外出自粛期間が明け、「おぎやはぎのハピキャン(メ〜テレ制作)」も久しぶりの番組収録再開となりました!今回は、じゅんいちダビッドソンさんをプレゼンキャンパーに迎えた「無骨キャンプ」。ソーシャルディスタンスを保ちながらのキャンプロケは、密着記事も現地には行かずリモートで作成しております。「キャンプがヘタなプレゼンキャンパー」の汚名返上なるか、ロケの様子をご覧ください!

ゲストはじゅんいちダビッドソンさんと高田秋さん!

画像1: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

プレゼンキャンパーは、じゅんいちダビッドソンさん。ハピキャンには以前にもシーズン7で「通ぶれるキャンプ」というテーマで出演されていました。キャンプ好き芸人の集まる「焚火会」のメンバーであり、YouTubeチャンネル ちゃんねるダビッドソン も好評配信中です。

前回は強風などで予定していたことがうまく進まず、おぎやはぎさんにヘタクソの烙印を押されてしまっておりました。あれから更に経験を積み、伸びしろを更に伸ばし、満を持しての再参戦です!

画像2: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

紅一点ゲストの高田秋さんは、立ち飲み屋めぐりが趣味というお酒好きのモデルさん。「日本一いっしょに飲みたい美女」と異名をもち、特におじさんからは大人気。

キャンプコーデも似合っていて、激しく可愛いですね!筆者もおじさんですので、もちろん一緒に飲みながらキャンプしたいです。キャンプ経験は子供のころに親と数回行ったきりで、ほぼ未経験とのこと。

今回のテーマ「無骨キャンプ」とは?

「無骨(武骨)」という言葉ですが「洗練されていないこと。無作法なこと。」という意味があります。

本来あまり褒め言葉ではないのですが、主にキャンプ界隈では「飾らず男らしい様子」という意味合いで使われています。

画像: Photographer 吉田 達史 じゅんいちさんの私物キャンティーン

Photographer 吉田 達史

じゅんいちさんの私物キャンティーン

最低限の機能だけで地味なテントやタープ、ススで真っ黒に汚れたクッカー、現地調達した木でギアを自作して使う様子などを指して「無骨だね~!」という感じです。ここにはキャンプ慣れした様子なども含みますので、褒め言葉ですね。

Jeepルビコンに乗って、いざ「無骨キャンプ」へ出発!

画像3: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

集合場所に鮮やかな色のJeep Wrangler ルビコンで颯爽と登場する、じゅんいちダビッドソンさん。

Jeepという存在が、既に無骨な格好良さを極めて振り切った位置にいます。今回この場面で終わっても車パワーだけで無骨だったと言えますが、もちろんロケは続きます。

画像4: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

じゅんいちさんが車から現れた時に

「お前かよ~!」

「ちょっとはキャンプ上手くなったのかよ?」

と、ひとしきりイジられます。前回のヘタクソっぷりを高田さんにもバラされてしまいました。

一応じゅんいちさんを擁護させて頂くと、強風はベテランキャンパーでも苦戦する状況です。実際のキャンプなら天候に応じて予定も変えたりしますが、テレビのロケでは簡単に段取りも変更できません。

失敗と焦りから余計にヘタクソと思われてしまったので、決してじゅんいちさんが極端にヘタクソということではない(はず)です…たぶん。

本当に救いようがないほどダメなら、2回目はお声がかからないですからね!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.