料理中に出たその野菜くず、捨てるのちょっと待って!ヘタや根っこなど、いつもなら捨てている部分を水に浸けておくだけでもう一度野菜が収穫できる「水耕栽培」に挑戦してみませんか?成長が早く経過観察も面白いので、お子さんの学習にもおすすめです。家庭菜園初心者でも簡単にできます。エコで節約にもなる、元手ゼロのお手軽な「再生野菜」の楽しみ方をご紹介します。

「リボベジ」って知ってる? 水耕栽培で簡単に野菜を再生しよう!

リボベジという言葉をご存知ですか?

野菜くずを捨てずに再度収穫できるまで育て、復活させることをリボーンベジタブル、略してリボベジと言います。

画像1: 作:たなみお

作:たなみお

さて、リボベジと聞いて、どんなものを思い浮かべるでしょうか?

貧乏くさい?節約につながりそう?

筆者は「おしゃれ」だと感じていたのですが、実際に行ってみた結果、私の理想と現実はこうでした。

画像2: 作:たなみお

作:たなみお

いや全然おしゃれちゃうやん!!

しかしこれは、本人のセンスと心がけの問題でしょう。これはこれで良いのです、「エコのためにやっているんだ、ケチじゃない、リボベジなんだ!」と、自分を奮い立たせて育てました。

せめて可愛らしい食器でもあれば少し印象は違ったのでしょうが...

北欧風のデザインが素敵で、手頃に入手できる豆皿を使用するといい感じです。

画像1: 家庭菜園をはじめよう! 初心者でも簡単♪野菜クズを使った水耕栽培のやり方~人参・大根・豆苗~
小皿 醤油皿 豆皿 5枚 セット 北欧 洋食器 風 食器セット/7-1844-1
サイズ:直径12cm×深さ2cm
素材:磁器
製造:日本(美濃焼き)
重さ:約110g ※焼き物の為若干誤差が生じる場合がございます。予めご了承下さいませ
¥1,590
2020-05-29 11:46

美濃焼のこちらの豆皿セットは、食洗機・電子レンジOKで普段使いにも便利そう。

何より柄が可愛いので気分も上がること間違いなし!

さて、「リボベジ」という横文字に踊らされた感満載...で始めたリボベジ実験でしたが、育成結果は意外と良好でした。

我が家の過酷?な状況でも野菜は確実に再生しました。野菜のもつ生命力の高さに驚きます。

今回私が行ったのは、以下3つの野菜の水耕栽培。

  • 人参
  • 大根
  • 豆苗

育て方のコツ、失敗・成功の体験談をご紹介します。

【野菜別】初心者でもできる簡単水耕栽培! 成長の記録と栽培のコツ

基本的に育て方は簡単、毎日水を取り替えるだけです。

夏場は水温も上がりやすく、根腐れを起こしやすいので、朝晩二回は水を取り替えるようにしましょう。

その際、細菌の繁殖やぬめりを防ぐために、入れ物や野菜本体も洗うようにしておきましょう。

私はこれを怠って、再生初挑戦したパクチーをダメにしました...

それでは、ここからは人参・大根・豆苗の3つの成長記録と、その過程で学んだコツを書き記しておきます!

【簡単にできる家庭菜園1】人参の葉の水耕栽培の記録とコツ

まず、実のオレンジと、葉っぱの緑のコントラストが可愛い人参(の葉)を再生させてみました。

画像3: 作:たなみお

作:たなみお

人参のリボベジには、いつも捨てているヘタ部分を使います。

ヘタ部分を普段より少し分厚く切ると大きく育つらしいですが、私はそれではエコな観点から本末転倒な気がするので、普段と変わらず薄く切りました。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

人参は14日ごろから成長が、かなりゆっくりになりました。

枯れる気配もなかったので、そのまま28日目まで育てました

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

もう完全に観葉植物化しています。食べる機会を逃したかも!(食べるけど)

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.