千葉県成田市にある旧久住第二小学校は、「Ready to Flight! NARITA〜旅の準備をする宿〜」と名前を変え、成田空港利用の旅行者を受け入れるHOTELとして廃校を見事にリノベーションし、活用されています。今回、「校庭部分をキャンプ場にして新たにオープンした」という情報を聞きつけたので、早速家族でデイキャンプに行ってきました!廃校の校庭キャンプの4つの魅力を中心に体験レポートをまとめました。

子どもの頃の夢が叶う! 学校の校庭で楽しむ「Ready to Flight! NARITA」のキャンプ場

千葉県成田市の東関東自動車道「成田IC」より車で15分ほどのエリアに位置する「Ready to Flight! NARITA」は、2019年に廃校をリノベーションして成田空港利用の旅行者を受け入れるHOTELとして生まれ変わりました。今回筆者が向かったのは、その校庭にオープンしたばかりのキャンプ場です。

画像1: campeena.com
campeena.com

まず最初に興奮したのは、Ready to Flight! NARITAのキャンプ場への入り方。“学校”という場所に、“校門から”“自家用車で乗り付ける”というのが、こんなにドキドキするものとは。誰の目があるわけでもないのに、ドギマギしてしまいました。

画像: 手前側は、全て子ども達の遊び場。奥のプールは防火用水として利用されている。 campeena.com

手前側は、全て子ども達の遊び場。奥のプールは防火用水として利用されている。

campeena.com

受付を済ませると、車のまま校庭へ乗り込んで設営OK! 広い校庭の真ん中には、キャンプファイヤー用のサークルも作られていて、とても解放的な空間の作りです。

画像: 奥の建物が体育館。〜22時まで3000円/時で利用が可能。 campeena.com

奥の建物が体育館。〜22時まで3000円/時で利用が可能。

campeena.com

というのも、奥に見える体育館を時間利用で貸し出しているそうで、出入りする人の音の問題なども考慮して、サイトは校庭の奥側4サイトデイ専用サイト1サイトのみにしているそうなんです。

画像: サイトの区切りがないので、お互いに配慮しつつ・お声がけしつつ、遊ばせていただきました。 campeena.com

サイトの区切りがないので、お互いに配慮しつつ・お声がけしつつ、遊ばせていただきました。

campeena.com

テントサイトよりも遊び場の方が圧倒的に広い、贅沢すぎる遊び空間。普段は気を使うシャボン玉も、ここでなら思う存分楽しめます。

目の前に広がる自由な空間に、外出自粛が続いていた子ども達も大喜びで、食事も程々に、とにかくずっと走り回っていました。

【廃校キャンプの魅力1】懐かしささえ感じる“学校の音”

画像: 昔はブランコがあったという丘の上のサイト。土管トンネルや平均台が残る。 campeena.com

昔はブランコがあったという丘の上のサイト。土管トンネルや平均台が残る。

campeena.com

この日も、バスケットボールやバレーボール団体の利用があったようで、体育館からはボールの音や掛け声、笛の音が響いていました。

でも…“学校の音”だからか、不思議と全く気にならないんです。

画像: 校庭の隅にあるタイヤの遊び場。 campeena.com

校庭の隅にあるタイヤの遊び場。

campeena.com

むしろ、小学校時代の授業を思い出して、眠気を誘うサウンドに聞こえるほど。お腹いっぱいで、遠くに感じる人の気配は、外の道を時々通り過ぎる車の音さえも、なんとなく懐かしく…とっても心地いい空間でした。

画像: 玉拾いは大変ですが、空気銃も周囲を気にせず打ち合えます(笑) campeena.com

玉拾いは大変ですが、空気銃も周囲を気にせず打ち合えます(笑)

campeena.com

【廃校キャンプの魅力2】学校をフル活用した小さな「博物館」のような施設

校門やタイヤ遊具以外にも、施設内のいたるところに“学校の気配”を感じる作りをしている、こちらのキャンプ場。

いろいろな「懐かしスポット」があるので、ぜひ一周してみてください。ただ歩いているだけなのですが、自然と思い出話に花が咲くはずです。

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.