耐久性・保冷性抜群で玄人キャンパーに人気が高いアメリカのプレミアムクーラーブランド「YETI(イエティ)」。そのブランドからコンパクトなソフトクーラーが誕生。一般的にソフトクーラーはハードクーラーに比べて保冷力が落ちると言われていますが、YETI(イエティ)のソフトクーラーはどうなのか?使い勝手はよいか?徹底的に調査してみました。

やっぱりYETI(イエティ)!キャンプだけでなく日常でも使える大きさを探して辿りついた「ホッパーフリップ12」

我が家でキャンプのときに使用しているのはハードクーラーのコールマン社の「ステンレススチールベルト」。厚さ3センチの発泡ウレタンが入っているスチール製で、テーブル代わりとしても使えて便利ですが、日常で使用するのは大きすぎる!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

これからの季節、ちょっとビーチに行くときや買物のときにも便利なサイズを探していたところ、見つけたのがYETI(イエティ)の「ホッパーフリップ」でした。

【すごい点①】猫が乗っても型崩れしないタフさ

ソフトクーラーというと、折り畳めてコンパクトになるものが主ですが、「ホッパーフリップ」は畳むことはできず、カタチがしっかりしていて、ハードとソフトクーラの中間のような位置づけ。タフさがウリのイエティだけあり、ソフトクーラーも丈夫。普通のソフトクーラーは上にモノを乗せることができませんが、これは10キロの猫が乗っても型崩れしません。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

カタチがしっかりして丈夫なので、サイドテーブルとしてビールやつまみなどちょっとしたものを乗せることだって可能です。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

【すごい点②】100%リークプルーフのジッパー!冷気も逃がしません

今まで使用していたソフトクーラーは、中の水が漏れることがありましたが、これはドライスーツに使用されているジッパーで水漏れの心配なし!釣りなど水辺のアクティビティーのとき、クーラーが濡れても、水の侵入を防ぎ、また、中の冷気を漏らさず保冷効果を高めてくれます。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

ただし、開け閉めのとき防水用のジッパーのため、固く子供ではちょっと開けにくいかもしれません。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

【すごい点③】用途によって持ち運びしやすい

ショルダーストラップがついており、クーラーが重くなっても肩掛けで持ち運びしやすい!

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

クーラー本体には、サイド、トップ、バックにハンドルがあり、重さや用途によってさまざまな持ち方が可能です。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

また、口も大きいため、肉や魚など嵩張るものも入れやすい点も◎。

【すごい点④】汚れにくく匂いも発生しにくい

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

シェル素材はウォータープルーフで、汚れにくい!たとえ肉汁がついてもペーパータオルで簡単に汚れを取ることができクーラーの中を清潔に保てます。また、カビやバクテリアに強い素材で、いろいろな食材を入れてもクーラーの中は匂いません。

画像1: 【徹底検証】ハードクーラーだけじゃない!YETI(イエティ)のソフトクーラーもかなり優秀だった!
品薄 new イエティ クーラー ホッパー フリップ 12 フィールド ブルー Hopper Flip 12 Field YETI :hc20-1:kshopmart - 通販 - Yahoo!ショッピング
イエティ クーラーズ ホッパー フリップ 12 フィールド Hopper Flip 12 Field YETI 在庫の確認が必要です。購入前にカラーの在庫確認をお願いいたします。アメリカでも品薄です。付属品全て込み日本未発売のプレミアムクーラーBOX。350ml缶が約12本入内寸:28x43.4 x 22.9 x 20.3cm 重量:1.4kg※販売デフォルトカラーはブルーです。その他カラー希望の場合はご連絡ください。在庫状況によりカラーが選択できない場合がございますので予めお問い合わせください。
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.