キャンプの夜に欠かせない照明器具。ヘッドライトや懐中電灯などさまざまな種類がありますが、ランタンがひとつあると、夜のアウトドアでの過ごしやすさが増し、見た目にもオシャレなキャンプサイトになります。今回は、ランタン購入欲がMAXに高まっているキャンプ好きな筆者が、ランタンの種類や選び方をまとめました!

【キャンプ用ランタン選び】初心者によくある悩み「種類が多すぎて選ぶのが難しい…」を解決します!

画像: 【キャンプ用ランタン選び】初心者によくある悩み「種類が多すぎて選ぶのが難しい…」を解決します!

キャンプ用のランタンを買おうと思ったときに「種類と選び方がわからない、使い方も難しそう」と感じる人も多いのでは?

筆者もかつて「ランタンの種類がいまいちわからない」と感じていた一人…。

特にわからなかったのが、以下の点です。

  • どれも同じに見える
    (形や種類が同じに見える)
  • 使う燃料がわからない
    (ガソリン、ガス、オイルなど)
  • 使い方がわからない
    (用語もわかりにくい)
  • 適した明るさがわからない
    (照らす範囲や明暗など)
  • 用途別にどう選ぶのかわからない
画像1: 筆者

筆者

種類が多すぎる&専門用語が多用されていて、わかりにくいんですよね…!

そこで今回は、ランタンの種類や特徴について、過去の自分のようなキャンプ初心者にもわかるようにくわしくまとめることにしました。

キャンプで使われているランタンの種類と燃料や特徴~LED・ガソリン・ガス・オイル~

画像: キャンプで使われているランタンの種類と燃料や特徴~LED・ガソリン・ガス・オイル~

1)LEDランタン

  • 燃料:電気(乾電池式、充電式がある)
  • 特徴:白色と暖色があり、大きさや明るさなど、種類が豊富、明るさの単位はルーメンで数字が大きいものほど明るい
  • メリット:火を使わない、一酸化炭素が発生しない、扱いやすい
  • デメリット:灯りが人工的、ギアを扱う楽しみがない
画像2: 筆者

筆者

火を使わないのでキャンプ初心者でも安心です。

2)ガソリンランタン

  • 燃料:ホワイトガソリン
  • 特徴:広範囲を照らせる、燃費がよく、火力が安定する
  • メリット:寒い環境でも着火しやすい
  • デメリット:燃料タンクに圧力をかけるポンピングや、空焼きなどの作業が必要
画像3: 筆者

筆者

手間はかかりますが、寒い環境でも使えるのが◎。

※ガソリンランタンの点火方法は、コールマン「286A」の手順を写真付きで開設したこちらの記事をご参考に!

3)ガスランタン

  • 燃料:ガス(OD缶、またはCB缶)
  • 特徴:点火と消火が簡単、やわらかく温もりのある灯り
  • メリット:ポンピング不要、着火と消火が簡単
  • デメリット:ランニングコストが高い、寒冷に弱い
画像4: 筆者

筆者

点火しやすいことと、ガソリンに比べて手間が少ないのが魅力!

4)ハリケーンランタン(オイルランタン)

  • 燃料:灯油(ケロシン)またはパラフィンオイルなど
  • 特徴:扱いやすく、形や灯りに趣がある
  • メリット:燃費がよい、風に強い
  • デメリット:光量が少ない、芯の下準備が必要
画像5: 筆者

筆者

筆者が今一番ほしいタイプのランタンです。

※点火方法はこちらの記事をご参考に!

このほかにも、ロウソクを使うキャンドルランタンや、蛍光灯ランタンなどがあります。

この言葉の意味が知りたかった! キャンプビギナーを悩ませるランタン用語を解説

画像: この言葉の意味が知りたかった! キャンプビギナーを悩ませるランタン用語を解説

ポンピングやパラフィンオイル、OD缶など、日常の生活ではあまり使わない用語も、キャンプ初心者さんのランタン選びを悩ませますね。

そこで、ランタンを選ぶ上で、知っておくと役に立つ用語をご説明します。

画像6: 筆者

筆者

いずれもランタンを選んでいると、よく出てくる言葉です!

ポンピング

燃料タンクに空気の圧力をかける動作。

ガソリンランタンは、加圧した空気で燃料を送り出す仕組みなので、ポンピングが必要です。

ポンププランジャー

燃料タンク内に空気圧を送り込むときに使う、ノブと付属の棒。

プレヒート

液体燃料は、気化してガス化する必要があります。

ランタンのプレヒートは、燃料を気化させる場所(ジェネレーター)を余熱することをいいます。

マントル

ガスやガソリンランタンにおける、発行体となるもの。LEDで言えば電球にあたる部分。

OD缶

画像1: 【キャンプ用ランタンの選び方】4つの種類とシーン別のおすすめをご紹介
コールマン 純正LPガス燃料 Tタイプ 230g 5103A230T
サイズ:約直径11×8.8(h)cm
容量:230g
¥503
2020-06-21 19:04

OutDoor(アウトドア)缶のことで、丈が短く、コロンとした形のガス缶。

屋外で使うことを目的として作られているため、出力が安定しやすい。

CB缶に比べてコストは高め。

CB缶

画像2: 【キャンプ用ランタンの選び方】4つの種類とシーン別のおすすめをご紹介
ソト(SOTO) パワーガス 3本パック ST-760 [HTRC 2.1]
本体サイズ:幅20.5×奥行6.5×高さ21cm
本体重量:1.3kg
原産国:日本
(1本当たりの)サイズ:直径69×高さ195mm
(1本当たりの)ガス容量:240g
¥632
2020-06-21 19:05

カセットボンベ缶のことで、丈が長く、スラリとした形のガス缶。

スーパーや100均でも入手可能なコスパの良い燃料。

OD缶に比べ、出力が弱いという特徴があり、寒冷地や高地でCB缶を使う方は、ハイパワーCB缶を選ぶとよい。

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.