップします!

3.あらかじめ作っておいた料理を湯煎ボイル

「キャンプでは料理よりほかのアクティビティを楽しみたい!」という方におすすめなのが、湯煎ボイル!

レンジがないキャンプ場でも、あらかじめ作っておいた料理を湯煎ボイルで温められます。チキンの煮込みや角煮など、汁気の多い料理がおすすめです。

次にキャンプ料理をする上で、アイラップを活用してできる簡単レシピを3つ紹介いたします。

アイラップで簡単レシピ1.「鶏もも肉のネギ塩レモンだれ」〜タレ作りも揉みながら混ぜるだけ!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

さっぱりと食べやすいネギ塩レモンだれは、夏のBBQにぴったり!きのこやじゃがいもなど他の具材と一緒に炒めてもおいしいです。

【材料】
・鶏もも肉 2枚
・料理酒 大さじ1
・片栗粉 大さじ1
・塩 ふたつまみ
・サラダ油 少々

(タレ)
・ねぎ 約20cm
・レモン汁 大さじ1
・ごま油 大さじ1
・塩 小さじ1/2
・砂糖 小さじ1/2

【作り方】
1.鶏もも肉は一口大にカットし、フォークでまんべんなく刺します。料理酒、片栗粉、塩と一緒にアイラップに入れて揉み込みます。

2.フライパンにサラダ油を熱し、中火で鶏もも肉を焼いていきます。

3.ねぎはみじん切りにして、レモン汁、ごま油、塩、砂糖と合わせてタレを作ります。

4.鶏もも肉をお皿に盛り付け、上にタレをかければ完成です。

アイラップは、下味をつけるために活用しました!

手を汚さずに揉み込めて、しっかり下味をつけられます。タレを作るときもアイラップを活用できます。

タレの材料をすべてアイラップに入れて、揉みながら混ぜ合わせるだけ。洗い物を減らせて便利なので、ぜひ試してみてください!

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.