コーヒーやティータイムのお湯を沸かすだけでなく、ダッチオーブンやスキレットがなくとも、野外ですぐお湯が沸かせ、カップラーメンやスープなど即席料理が簡単にできるケトル。もちろん、鍋で水を沸かすことができますが、ケトルは軽量で持ち運びがしやすく、熱伝導率が高いため、素早くお湯を沸かせます。今回は野外で便利なケトルを目的別におすすめのものを7つ紹介します。

【LOGOS(ロゴス)】フラット型で山頂でもお湯が沸きやすい 耐久性も高くて登山におすすめなケトル

ケトルはステンレス素材でシルバーのモノが多いですが、ロゴスの「ザ・ケトル」は、アルミ素材で耐久性の高いハードアルマイト加工されたブラックカラー。フラット型で底の面積が大きく、沸騰しやすいのが特徴。メッシュの収納袋付きで持ち運びも楽です。

縦型のものは焚火やストーブに置くとき不安定になることがありますが、フラット型は多少凹凸がある場所でも置きやすく抜群の安定感があります。0.75リットル、1.4リットルの2サイズあり、選択できる点も◎。

LOGOS(ロゴス) ザ・ケトル

画像6: カップラーメンにコーヒーと登山やソロキャンプで大活躍 おすすめアウトドアケトル9選
ロゴス ザ・ケトル 750ml フラット型 アルミ製 傷つきにくいハードアルマイト加工 81210301
総重量:(約)150g
容量:(約)750ml
サイズ:(約)15×6.2cm
表面加工:ハードアルマイト
主素材:アルミ
携帯しやすいフラット型ケトル。
傷付きにくく耐久性の高いハードアルマイト加工。
メッシュの収納袋付き。
¥3,600
2020-07-05 12:35

【LOGOS(ロゴス)】ソロキャンプ・登山などにおすすめ! 折りたたみ可能で軽量コンパクトなケトル

ロゴスには折りたたみ可能なケトルもあります。容量は1Lとカップラーメンとコーヒーなどを楽しめるほどのたっぷりの水を沸かすことができ、折りたたみ可能なのでコンパクトに収納することができます。

ケトルを折りたたんで収納する部分はシリコン製です。シリコンは熱に強く、衛生面でも優れた材質です。また、直火使用可能でケトルの火に直接当たる底の部分はステンレス製です。ただしIHクッキングヒーターでは使用できないのでご自宅がIHの場合には兼用はできません。

機能性はもちろんコンパクトなケトル

折りたたみのケトルではありますがきちんと注ぎ口も付いているのでカップラーメンやコーヒーなどを登山やキャンプで楽しむ際にも注ぎやすいケトルです。

持ち運ぶ際には折りたたんで収納してコンパクトになるのでソロキャンプや登山など荷物をコンパクトにしたいアウトドアにおすすめなケトルです。

LOGOS(ロゴス) たためるケトル

画像7: カップラーメンにコーヒーと登山やソロキャンプで大活躍 おすすめアウトドアケトル9選
ロゴス ケトル たためるケトル1L 81210305
総重量:(約)400g
容量:(約)1L
サイズ:(約)21×14.5×13.7cm
収納サイズ:(約)21×14.5×5.8cm
主素材:シリコン、ステンレス、ナイロン
たためるケトル。かさばらずに収納・持ち運びができます。
ペッタンコに畳めるので邪魔になりません。
たっぷり容量1リットル。
IHクッキングヒーターでは、ご使用になれません。
¥4,620
2020-12-24 14:12

【Coleman(コールマン)】熱伝導率が高く気軽にティータイムが楽しめる!

次におすすめするのはキャンプやアウトドアで大活躍のケトル「【Coleman】パッカアウェイケトル」です。重量150g、サイズ15×13×8cmの商品です。容量は0.6Lとなっているほか、耐摩耗性に強いハードアノダイズド加工が施されており、傷がつきにくいです。

熱伝導率が高いアルミニウム製となっています。ティータイムが気軽に楽しめるほか、最後まで傾けてもフタが外れることがないデザインとなっているのも人気のポイントとなっています。メッシュポーチ付きとなっています。

画像8: カップラーメンにコーヒーと登山やソロキャンプで大活躍 おすすめアウトドアケトル9選
コールマン パッカウェイケトル/0.6L 2000010532
サイズ:約15×13×8(h)cm
重量:約150g
材質:本体/アルミニウム、ステンレス、シリコン
付属品:メッシュポーチ
容量:約0.6L
¥1,972
2021-04-29 20:14

This article is a sponsored article by
''.