電動ドライバーは、家具の組み立てやDIYをする時にとても便利です。でも初めて使う時って、数ある製品の中でどのタイプを選んでいいのか不安に思うこともありますよね。今回は、DIY初心者の方や女性でも使いやすいおすすめの電動ドライバーと、マスターしたい基本の使い方をご紹介します。

電動ドライバーはDIYや家具の組み立てのマストアイテム! 電気の力で簡単にビス留めが可能になる

画像: 筆者提供:DIYには欠かせません。

筆者提供:DIYには欠かせません。

ドライバービットを装着した電動ドリルドライバーは手回しのドライバーと違い、電気の力でビス留めができるパワーツールです。

例えばDIYでウッドデッキを作る時、手作業でビス留めをしていては日が暮れてしまいますよね。電動ドライバーは、少ない労力と時間でしっかり固定できてしまうスグレモノ。

最近では女性でも扱いやすい小型タイプなども登場し、さまざまな種類のアイテムがあります。

電動ドライバーの電源は「コード式」と「バッテリー式」の2種類! 作業場所や用途によって選ぼう!

電動ドライバーには2種類の電源タイプがあります。家庭用コンセントから電源をとる「コード式」は充電切れの心配が無く、安定した作業ができます。

「バッテリー式」は使用場所を選ばず、自由が利くのが特徴です。

安定したパワーで長時間作業できるコード式タイプ

画像: 筆者提供:振動ドリルとしても使えます。

筆者提供:振動ドリルとしても使えます。

コード式タイプの特徴

メリット:コード式タイプは電池切れの心配が無く、長時間安定的に使用することができます。比較的安価で手に入ることも魅力。

デメリット:使用中にコードが絡むなど、コードレスに比べ作業性が劣る場合も。

筆者はこの「Makita(マキタ)」の電動ドライバー「M814」愛用しています。コンクリートへの穴あけも可能な振動ドリルとしても使うことができます。

画像1: 【DIY道具】必需品の電動ドライバー マキタの商品や基本的なビス留め方法を紹介!
マキタ(Makita) 震動ドリル コンクリ13mm 鉄工13mm 木工18mm M814
マキタ 振動ドリル M814
¥12,000
2020-04-29 10:21

場所を選ばず作業性も高いバッテリー式

画像: 筆者提供:インパクトドライバーは万能アイテム

筆者提供:インパクトドライバーは万能アイテム

コードレスタイプの特徴

メリット:持ち運びしやすく、場所を選ばずにどこでも作業ができます。

デメリット:充電が少ないとバッテリー切れを起こすことがあり、長時間の使用には向きません。比較的高価でプロ仕様は10万円を超えるものも。

写真は「インパクトドライバー」という電動工具で、ビットの先端を高速回転させ、加えて打撃(インパクト)を対象物に与えることができます。

それにより電動ドライバー以上に強力でスピーディーにビス留めなどの作業を行うことが可能。大工さんもほとんどの方が使うほどメジャーな電動工具で、一度使うと手放せないほど便利!

「Makita(マキタ)」の「TD090DWX」はスタイリッシュなデザインで扱いやすく、筆者も5年ほど使用しています。

画像2: 【DIY道具】必需品の電動ドライバー マキタの商品や基本的なビス留め方法を紹介!
マキタ(Makita) 充電式インパクトドライバ 10.8V 1.3Ah 青 バッテリー2個付き TD090DWX
電動機:直流マグネットモータ
バッテリ(容量):リチウムイオンバッテリ BL1013(容量1.3Ah)
電圧:直流10.8V
回転数:0~2,400min-1(回転/分)
打撃数:0~3,000min-1(回/分)
締め付けトルク:90N・m(918kgf・cm) M12(強度区分10.9)高力ボルト3s(秒)締め付け時
締め付け能力:コーススレッド/22~90mm、小ネジ/M4~M8、普通ボルト/M5~M12、高力ボルト/M5~M10
本機寸法:長さ155×幅54×高さ178mm
質量(バッテリ含む):0.92kg
標準付属品:バッテリ(BL1013/1.3Ah)2本、充電器(DC10...
¥14,667
2020-04-29 10:23

充電式ドライバーは「木材の厚さ」で選ぼう! オールマイティに使えるインパクトドライバーがおすすめ

画像: 筆者提供:厚みのある木材などにはインパクトドライバーがおすすめ。

筆者提供:厚みのある木材などにはインパクトドライバーがおすすめ。

充電式の「ドリルドライバー」「インパクトドライバー」は機能はどちらも似たようなもの。そこで使い分けるポイントとして覚えておきたいのが、「使う木材の厚さ」です。

薄い板などを取り付ける場合は、締め付けスピードを調整できるドリルドライバー厚みのある木材を接合するならインパクトドライバーという使い分けでよりスムーズで材料を傷めずに仕上げることができます。

理想は両方を購入して作業に応じ使い分けるといいですが、予算もかかりますのでオールマイティに使えるインパクトドライバーを選ぶのがおすすめです。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.