テレビ番組でその魅力を紹介されたことをきっかけに、大ブームとなったサバ缶。一時はスーパーから姿を消すくらいの人気ぶりで、今でも高い需要があります。しかしいくら栄養価が高くても、いつも同じ味を食べ続けていると飽きてしまいますよね。そこで今回は、少ない材料でパパッと作れるサバ缶レシピを3つご紹介します。お弁当や日々のおかずにどんどん活用してみてください。

サバ缶はタンパク質、EPA・DHA、ビタミンが豊富! 健康・美容効果が高く、長期保存もできて便利

画像: サバ缶はタンパク質、EPA・DHA、ビタミンが豊富! 健康・美容効果が高く、長期保存もできて便利

サバの栄養分とうま味がギュッと詰まったサバ缶は「生のサバよりも栄養価が高い」と言われており、健康にうれしいさまざまな効果があるとも言われています。

ここでは、サバ缶に含まれる栄養価についてご紹介します。

良質なタンパク質

血液や筋肉、骨、皮膚、髪など、人間の体を構成するのに欠かせないタンパク質。魚にはタンパク質が豊富に含まれていますが、サバは魚の中でもトップレベルの高たんぱく食材です。

低カロリーで脂質が少なく、かつ高タンパク質で、健康に良いのはもちろんダイエットにも効果が期待できると言われています。

EPA・DHAが青魚の中でもトップレベル

EPAとDHAは、青魚に多く含まれる「油」のこと。血管の老化の予防や血液をサラサラにする効果があり、動脈硬化など生活習慣病を予防してくれると言われてます。

サバのEPA・DHA量は、青魚の中でも1位、2位を争うレベル。健康のために、家族みんなで積極的に食べたい食材です。

ビタミン群が豊富

サバにはビタミンDをはじめ、ビタミンE・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12などビタミン群が豊富に含まれています。特にビタミンDはカルシウムの吸収率を上げることで丈夫な骨づくりにはかかせません。

おすすめのサバ缶①:ニッスイのサバ缶 国産使用で臭みが少なく、食感も柔らかめで子供も食べやすい

ニッスイ スルッとふたSABA缶 水煮

国内で水揚げされたサバを使用しています。臭みが少なく食感も柔らかなため、小さな子どもでも食べやすいです。

おしゃれなパッケージなので誰かにおすそ分けするも良し、まとめ買いして家に常備しておくのも良し。そのままでもアレンジしても、さまざまなシーンで活躍してくれるサバ缶です。

画像1: サバ缶はタンパク質やDHAが豊富で健康・美容効果◎ 簡単で美味しいレシピ3つをご紹介
ニッスイ スルッとふたSABA缶 水煮 150g×24缶 05253
¥5,890
2020-04-16 14:38

おすすめのサバ缶②:伊藤食品のサバ缶 脂乗りの良い三陸産を厳選! 柔らかくしっとりした食感が特徴

伊藤食品 美味しい鯖水煮

原料にこだわり、三陸産の鯖を沖縄の塩シママースだけで味付けしています。脂乗りの良い鯖だけを厳選しているので、柔らかくしっとりした食感が特徴です。素材の味を活かすため、味付けは食塩のみです。

画像2: サバ缶はタンパク質やDHAが豊富で健康・美容効果◎ 簡単で美味しいレシピ3つをご紹介
伊藤食品 缶詰  鯖(さば) 水煮 12個
内容量:190g×12缶
使用しているアレルギー表示対象原料:さば
固形量:140g/缶
原材料:さば(三陸産)、食塩
1缶あたりの栄養成分:エネルギー204kcal.たんぱく質14.9g。脂質14.7g。炭水化物2.9g。ナトリウム350mg。食塩相当量0.9g
¥2,300
2020-04-16 14:45
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.