みんな大好きな豚汁はキャンプメニューの鉄板! 具だくさんで食べごたえもあり、子供から大人まで、季節関わらず重宝するメニューですよね。ただ、豚汁って、いろんな具材を下ごしらえしないといけないので、正直ちょっとめんどくさいところも……。そこで、下ごしらえの手間がかからない業務スーパーの『味噌汁の具』を使った、簡単すぎる豚汁レシピを紹介したいと思います。

みんなの味方の業務スーパー! コスパ良な商品がたくさん

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

量が多くて、値段も安い! コストパフォーマンスに優れていることで有名な業務スーパーですが、コスパ良な上に、お手軽に調理できる商品も多数!筆者も、日ごろの食卓で、大変お世話になっています。

今回は、豚汁を作るにあたって、業務スーパーの商品を使って、「お手軽」に特に焦点を当てたレシピを紹介したいと思います。

スーパーのほぼ半額で買える『味噌汁の具』を使って豚汁を作る!

今回紹介したい『味噌汁の具』は、驚きのコスパの良さで、初めて見つけたときは驚いてしまいました。『味噌汁の具』をはじめ、今回業務スーパーで購入したのはこちら!

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

このメインの食材3点を購入してきました。ひとつひとつ紹介していきます。

材料1:味噌汁の具

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

今回のおすすめアイテム『味噌汁の具』は、固形量がたっぷり300g入って97円(税抜き)という驚きの価格。 一般的なスーパーで販売している同等の量のもののほぼ半額です!

豚汁の具材にぴったりな、大根、ごぼう、にんじん、こんにゃくの4種類の水煮が入っています。もちろんすべての具材に火が通っていて、こんにゃくの下茹でも必要ないので、大幅な時短ができます。しかも、具材のカットも大き目! 食べごたえのある大きさです。

賞味期限も半年以上あるので、冷蔵庫にストックしておいてもいいですね。

材料2:きざみねぎ

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

国産のきざみねぎが90g入っていて、85円(税抜き)でした。スーパーの倍くらいの量のねぎが入っていて、それでもスーパーより安かったので、半額以下ですね。こちらもコスパ良です。

刻む手間も省けて、たっぷり使えるのでおススメです。

材料3:豚切り落とし

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

カナダ産の豚肉の切り落としが400g入っていて、358円(税抜き)です。100gあたり89円程度です。

冷凍肉ですが、1枚ずつパラパラに冷凍されてるので、ちょっとだけ使いたい時などにとても便利です。

カットの大きさもちょうど一口大くらいなので、改めてカットする必要もなく、そのまま料理に使うことができます。

【豚汁レシピ】包丁を使わず調理可能! 簡単&時短な豚汁作りスタート!

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

お手軽豚汁の材料(3~4人分)

【材料】
◆『味噌汁の具』・・・1袋
◆『豚切り落とし』・・・200g
◆『きざみねぎ』・・・好きな量
◆ 水・・・600cc
◆ 顆粒だし・・・小さじ2と½
◆ 味噌(お好みの種類)・・・大さじ2
◆ サラダ油・・・大さじ1/2

1.『味噌汁の具』を水洗いする

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

袋から出してザルにあけます。臭みを取るために、ざっと水洗いをして、水気をきっておきます。

2.深めの鍋で豚肉を炒める

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

鍋にサラダ油を入れ、中火で熱し、豚肉を炒めていきます。

解凍してからでもいいですが、1枚ずつパラパラになっているので、凍ったままでも大丈夫です。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

豚肉に軽く火が通るまで炒めます。

3.『味噌汁の具』を鍋に投入する

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

豚肉に火が通ってきたら、しっかり水気をきった『味噌汁の具』を鍋に入れます。

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

具材はすでに火が通っているので、全体に炒め油がなじめばOK!

4.水と顆粒だしを入れる

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

水600ccを鍋に入れ、

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

顆粒だしも加えます。

5.アクを取って味噌を溶かし入れる

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

煮立ってきたら、アクを取ります。このひと手間がおいしさのポイントなので、丁寧にアクを取りましょう。

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

お玉に味噌を入れ、煮汁で少しずつ溶かし入れます。

6.きざみねぎを加えて完成!

画像16: 筆者撮影

筆者撮影

きざみねぎを好きな量入れます。筆者はねぎ好きなのでたっぷり入れました!

ねぎを入れるのと入れないのとでは、味の深みが全然違うので、入れるのがおすすめです!

画像17: 筆者撮影

筆者撮影

超簡単&時短な豚汁の完成です!

調理時間は15分程度だと思います。野菜類は初めから火が通っているので、煮込み時間がほとんど必要ありません。

豚肉も火が通りすぎないので、硬くならずジューシーに仕上がります。

画像18: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプ飯っぽく、シェラカップに盛り付けてみました。

お好みで、追いねぎしたり、七味をかけたり、ごま油を回しかけたり、しょうがを入れてもおいしいと思います。

業務スーパーのアイテムであっという間に豚汁完成! ゴミが少ないのでキャンプ飯に最適

業務スーパーの『味噌汁の具』を使えば、下ごしらえに時間のかかる豚汁もあっという間に完成します!

冷凍の豚肉ではなく生の豚肉を使う場合でも、自宅で一口大に切ってジッパー袋に入れて持参すれば、キャンプ場で包丁も使うこともなく、各野菜の下ごしらえも必要ありません。ゴミも手間も少なく済み、とてもお手軽に豚汁を作ることができますよ。

普段料理をしない筆者の夫も、この豚汁はささっと作ってくれます。子供たちも「お父さんの豚汁大好き!」と言ってくれるので、このレシピさえマスターすれば、キャンプ場では料理上手なヒーローに。

超簡単な具だくさんの豚汁、ぜひ作ってみてくださいね。

業務スーパー関連記事もチェック!

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.