こんにちは、マッキーです!「おぎやはぎのハピキャン」でも登場している「DDタープ」は、アレンジの幅が広いため様々なキャンプシーンで活躍する優れたキャンプギア!この記事では、初心者の方でも比較的簡単に張りやすい「ダイヤモンド張り」と「ビークフライ」を紹介していきます。「DDタープ」に興味のある方は要チェックですよ!!

DDタープの特徴を紹介! 19個もループがあり多彩な設営が可能! しかも軽量で耐水性も3000mmと優秀

画像1: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

「DD Hammocks」から発売されている「DD Tarp」。「DDタープ」という言葉は、アウトドアに興味のある人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

画像2: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

DDタープは過去に「おぎやはぎのハピキャン」に出演されているヒロシさんや、うしろシティ阿諏訪さんも使用しており、張り方の幅が広いことから多くのキャンパーさんから人気です!

では、なぜ多くのキャンパーさんから人気を集めているのでしょうか?

まずは簡単にDDタープの特徴を紹介します。

19個のループによって、様々な張り方ができる。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

DDタープの一番の特徴はたくさんのループがついていることです。

上の写真ではちょっとループの位置や個数がわかりにくいので、図で説明します。

画像1: 筆者作成

筆者作成

上図のようにDDタープには基本的に19個のループが付いています。(*種類によっては、ループの個数が違うものもあります。)このループにより多彩な設営が可能になります。

画像: 筆者撮影 張り方「ビークフライ」

筆者撮影 張り方「ビークフライ」

周りの人から見えにくくなる張り方や、開放感たっぷりの張り方など、キャンプシーンに応じた設営をすることができます。

軽量なのに、しっかりとした作りで耐水性もバッチリ!

DDタープの生地はしっかりとしており、耐水性も3,000mmとバッチリです。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

また、ループ部分は裏布で補強されているため、ある程度強いテンションがかかっても大丈夫なように工夫されています。野営で使用されることも想定されているため、この辺りはさすがの作りですね!

しかし、タープの素材的に近くで焚き火を行うのはおすすめしません。火の粉が飛ぶと穴は空いてしまうので、焚き火をする際はタープから距離ととるようにしましょう。

また、DDタープは他のメーカーのタープに比べかなり軽量です。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

4m×4mのサイズだと1,290g。3m×3mのサイズに関しては790gと驚きの軽さ!収納サイズもそこまで大きくないので、ザックにいれても問題ありません。

カラーやサイズのバリエーションが豊富!

画像3: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

DDタープはカラーとサイズのバリエーションが豊富です。

5m×5mといった大型のサイズから、2.8m×1.5mのソロキャンプ向けのサイズまであるので、自分のキャンプスタイルに合ったタープを選ぶことができます。

カラーに関しても、カモ柄やブラウンなど多くの種類が用意されています。

自分のキャンプサイトのイメージに合った色を選ぶことができるのは、かなり嬉しいポイント!

画像1: 【張り方解説】DDタープでダイヤモンド張り&ビークフライに挑戦! アレンジ豊富◎
DD Hammocks DD タープ 3×3 (MC)日本正規品
DD Hammocks Japanのアフターサービスについては、販売者によりアフターサービスの有無が異なりますので、購入前に販売者にご確認お願いします。
¥14,520
2020-04-15 13:01

This article is a sponsored article by
''.