みんな大好きな豚汁はキャンプメニューの鉄板! 具だくさんで食べごたえもあり、子供から大人まで、季節関わらず重宝するメニューですよね。ただ、豚汁って、いろんな具材を下ごしらえしないといけないので、正直ちょっとめんどくさいところも……。そこで、下ごしらえの手間がかからない業務スーパーの『味噌汁の具』を使った、簡単すぎる豚汁レシピを紹介したいと思います。

コストパフォーマンスが高く食卓で大活躍! 業務スーパーの商品で豚汁も簡単に作れちゃう!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

量が多くて、値段も安い! コストパフォーマンスに優れていることで有名な業務スーパーですが、コスパ良な上に、お手軽に調理できる商品も多数!筆者も、日ごろの食卓で、大変お世話になっています。

今回は、豚汁を作るにあたって、業務スーパーの商品を使って、「お手軽」に特に焦点を当てたレシピを紹介したいと思います。

具材はこれで決まり!豚汁は業務スーパーの『味噌汁の具』で作っちゃおう 野菜を切る手間を省ける!

今回紹介したい『味噌汁の具』は、驚きのコスパの良さで、初めて見つけたときは驚いてしまいました。『味噌汁の具』をはじめ、今回業務スーパーで購入したのはこちら!

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

このメインの食材3点を購入してきました。ひとつひとつ紹介していきます。

材料1:味噌汁の具

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

今回のおすすめアイテム『味噌汁の具』は、固形量がたっぷり300g入って97円(税抜き)という驚きの価格。 一般的なスーパーで販売している同等の量のもののほぼ半額です!

豚汁の具材にぴったりな、大根、ごぼう、にんじん、こんにゃくの4種類の水煮が入っています。もちろんすべての具材に火が通っていて、こんにゃくの下茹でも必要ないので、大幅な時短ができます。しかも、具材のカットも大き目! 食べごたえのある大きさです。

賞味期限も半年以上あるので、冷蔵庫にストックしておいてもいいですね。

材料2:きざみねぎ

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

国産のきざみねぎが90g入っていて、85円(税抜き)でした。スーパーの倍くらいの量のねぎが入っていて、それでもスーパーより安かったので、半額以下ですね。こちらもコスパ良です。

刻む手間も省けて、たっぷり使えるのでおススメです。

材料3:豚切り落とし

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

カナダ産の豚肉の切り落としが400g入っていて、358円(税抜き)です。100gあたり89円程度です。

冷凍肉ですが、1枚ずつパラパラに冷凍されてるので、ちょっとだけ使いたい時などにとても便利です。

カットの大きさもちょうど一口大くらいなので、改めてカットする必要もなく、そのまま料理に使うことができます。

【業務スーパーで簡単豚汁レシピ】具材を切らなくて良いから包丁要らず! 材料を確認しよう!

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

お手軽豚汁の材料(3~4人分)

【材料】
◆『味噌汁の具』・・・1袋
◆『豚切り落とし』・・・200g
◆『きざみねぎ』・・・好きな量
◆ 水・・・600cc
◆ 顆粒だし・・・小さじ2と½
◆ 味噌(お好みの種類)・・・大さじ2
◆ サラダ油・・・大さじ1/2

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.