みなさんこんにちは。外で飲むハイボールは3倍美味しいと感じるくにぱぐです。最近は、お出かけには良い時期ですが、なかなか大勢でのキャンプやバーベキューは出かけにくいですよね。機会があればサッと外出して肉を焼き、お酒も楽しみたいところですが、今回は家族で「小型焚火台をバックパックに詰めて、本格的なバーベキューをしにでかけよう」という記事です。よければ参考にしてみてください!

コンセプトは「電車に乗って本格的なバーベキューを!」 小型焚き火台のススメ

画像: コンセプトは「電車に乗って本格的なバーベキューを!」 小型焚き火台のススメ

5月は潮干狩り、運動会などのイベントが続く、いわゆる「行楽シーズン」。

出来合いのお惣菜や自分で作ったお弁当も美味しいのですが、キャンパーだったらこの機会にバーベキューやキャンプ料理を楽しみたいところですが、この状況下ではグループではなく家族で楽しむのが無難ですね。

とはいえ、常にマイカーでのお出かけとは限りませんし、マイカーで日帰りですとなんと言ってもお酒が飲めなくなるのがキツいです。

そこで役に立つのが「小型焚き火台」です。小型の焚き火台はその名の通り、本来は小規模な焚き火を楽しむためのものです。が、バーベキューグリルとして使っても問題はありません。

薪ではなく炭火を使うことになりますので火起こしの問題はありますが、どうすれば効率的に、少ない荷物でバーベキュー(や、他の料理)が楽しめるのか、工夫をしてみました。

小型焚き火台はお好みでOK! ゴトクが安定するものならベスト

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

私が使っている焚き火台は「ZEN PIT」です。

バラした時のサイズはA4用紙と同じで、重量もたったの700グラムしかありません。組み上げるとしっかりとしたサイズの焚火台になり、大きめの薪を使うこともできます。
今回はこちらを使います。

ZEN PITをバーベキューグリルに転用する場合、ゴトク渡し用の棒が2本セットされており、ここに網を乗せればそれだけで済むこと、シンプルな構造のため多めに炭などを乗せても比較的安定感があることがメリットです。

画像1: 小型焚き火台とバックパックのみの軽量装備! 家族でお手軽バーベキュー
ZEN PIT (焚き火台)
※日本郵政にて発送をいたします。
ZEN PITはモビリティに優れ、様々な調理方法に対応する焚き火台です。
A4に収まる仕舞いサイズにかかわらず一般的なサイズの薪をそのまま置くことができ、また調理のために考えられた2つの高さのゴトク渡しを備えています。
◆動画や各種詳細説明は、オフィシャルサイトを御覧ください。
https://zenpit.fun/
◆最新の情報や、ご購入者さまの写真、レポートなどはTwitterをご参考になさってください。
https://twitter.com/ZENPIT_official
◆購入にあたっては、ページ下部にございます「購入前にご確認ください」をご一読ください。
◆セット内容
本体 ×2
梁 ×3
火床 ×1
丸棒 ×2
ステッカー ×1
保存袋 ×1
※ステッカーと保存袋はオマケ程度とお考えください

小型の焚き火台は数多くのメーカーからいろいろな種類のものが発売されており、好みのものを使うといいでしょう。くわしい記事はこちらになります。

グリルとして使いやすいものの条件としては以下のような感じでしょうか。

  • 安定感があり、耐荷重がある程度あるもの。
  • ゴトクを乗せやすいこと。

焚き火台で必要な準備は? 着火剤不要の炭や追加装備を用意しよう!

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

ZEN PITに限らずこの手の小型焚き火台は、100円均一ショップで買えるものがオプションパーツ的に使えますので、時間をとって探してみましょう。

私は今回、灰受け用のアルミトレイ、網、トング、そして、これらと焚火台がまるごと入るケース(ノートパソコン用)を見つけました。

行楽の場合、チェアではなく、レジャーシートなどの上で焚き火台を使用するケースも多く、灰受けはいわゆるスパッタシートと呼ばれる布状の耐火シートより、大きめのアルミトレイの方が安心感があります。(※ 焚き火台は利用敷地内の規則を確認の上、許可のある場所でのみ利用しましょう)

欲を言えば、スパッタシートを広めに敷き、その上にアルミトレイを置くのがより安全でしょう。また、レジャーシートも格安のものを使い、火花で穴が空いたら使い捨てるぐらいの気持ちでいた方がいいでしょう。

画像2: 小型焚き火台とバックパックのみの軽量装備! 家族でお手軽バーベキュー
ICHIFUJI 耐火 防炎 スパッタシート 瞬間耐火温度1500度 溶接 薪ストーブ用 (ハトメ有り, 1m*1m)
⭐作業温度は700度、瞬間使用温度はなんと1500度と耐熱・耐火に特化したスパッタシートです。
⭐溶接時のノロ・火花に対して、優れた耐火性・耐熱性・断熱性を発揮します。触れると柔らかいですが、ガラス繊維を含んでいるため皮膚に刺激を伴う可能性があります。溶接火花養生シート、防火シート、耐炎カバー類としてご使用いただけます。
⭐たき火・コンロ・ストーブ類・煙突の周りなどにもお使いいただけます。 不燃シート用生地、耐熱シート用生地、防炎シート用生地、焚火、お仏壇のろうそくや線香、タバコなど火の元の心配な所で活躍します。
⭐たき火・コンロ・ストーブ類・煙突の周りなどにもお使いいただけます。 不燃...
¥2,280
2020-04-07 16:13

炭については、こちらの成型炭がおすすめです。

画像3: 小型焚き火台とバックパックのみの軽量装備! 家族でお手軽バーベキュー
ロゴス 固形燃料 エコココロゴス・ミニラウンドストーブ4 83100104 [HTRC 4.1]
総重量:(約)600g
内容量:4pcs
サイズ:(約)7.5×3.5cm×4pcs
主素材:ヤシガラ
狭いエリアで使いやすいミニタイプのラウンドストーブ。
1個で4枚のステーキが焼けます。
¥682
2020-04-07 16:13

炭として見ると価格の高さが気になるのですが、何しろライター1つで確実に着火できます。

通常の火起こしは、チャコールスターターと呼ばれる道具を使ったり、ガスバーナーで炭を炙ったりするのですが、例えば花見会場でそんな場所はないですし、道具も大きく増えてしまいます。その点、成型炭ならそうした着火の用意がほぼ何もいらないのです。

道具が限定される環境においては、これに勝るメリットはないと思います。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

なお、上記のロゴスのミニサイズのもの2つで1時間程度は燃え続けるのですが、火力やコストパフォーマンスに少々難があるため、私はその上にオガ備長炭を乗せています。

成型炭の力で勝手に燃え出してくれますし、熱量が底上げされますので、この方法はおすすめです。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

焼肉だけなら、以上の装備でまず問題なく楽しめますよ。

小型焚き火台で料理の幅を広げる工夫をしてみよう!

単純に肉を焼くだけならここまででよいのですが、せっかくキャンパーが参加するのですし、ちょっと道具を足して、さらに手の込んだ料理を出してみてはいかがでしょうか?

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

画像4: 小型焚き火台とバックパックのみの軽量装備! 家族でお手軽バーベキュー

今回、私はスキレットでスモークチーズのアヒージョと、ナポリタンを作ってみました。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

レシピはこちらの記事で詳しく紹介しています。

アヒージョを作る際に必要な道具は鉄製のスキレットだけです。スキレットをそのまま焚き火台に乗せれば、炭の火力で十分加熱することができます。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

ナポリタンも炒める工程はアヒージョ同様にスキレットでできます。麺茹でだけはシングルバーナーとコッヘルを使いました。

いずれの料理もポイントとしては、食材はあらかじめ家でカットして、料理単位でジップロックに入れて持っていきます。

また、ナポリタンの調味料(ケチャップ、牛乳、ソース、ブイヨンを混ぜておく)も、同じようにあらかじめ混ぜてジップロックに入れておきました。

こうすることで大幅に荷物を圧縮できます。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

食材などはソフトクーラーボックスで運ぶといいでしょう。保冷効果はしっかりしていますし、使い終わったら降りたんでバックパックにしまうこともできます。

画像5: 小型焚き火台とバックパックのみの軽量装備! 家族でお手軽バーベキュー
サーモス ソフトクーラー 5L ミッフィー ブラック REH-005B BK
サイズ(約):幅24×奥行15×高さ18.5cm
素材・材質:外生地/ポリエステル、内生地/PEVA(ポリエチレンビニールアセテート)、断熱材/ポリウレタン3mm・発砲ポリエチレン5mm・ポリプロピレン不織布
生産国:中国
容量:5L(350ml缶なら6缶、500mlペットボトルなら4本)
¥1,609
2020-04-07 16:23

その他、除菌シートやキッチンペーパー、まな板、包丁、そして命より大事なウイスキーと氷などを詰め込み、この時の荷物はこのぐらい。重さにして10キロぐらいだったと思います。

堪えたは堪えたのですが、それでも快適なイベントになりました。

何を作り、何を飲むのか、といった部分の検討は重要ですが、小型焚き火台を軸にして考えていくと、どんなイベントもとても楽しくなりますよ。

最後に重要なポイントを。

使い終わった炭は自然鎮火を待って、ビニール袋などに灰を移してから、念のため水をかけておきます。焚き火台に直に水をかけると灰が舞い上がりますし、焚き火台も変形してしまうので絶対にやめましょう。

また、炭を地面に埋めることは厳禁です。炭は土に戻りませんし、通行人などが火傷をする危険性もあります。それに限らず、キャンプ場ではない場所で火を使う場合は、その場所のルールに従って、周りに迷惑にならないようにすることです。

コンパクトな焚き火台グッズに関しては過去の記事でも紹介しています!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.